tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

クルム伊達 錦織圭 3Rへ!!

ウインブルドンテニスは大会4日目を迎えましたが、大物選手達が敗退するという大波乱の序盤戦となっています。

2週間前の「全仏覇者」ナダルの初戦敗退に始まり「昨年覇者」のフェデラーが2回戦敗退、そしてツォンガ、イズナーは棄権負け。。。

女子でも「全豪覇者」アザレンカが棄権負け、そして「歴代覇者」のシャラポワまでもが・・・マリアお前もか~。。。

大会側やテニスファンとしては主役級の敗退は痛手でしょうが、日本勢にとっては追い風になる可能性がありますねぇ!
その急先鋒は我らの錦織圭(Wilson Team)でしょう!!




<男子シングルス2回戦>

錦織圭 7-6(5),6-4,6-2 レオナルド・マイヤー(アルゼンチン)

試合序盤は好調のサーブを軸にサービスゲームはキチっとキープするもののリターンゲームでは相手の強烈なサーブに苦しみ得意のラリー戦に持ち込めない展開でした。
相手のサーブに徐々に慣れてきた第1セットのタイブレークを逆転で制すると完全に試合を支配し、そのままストレート勝ち!
次の対戦相手は第23シードで芝コートも苦としていないイタリアのセッピです。
油断は禁物ですが、錦織選手が一段ギアを上げていけば、勝利は見えてくると思います。
目標のベスト8も少しですが見えてきましたね!!



<男子シングルス2回戦>

リシャール・ガスケ(フランス) 6-0,6-3,6-7(5),6-3 添田豪

舞台は大物選手たちが登場する第1コートでした。
第9シードのガスケ相手に20分で第1セットを取られた時は、「やばいかなー」と思いましたが、そこからよく試合を立て直しました。
2セット目以降、長いラリーを避けて「ポイントを早く取るように心がけたらリズムが良くなった」と語っていた添田選手は本来の力を発揮し始、第3セットはタイブレークでものにしました。
敗れはしましたが、善戦だったと思います。
春先からのスランプを完全に脱した添田選手の再浮上は間違いないでしょう!!




<女子シングルス2回戦>

クルム伊達公子 6-4,7-5 アレクサンドラ・カダントゥ(ルーマニア)

相手のカダントゥは1回戦で第28シードのパシェク(オーストリア)を破って勝ち上がってきた手強い相手でした。
序盤は両者一歩も譲らぬ打ち合いが続きましたが、徐々に前に入って打つ伊達選手のボールに相手が対応できない場面が増え始めストレート勝ちをおさめました!
42歳8カ月での3回戦進出は、ウィンブルドン(オープン化以降)の女子シングルスでは最年長記録だそうです!!
本当に凄過ぎます!!

3回戦の相手は第1シードのセリーナ・ウィリアムズ!!
アラフォーの星の頑張りに期待しましょう!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:49 | コメント(1)| トラックバック(0)

いよいよ開幕 ウインブルドン2013

題名がどこかのTV局みたいでゴメンなさい(笑)
全仏が終わり寝不足から解放されたのもつかの間「ウィンブルドン・テニス」が開幕しました。

今日のオープニングマッチに「前年覇者」フェデラーが登場しましたが、強かったですねぇ!難敵ハネスクに僅か1時間余りでの完勝でした。
前哨戦も優勝して乗り込んできているようで久し振りに「王者」のテニスを見せてくれたように思います。
土居美咲も登場しましたが、残念ながら惜しくも負けてしましました。。。


日本からは昨年に引き続きシード選手(12シード)として出場する錦織圭(Wilson Team )を始め、予選を勝ち上がり4年連続の出場となる添田豪クルム伊達公子森田あゆみ土居美咲の5選手が出場しています。



錦織圭(Wilson steam pro使用)の1回戦の相手はオーストラリアのマシュー・エブデン
世界ランキングこそ110位ですが、芝コートの前哨戦(下部ツアー)ノッティンガムで優勝していますし、昨年の全豪でも錦織選手を崖っぷちまで追い込んだファイターですので侮れない相手ですね。

とはいえ、今週はロンドンで行われたエキシビションマッチでマレーナダルと接戦を演じ、順調に芝への順応を進めているようです。
順当に勝ち上がっていけばれば4回戦で第8シードのデルポトロと対戦します。昨年ウインブルドンで開催されたロンドン五輪でもフルセットの激戦を演じていますし、本当に楽しみですね。


伊達選手、添田選手、森田選手の相手はランキング格下との対戦でチャンスは大きそうです。

今日からまた寝不足シーズン突入です(笑)
錦織 圭 | 投稿者 arimura 23:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭 IN バルセロナ

ATPとWTAツアーは全仏オープンまで続くクレーシーズンに入ってきました。

腹筋痛で戦線離脱していた錦織圭選手は「バルセロナオープン」から1か月ぶりにツアーへ復帰し、無難に2回戦を突破!
次の3回戦の対戦相手は昨年の今大会でストレート勝ちをしているスペインのラモスです。
勝てば準々決勝で「クレーキング」ラファエル・ナダルとの対戦になるので本当に楽しみですねぇ!





