tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

ウインブルドン2012 最終局面

連日私を寝不足に追い込んでいるウインブルドンも残すは男女の決勝戦のみとなりました。

<男子シングルス決勝>
ロジャー・フェデラー(SUI)VS アンディ・マーレー(GBR)


5年振り6度目の優勝を狙う「芝の王者」フェデラーは、ジョコビッチとの準決勝では超攻撃的なテニスを披露しました。ラケット(Wilson BLX Pro Staff Six.One 90 )から火を噴いているようなテニスは全盛期に戻ったかのようでした。
ショットの威力もですが、体から出されるエネルギーが出まくっている感じのフェデラー!
強そうです。

それに対してフレッド・ペリー以来76年振りの地元勢の優勝を目指すマーレー
準決勝ではツォンガのパワーに手こずりながらも粘り強いテニスで撃破!
試合直後にしばらく上空を見上げて勝利の余韻に浸っていたマーレーと表情一つ変えずに「まだ終わってないよ!」とでも言いたそうな超冷静なコーチのレンドルの姿は対照的でしたね。
このコンビでどのように決勝戦に挑むか楽しみですねぇ。


<女子シングルス決勝>
セレナ・ウイリアムス  VS  アグネツカ・ラドワンスカ


準決勝でこれぞ「芝の女王」という力強いテニスを見せたセレナ
特に準決勝のアザレンカ戦で見せたWilson BLX Blade Teamから繰り出される超強力サーブは圧巻でした。

それに対してマルチナ・ヒンギスのような「うまく柔らかいテニス」で勝ち上がってきたラドワンスカ。準決勝で強打のケルバーを沈めたテニスはまさに頭脳的でした。

今夜の女子決勝戦は好ゲームが期待できるのではないでしょうか!?




連日テレビで放送されているウインブルドン中継。
解説者は母校・柳川の先輩方ばかりです。
NHKの福井烈さんは高校時代インターハイ3年連続3冠「不滅の169連勝」を記録しました。
WOWOWの坂本真一さんは高校時代に「後の世界№1」ビヨン・ボルグを沈めました。
同じくWOWOWの土橋登志久さんは高2でインターハイ優勝!一つ下の松岡修造さんと共に黄金時代を作りました。


写真は柳川高校テニス部同窓会の時のものです。

松岡修造さんや土橋さん(早稲田大監督)、さん(トーア・ストリング社長)、福永二朗さん(高校日本代表コーチ)、宮地弘太郎くん(ユニバ日本代表監督)等等・・・
私以外は本当にそうそうたる面々です。

世代は違いますが、3年間地獄のような日々を過ごした「戦友」のような感じですかねぇ。
テニス | 投稿者 arimura 17:33 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
画像
画像の数字:
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2012年 7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。