tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

カムバック!!

Bank Austria TennisTrophy
ATP Tour 250 Vienna
オーストリア ウィーン


95年の全仏覇者元世界№1トーマス・ムスターが11年振りにツアーに戻って来ました!
ツアー44勝!!特にクレ―ではめっぽう強かった鉄人がどこまでプレー出来るかが注目されました。

<1回戦>
L)A Haider-Maurer (AUT) 62 76(5) W)T Muster (AUT)



2,3年前にシニアツアーでプレーしているムスターの太った姿に昔の「ハードワーカーな鉄人」は感じられませんでしたが、今回はしっかりとトレーニングをしてきたようでアスリートの体に戻っているようでした。
対戦相手は同じオーストリアの23才アンドレアス・ハイダー・マウラー!現在世界ランク157位の選手です。
結果はストレート負けでしたが、第2セットをタイブレークに持ち込んだのは元世界№1の意地だったと思います。

「アラフォーの星」伊達さんに続くカムバックになるのか?!ケビン・コスナー似のアラフォーに期待したいと思います。




ITF$10,000 Taipei
台湾 台北

台湾の台北市で開催されているITF女子テニス $10,000 Taipei で、中野佑美 選手が単複でベスト8まで進出しました。
岩田屋時代に公私ともに大変お世話になった先輩の娘さんが世界を目指して頑張っている姿には応援せずにはいられません!!
微力ながら鹿児島の地より応援しています。





Las Vegas NEVADA

ゴルフの今田竜二選手は米男子ツアーで2週連続トップ10入りを果たし、賞金ランキングを83位(102万8,869ドル)として来季のツアー出場権を確保しました。これで7年連続のシード権獲得で来年のツアーイベント全ての試合への出場が可能になります。
今季前半は好調を維持しましたが、あばら骨の骨折が判明したシーズン途中から低迷し、メジャー大会への出場はゼロ!
しかしながら最後の2試合で6位、8位と入賞を果たし来季の活躍を期待させる内容でシーズンを締めくくりました。

14才で単身アメリカへ渡ったサムライはジュニア時代には、タイガーかリュウジかと言われるほどの逸材でしたが、プロ転向後は、なかなか活躍出来ずにプロゴルファーを諦めようとした時期もあったようです。しかし「僕にはこれしかないから!」と奮起して 諦めずに頑張りました。

来年もそんな今田竜二を応援していきたいと思います。

スポーツ全般 | 投稿者 arimura 12:13 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
画像
画像の数字:
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2010年 10月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。