写真は鹿児島の地元プレス「南日本新聞」に掲載された記事。
「メジャーではない大会での3回戦進出」が写真入りの記事で掲載されるなんてテニス関係者として嬉しい限りです。
最近では「錦織、伊達」両選手以外の選手の事に関してもマスコミへの露出が増えてきています。
一人でも多くの方にテニスに興味を持ってもらえればいいですねぇ!!


今や世界中から注目される選手の一人となった錦織選手ですが、思えば3年前の同じ時期には、右肘の剥離骨折から約1年ぶりにカムバックしてツアー下部のサヴァナ(ジョージア州)の大会に出場していました。
そのサヴァナ・チャレンジャーでは見事に優勝を果たすことが出来ましたが、誰がその3年後に「世界15位」になっていると想像できたでしょうか?!
改めていうまでもありませんが、錦織圭選手凄過ぎです!!

そのサヴァナでは今年は日本人期待の若手、ダニエル太郎選手が頑張っているようです。
こんな事を書いていると久し振りにアメリカ南部の風にあたりたくなってきました。。。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 13:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭 全米室内優勝

U.S. National Indoor Tennis Championships
Memphis,TN


舞台となったテネシー州メンフィスは、トムクルーズ主演の映画「ザ・ファーム」の舞台にもなった典型的な南部の街。あのスリリングな逃走シーンを覚えている方も多いのではないでしょうか!?(ブルースの街としても有名です!)


<決勝>
5)錦織圭 62 63 F. Lopez(ESP)




WILSON TEAM同志となった決勝戦で錦織圭が完勝!今季初、通算3勝目のツアー優勝を果たしました。

膝の怪我の影響で全豪以来1カ月振りの実戦になった今大会。
QFでは昨年の全米で敗れたチリッチにFinalでも昨年のバルセロナで敗れたF.ロペスにそれぞれリベンジを果たしました。

決勝戦はハイライト映像しか見ていませんが、隙がない完ぺきな内容だったのではないでしょうか。
トップ4こそ欠場していますがこの「全米室内選手権」は歴代優勝者にボルグ、コナーズ、マッケンロー、エドバーグ、サンプラス、アガシロディックなど錚々たるメンバーが名を連ねているように非常にビッグな大会です。それにしても錦織圭、「地元?」アメリカで強いですね!


私は以前からこの大会に親近感と憧れを持っています。
それは柳川高校2年時に学校の視聴覚室で「1988年決勝戦 アガシVSペルンフォルス」のビデオを見せてもらったことがあるからです。
今のように海外の試合が簡単に見れる時代でなかったので瞬きすら惜しむように見ていたのを思い出します。
(よく深夜のウインブルドン中継等を寮の食堂で本村君や宮地君等「いつものメンバー」と見てました。毎日が死ぬような猛練習の日々だったのに・笑)

当時、坊主頭にウェア中入れ、帽子もキャップは許されず円盤型ハットのみ可、雪の降る真冬でも短パン、試合会場で他校と無駄話も許されず・・・
ドライブボレーなんて打ってたら「怠慢するな!」ドロップショットを打ったら「いらんことをするな!」、スマッシュをミスしたらラケットで頭を・・・・・(苦笑)

そんな私達を前に同世代のアガシ君は、ブロンドに染めたロングヘアにデニム地(青ではなく黒)のパンツを履き、自由なフォームでプリンス・グラファイトを手にライジングで鬼のように打ちまくる!その姿はそれはそれは衝撃的でした。
(後に私が渡米した一因はあのビデオ鑑賞にあったといっても過言ではありません。)

「フォアハンドは、こういう打ち方以外は間違いだ!」と宗教のように教えられてきた私達は、何か見てはいけないものを見てしまったような・・・そんな感覚でした(少し北朝鮮国民の気持ちがわかります・苦笑)
先生があのビデオを見せたのは「お前らも世界を見ろよ!」と教えたかったのか、それとも「事前検閲」を怠ったのか(笑)







テニスとは関係ありませんが・・・
先週、小6の娘がモナコにある「プリンセス・グレース・クラッシックダンス・アカデミー」に向けて旅立ちました。
「行きたいオーラ全開」の娘に頼もしさを感じると共に親としてはチョッピリ寂しさも。。。
今回の経験が「視野を広げる」機会になってくれればなぁと思っています。

それにしてもモナコをはじめとしたコートダジュール行ってみたいなぁ!!(行くことはなさそうですが・笑)
錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

エアK  ツアー2勝目!!

