tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

ウインブルドン 2012 決勝戦

ウインブルドンは、共に「1981年生まれの30才」で「Wilson Team」のロジャー・フェデラー(Wilson BLX Pro Staff Six.One 90 )とセリーナ・ウィリアムズ(Wilson BLX Blade Team)の優勝で幕を閉じました。


フェデラーにとっては2010年全豪以来のグランドスラム優勝!
ウインブルドン7回目の優勝はサンプラスに並び、グランドスラム最多優勝回数は自身の記録を「17」に更新しました。
そして2010年5月以来となる「世界ランク№1」へカムバック!!

ロンドンでのオリンピック開催(しかもウインブルドン)が決まった時に誰よりも早く出場を表明したフェデラーが最後の目標?としている第1シードとしてオリンピックの舞台に挑みます。
楽しみですね!



セレナは今大会5回目、そして14回目となるグランドスラム優勝を果たしました。
30代の優勝はあのマルチナ・ナブラチロワ以来2人目。

免疫疾患の治療を続けている姉のヴィーナスと組んだダブルスでも優勝を果たし、2冠を達成しました。
今年一番の目標と掲げていたロンドン・オリンピックに最高の形で入れそうですね。
ウィリアムス姉妹は2000年シドニー、2008年北京に続き3度目のダブルス金メダルにも挑みます。




今大会で私が一番心を動かされたのは「準優勝者」マーレーの形振り構ないプレーと試合後のスピーチでした。
地元イギリス勢としてフレッド・ペリー以来76年振りの優勝は叶いませんでしたが執念を感じさせられる素晴らしい戦いだったと思います。

マーレーにとって4度目のグランドスラム決勝戦も勝つ事はできませんでしたが、イワン・レンドルがコーチになって確実に優勝に近づいているのかなぁと・・・
現役時代に「無冠の帝王」と言われた時期もあったレンドルも5度目の決勝でやっと優勝を果たし、その後8個のグランドスラムタイトルを勝ち取った苦労人です。

マーレーはこの試練を必ず乗り越えると信じています。というか凄いファンになりました!
楽天OPは「義務応援」(体育会用語でスミマセン)に行かなければ!




写真は以前も紹介しましたレンドルのアカデミー!
私の「準ホームタウン」サウスカロライナ州ヒルトンヘッドに昨年開校しました。(昨秋「里帰り」の際に見学してきました!)

素晴らしい環境の中、世界的な選手が輩出される日も遠くはないかもしれないですね!



寝不足からやっと解放され、次の全米OPまでは少し時間があるなーと油断していたら今年はオリンピック・イヤ―・・・・
ロン・ドン・ドン♪ ロン・ドン・ドン♪
あのCMが耳から離れません(苦笑)
テニス | 投稿者 arimura 11:26 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
画像
画像の数字:
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2012年 7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。