tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

生涯グランドスラマー誕生!

2010 US Open Tennis
New York ,NY ,USA

<決勝>
1)R Nadal (ESP) 6-4 5-7 6-4 6-2 3)N Djokovic (SRB)



今年最後のグランドスラムUSオープンは、史上初の3年連続月曜日に男子決勝が行われ、ナダルの初優勝で幕を閉じました。

7人目の「生涯グランド・スラマー」誕生です!!

フレッド・ペリー(1935年)
ドン・バッジ(1938年)
ロッド・レーバー(1962年)
ロイ・エマーソン(1964年)
アンドレ・アガシ(1999年)
ロジャー・フェデラー(2009年)
ラファエル・ナダル(2010年)


本当に凄いメンバーです!!
このうちのアガシ、フェデラー、ナダルの現役時代を知っている私達世代はラッキーかもしれないですね?!


今回のUSオープン、錦織選手が敗退してからどうもテンションが上がらなかった私ですが、決勝戦は早起きをしてテレビ観戦しました。
しかし、第2セット途中で雨天中断。。。最後まで試合を観ることができず帰宅後ビデオにて観戦しました。。。

準決勝のフェデラー戦で2本のマッチポイントを凌いで決勝まで上がってきたジョコビッチは、アグレッシブなプレーで優位な時間帯もありましたが、ナダルのジワジワと自分の流れにもっていく粘り強いテニスに最後は疲れてしまっていたようでした。

ナダルのフォアの回り込みやショートクロスに飛んでいく弾丸バックハンドは相変わらずでしたが、それに加えて今大会はグリップを薄くしたというサーブが大切な場面で効果的に炸裂していました。
(ウインブルドンの時もそうでしたが、バックハンドのスライスも上手くなっているなぁと感じました。)

ヘビートップスピンは別としても、まずはディフェンスを固めてからオフェンスに転じて行く「スペイン選手に多いスタイル」は、勤勉で小柄な農耕民族・日本人に合うような気がしてなりません。
(サッカーでも同じような事を解説者が言ってましたね・笑)



そのナダルが東京・有明に来ます!!
10数年前のサンプラス、3年前のフェデラーのドタキャンにガッカリさせられた私ですが、今回は信じて「北上」しようかと思索中です。「

二度あることは三度・・・・三度目の正直を信じたいと思います(笑)。

テニス | 投稿者 arimura 11:32 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
画像
画像の数字:
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2010年 9月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。