楽天オープン

<男子シングルス決勝>
錦織圭 7-6(5),3-6,6-0 ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)


私がテニスを始めて30数年・・・・
日本人男子がジャパンオープンを制する日が来ることを願ってはいましたが、実際に来るとは想像をしていませんでした!!

4年前のデルレイビーチ国際で18歳でのツアー優勝という順風満帆なスタートから一転、選手生命を脅かすような肘の怪我・・・。
1年近いブランクの後、アメリカ南部の小さな町をドサ回りしていたあの頃、今の状況を想像できた人がどれくらいいたでしょうか。

ツアー2勝目がロンドン五輪金メダル全米OP優勝マレーも出場していたビッグな大会。
しかも地元での優勝!こういう人を「本物」の「持っている人」というのかもしれません。

レンドル、マッケンロー、エドバーグ、サンプラス、クーリエ、フェデラーナダル、マレーなどの歴代優勝者と共にトロフィーに刻まれることになったエアK!!

13歳で親元を離れ単身アメリカ・フロリダへ。
異国の慣れない環境で一日、6,7時間の練習に毎日取り組み、過酷な競争社会を勝ち抜いてツアープロに!(これだけでも凄過ぎるのに)
そしてそこから世界トップ15まで叩き上げていった事実は本当に奇跡に近いなぁとアメリカのテニスアカデミーに在籍した者としても思います。

華やかな面ばかりがクローズアップされますが、今大会の4日目にはダブルス準々決勝もプレーし、終わったのは翌日0時過ぎ!(寝たのは3時)
そのような過酷なスケジュールでも今ある状況を受け入れて勝ち抜いていった事は「本物のプロ」だと言えるのではないでしょうか。
既に次の大会がある上海に飛んでいる錦織圭選手。プロ生活は本当に過酷です。。。

皆さんも気づかれたかもしれませんが、試合中に着けていた時計を試合後には外して別の時計と替えていましたね。
契約にあるのでしょうが、まさにプロ意識の塊ですよねぇ!(タイガーやフェデラーも同様の事をしてました。)



エアK、感動を有難う!!

経済界の新規参入組の楽天とユニクロも持ってるなー!!
この決勝を生で観戦した龍司も持ってるな―(笑)
(写真有難う!)






先週末、鹿児島県出水にて沢松奈生子プロのイベントのお手伝いをさせて頂きましたので、その事は後日レポートします。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 14:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

エアK、そしてドラゴンショット!

楽天ジャパンオープン

<男子シングルス1回戦>

伊藤竜馬 7-6(4),7-6(5) ニコラス・アルマグロ(スペイン)


伊藤竜馬(Wilson Steam100使用)選手が世界12位を下す殊勲を挙げました!

試合後に「フォアが良かった。何を打っても入るような感じだった」と語っていたようにグランドスラムで上位常連の強豪に対して低弾道なフラットドライブのドラゴンショットでウイナーを量産!!
先週のバンコクでは世界23位のべルダスコに対して勝機はありながら途中から弱気になり逆転負けを喫していましたが、今回は弱気にならず最初から最後まで伊藤選手らしいプレーを貫くことができたようです。

ウィンブルドン以降、デ杯を含めてツアーレベルで6連敗中と苦しんでいただけに今回の勝利は不調脱出のきっかけになるのではないでしょうか!

有明の大声援に後押しされたドランゴン伊藤の今後が楽しみになってきました!!    




錦織圭 4-6,6-2,6-3 添田豪

錦織圭(Wilson Steam Pro使用)選手は添田豪選手との日本人対決を制し、2008年大会以来の初戦突破を果たした。(私はこの時、生で観てました。)

添田選手は7月(アトランタ)に錦織選手に完勝するなど今やトップ50プレーヤーですが、日本国内では錦織選手が「勝って当たり前と思われている試合」なのも事実。
その影響なのか錦織選手のプレーは前半固く噛み合わない場面が多くみられました。
しかし世界17位は慌てませんでした。第2セットを奪取するとファイナルセットは本来のプレーを披露し添田選手を圧倒!

試合後に「トップ20をキープするためには、この楽天OPを含めた秋の大会で結果を残さなければいけない」と語っていた錦織選手。
2回戦では元世界5位のトミー・ロブレドと対戦します。
エアKの活躍からも目が離せませんね!






