tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

DAVIS CUP FINAL

石川遼君の最年少賞金王獲得で盛り上がった男子ゴルフ界!凄かったですね!!それにしても故障を乗り越えて10年振りの日本ツアー優勝を国内メジャー大会で果たした丸山茂樹選手の報道の扱いが小さ過ぎてかわいそうな気がしたのは私だけでしょうか?!



デビスカップ決勝戦「スペイン VS チェコ」がスペイン・バルセロナのインドアクレーで開催されました。

<初日・シングルス>
ラファエル・ナダル(スペイン) 7-5 6-0 6-2 トーマス・ベルディハ(チェコ)
ダビド・フェレール(スペイン) 1-6 2-6 6-4 6-4 8-6 ラデク・ステパネク(チェコ)

<2日目・ダブルス>
フェリシアーノ・ロペス/フェルナンド・ベルダスコ(スペイン) 7-6(7) 7-5 6-2 ラデク・ステパネク/トーマス・ベルディハ(チェコ)

<最終日 リバース・シングルス>
ラファエル・ナダル(スペイン)6-3 6-4 ヤン・ハジェク(チェコ)
ダビド・フェレール(スペイン)6-4 6-2 ルーカス・ドロウィ(チェコ)


スペインが5-0の完勝で2年連続4度目の優勝を果たしました!!
ツアーファイナルにも残ったベルダスコがダブルスに回る強力な布陣に加えてホームのクレーコート!ここ数年のスペインの強さは、まさに現代の「無敵艦隊」です。
このチームを昨年まで率いていたエミリオ・サンチェス・ビカリオ(元世界シングルス7位、ダブルス1位 アランチャの兄)はUSPTAプロ1コーチ!現在は、盟友セルジオ・カサルと共にバルセロナの他にアメリカフロリダ州ネープルズでも「サンチェス・カサル・テニスアカデミー」を運営しジュニアやトップ選手の育成に取り組んでいます。


日本が最後にワールドグループで戦ったのが1985年!私はまだ中学生でした(笑)。
初戦でアメリカに敗れ、生き残りを懸けたプレイオフで戦ったのがスペイン。。。
田園コロシアムで福井烈、白石正三、竹内映二、米沢徹の布陣が対戦し粉砕されたのが、前述のエミリオ・サンチェス&セルジオ・カサルの2枚看板でした。
あれから24年・・・・日本代表チームは錦織圭選手を中心としてワールグループ入りを目指します。
テニス | 投稿者 arimura 11:00 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
画像
画像の数字:
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2009年 12月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。