tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

デ杯 入れ替え戦

デビスカップ ワールドグループ・プレーオフ 
日本VSインド
@有明コロシアム



<初日>
杉田祐一 VS  ソムデブ・ディバーマン
錦織圭ロ VS  ハン・ボパンナ

<2日目>
錦織圭/添田豪 VS マヘシュ・ブパシ/ビシュヌ・バルドゥハン

<3日目>
錦織圭  VS  ソムデブ・ディバーマン
杉田祐一 VS  ロハン・ボパンナ




いよいよ今日から27年ぶりのデビスカップ・ワールドグループ復帰を懸けたプレーオフ(入れ替え戦)が開催されます。

日本チームは、エースの錦織圭(世界55位)と杉田祐一(世界ランク175位)をシングルスに起用。(全米OP本戦に出場した伊藤竜馬は今回控え。)
ダブルスは、先のウズベキスタン戦で貴重な勝利を挙げた錦織添田豪で挑みます!

対するインドチームは、世界ランク65位のソムデブ・ディバーマンと、同559位のロハン・ボパンナがシングルス、ダブルスではダブルス世界ランク6位のマヘシュ・ブパシビシュヌ・バルドゥハンの布陣で挑みます。
今回ダブルス世界ランク8位のレアンダー・パエスが、全米OPで負傷し欠場することは日本にとっては追い風だと思います。


両国の対戦成績は、1921年(大正10年)の初対戦以来「3勝18敗」とインドに大きくリードを許しています。
一番最近でも2008年に敵地のグラスコートで日本チームは敗れました。


インド戦といえば・・・
私が小学生だった1983年に田園コロシアムで開催された時が初めて見た(テレビ観戦ですが)デビスカップだったと記憶しています。
その時の日本チームは福井烈先輩白戸仁先輩神和住純先生米沢徹さんの布陣でラメシュ・クリシュナンビジェイ・アナンドアムリトラジ兄弟の「世界基準」のインドチームと対戦したのをテレビ(テレ朝系だったはずです)に釘付けになって見ていたのを思い出します。
その後録画したビデオ(我が家は今は亡きベータでした)をテープが擦り切れるまで見ていました。

そして2004年に靭で開催された時は後輩の本村剛一君がインドチームのエース、レアンダ―・パエスを最終日に下し74年振りの劇的な勝利を挙げたのは本当に凄かったですね!


今の日本チームはグランドスラム本戦に3選手を送り込むほどのレベルの高いチームになってきました。
27年振りのワールドグループ復帰へ向けて頑張れニッポン!!!!

会場の有明のハードコートは「世界で一番速い」とATPやWTAのツアー選手達から敬遠されていましたが、今月全米OPと同じデコターフⅡの「世界基準」に生まれ変わりました。
ちなみに母校柳川は今から25年前の1986年からこの「世界基準」のコート(デコターフⅡ)で毎日汗を流しています。





テニス | 投稿者 arimura 10:54 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
画像
画像の数字:
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2011年 9月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。