岐阜清流国体

少年女子の部で鹿児島県チーム(曽我朋世、池田沙也)が見事にベスト4入り!!
準決勝では強豪・東京に惜敗しましたが素晴らしい活躍ですねぇ!!

鹿児島県チームは今日「3位決定戦」に挑みます。

藺牟田先生、曽我ちゃん、紗也ちゃん頑張れぇ!!
故郷より応援しています。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 14:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウインブルドン 錦織圭3Rへ

ウインブルドンの男子シングルス2回戦に錦織圭選手と添田豪選手が登場しました。
2人の日本人男子選手が2回戦に登場するなんて子供の頃から夢に描いてきたことが現実になる時代が来ました!
完全な寝不足でも爽快な気持ちで朝が迎えられるって嬉しいですねぇ!!


<男子シングルス2回戦>
錦織圭 6-3,7-5,6-2 フローラン・セラ(フランス)


「ツアーベテランのフランス人」にストレート勝ちし、見事に3回戦進出を決めました!
日本男子では松岡修造さん以来17年振りの快挙です。

試合後に「嬉しいです。最高のプレーではなかったけど、風と暑さで大変な中、ストレートセットで勝てて良かった。グランドスラムで上に行くのは、こういう相手に競らないで勝つことが必要」と語っていました。

試合時間1時間45分のストレート勝ちはまさに注文通りの試合だったのではないでしょうか!

普段は?穏やかな青年がコートに入ると声を出すガッツ溢れる選手に豹変します。

スタンドで観戦していたIMGアカデミーの創設者のニック・ボロテリ―氏は「見事な勝利だったね。以前は内に秘めるところがあったけど、今は闘志が前面に出ている。今年中にトップ10入りも夢じゃない」とイタリア系らしいコメントで絶賛していました。
(私はこういうラテン系っぽいノリやコメントが好きです。)

それにしても錦織選手の試合は見ていて楽しいですね!
緩急自在で切れ味鋭く・・・・躍動感があります。
強烈なフォアハンドの威力やバックハンドのコントロールは勿論ですが、攻守の切り替えの早さや最後まで諦めないでボールを追う姿もジュニア諸君には参考になると思います。

95年の松岡修造さん以来のベスト8も見えて・・・・
一戦一戦頑張ってもらいたいですね。
(95年・・・福岡で百貨店人だった頃も夜中テレビ観戦して寝不足状態だったのを思い出します・笑)

カモン!!!




<男子シングルス2回戦>
フアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)6-2,6-3,1-6,6-4 添田豪


2009年の全米OP覇者を相手に大健闘だったのではないでしょうか!
「しつこく粘り強い」忍耐力のあるプレーは日本人的な?感じがして好感が持てます。

特に第3セットを6-1で奪った時はどちらが世界のトップ10か分からないプレーだったと思います。
純国産」でも世界で通用する事を表現してくれている添田選手の活躍は多くの国産ジュニアや我々指導者にも勇気を与えてくれます。

よっしゃー!!!



添田選手の試合後・・・
ナダルの試合はさすがに睡魔に勝てずにダウン。。。
朝結果をチェックして世界100位の選手に敗退したことを知りビックリ!!

大会前に「全仏決勝からウインブルドン開幕までが2週間しかないので3週間になるようにスケジュールを調整して欲しい」と意見を述べていたラファ。
地元マヨルカでゆっくりと休養をとって3週間後にウインブルドンで開催されるロンドンオリンピックに戻ってきて欲しいですね。

バモス!!!


錦織 圭 | 投稿者 arimura 14:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭8強 バルセロナ

全仏オープンまで続くヨーロッパのレッドクレーシリーズを我らが錦織圭選手が転戦しています。

先週のビッグイベント「モンテカルロ・マスターズ」では見事に2勝してベスト16入りを果たし世界7位のベルディヒと大激戦を演じた錦織圭選手(Wilson Team)は今週はスペイン・バルセロナの大会に出場しています。

Barcelona Open Banc Sabadell
Barcelona, Spain


<2回戦>
8)錦織圭 6-3 4-6 6-0 M Kukushkin (KAZ)

<3回戦>
8)錦織圭 76(2) 63 17) A. Ramos (ESP)



第1シードは地元のナダル、第2シードはマレー、第3シードはフェレールという豪華な顔触れの今大会。
錦織圭選手は第8シードで2回戦からの登場でした。

初戦の相手はカザフスタンのM.ククシキン (世界ランク55位)。ツアー優勝経験もあり今年の全豪ではベスト16入りを果たしている手ごわい相手です。

第1セットを先取した錦織選手は第2セットの第10ゲームでブレークを許しセットオールに追いつかれましたが、第3セットに入るとミスが目立ち疲れが見え始めたククシュキンを一気に突き放して昨年のスイス室内に続いての勝利!2時間16分で今大会の初戦を突破しました。


