tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

宮地弘太郎プロ来る!

週末のATAの練習に元デビスカップ日本代表選手で現在ユニバシアード日本代表監督を務める宮地弘太郎プロが参加してくれました。

兵庫県にある関西国際大学で教鞭をとっている宮地プロは選手時代には全日本選手権準優勝2回ユニバシアード・シングルス銅メダルを獲得する等の活躍をし、マルセロ・リオス(元世界№1)やアメリカのデ杯選手デビッド・ペイト、ドイツのデ杯選手マーク・ケビン・ゴルナー等にも勝利しています。
(フォルジェやギャンビル、パエス等と対戦した時の話も面白いですよ)



宮地プロは柳川に入った年が一緒(私が高1、宮地は中2)だったこともあり今でも公私ともに仲良くさせてもらっています。
知り合って四半世紀・・・・柳川の猛練習&寮生活を乗り越えた戦友なだけにいつ会っても話はつきません。(3月末は福岡でも一緒でした・笑)

今回も全員とラリーをしてもらいジュニア達に重く伸びのあるボールを「体感」してもらいました。

日本代表チームの監督として「世界」と戦っているだけあって戦術的なアドバイスは非常に面白かったです。

またテニスに取り組む姿勢や基本的な考え方に対するアドバイスはジュニア達の心に響いたと思います。

ジュニア達にはこの経験で感じた事をその日だけで終わらせるのではなく、日々の練習でも意識して頑張って欲しいですね!

宮地プロ、本当に有難うございました。

練習にはATA出身で関西国際大学を今春卒業した中村淳一小吹学も駆け付けてくれました。

宮地プロが最初にATAに来たのが6年前でその時、宮路啓太(ラサール高3年)が中学1年、林田誠(柳川高2年)と時岡悠(鶴丸高2年)は声変わりをしていない小学校6年生でした。
あの頃は皆小さくてかわいかったのになぁ・・・・(笑)
ATA関係 | 投稿者 arimura 12:23 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
画像
画像の数字:
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2012年 5月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。