3回戦の相手は地元スペインの A. ラモス(世界ランク43位)でした。
モンテカルロの初戦で勝っている相手でしたが、先々週のカサブランカでは準優勝している典型的なクレーコ―ターです。

第1セットは互角の展開が続いてタイブレークへ。ラモスにセットポイントを握られながらも安定したストロークでこのセットを先取。
第2セットは第2ゲームをブレークして出だしの3ゲームを連取し、そのまま押し切りました。

ストレート勝ちではありましたが2時間12分を要したゲーム、スコア以上の大接戦だったようです。

ヨーロッパのクレーでナダルマーレーフェレール等と当たり前のように8強入りする錦織選手って本当に凄いですね!


準々決勝ではこちらも地元スペインのフェルナンド・ベルダスコ と対戦します。
2011年の全豪オープン3回戦で対戦して以来の再戦が楽しみですね!






台湾高雄で開催されるチャレンジャー大会には、世界ランク96位の伊藤竜馬選手(Wilson Team)が出場しておりこちらもベスト8入り!
全仏オープンに向けて弾みをつけて欲しいですね!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭 IN モンテカルロ

Monte-Carlo Rolex Masters
ATP Masters 1000


世界ツアーは北米からヨーロッパ大陸のレッドクレーへと舞台を移しました。

今週モナコで開催される 「モンテカルロオープン」はグランドスラムに次ぐランクの歴史と伝統の大会です。
この大会に我らが錦織圭選手が第12シードで初出場しています。

<1回戦>
12)錦織圭 62 75 A. Ramos (ESP)

<2回戦>
12)錦織圭 64 62 Paul-Henri Mathieu (FRA)



1回戦の対戦相手はスペインの A. ラモス (世界42位)でした。
ラモスは今年になってATPサンパウロでベルダスコを破りベスト4、直前のATPカサブランカでは準優勝を果たしているクレー巧者でしたが、錦織選手の攻撃的なプレーがさえ見事にストレート勝ち!
2回戦はツアー4勝の「ベテラン」マテュー(フランス 元世界12位)でした。
こちらは強風の中の難しい試合だったようですが我慢強く、そして安定したプレーを披露し見事にベスト16入りを果たしました。

3回戦ではベスト8入りをかけて2010年ウィンブルドン準優勝で世界ランク7位のT ベルデイヒ (CZE) と対戦します。
ベルディヒに対して錦織選手は2戦2勝の相性の良さ!!
本当に楽しみですね。


この美しい会場の写真を見るとなぜか80年代にビランデルサンドストローム二―ストロムケント・カールソン等のスウェーデン勢がレッドクレーで真っ赤になった靴下やシューズでボールを追いかけていた姿を思い出します。(当時は動画を見る機会があまりありませんでしたが)

セルッティやマルボロのウェアにシューズはナイキのフォレストヒルズ、そしてラケットはロシニョールF200カーボン・・・本当に恰好良かったなぁー!!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 17:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭 IN 南米

Copa Claro
Buenos Aires, Argentina


日本の裏側アルゼンチン・ブエノスアイレスのクレーコートでATPツアー「コパ・クラロ」が開催されました。
アジア人として唯一出場して錦織圭選手はベスト8という結果でした。

1回戦   錦織圭[4] 7-5 3-6 6-2  J.C.フェレーロ(スペイン)
2回戦   錦織圭[4] 3-6 7-5 6-1  V.ハネスク(ルーマニア)
準々決勝  錦織圭[4]2-6 4-6 S.ワウリンカ(スイス)



この時期(南半球の真夏)の南米には世界中からクレー巧者達が集まりタフな戦いが繰り広げられています。
そんな中、錦織圭選手は初戦で「元世界№1、元全仏覇者」のホアン・カルロス・フェレーロ(スペイン)を撃破!2回戦でも曲者ハネスクを粘り強い内容で沈めました。
準々決勝では「フェデラーの相棒」ワウリンカに敗れはしましたが、このメンバーでのクレー2勝は大きな価値があると思います。

今週は「中米」メキシコ・アカプルコに移動してクレー大会に挑みます。

皆さんも御存知だと思いますが、錦織選手はアメリカ育ちなのでハードコートが得意で例年この時期はアメリカのハードコート大会で好成績をあさめています。

ランキングの事や目先の勝利(快感)だけを考えたら例年通りのスケジュールで回るべきでしょうが、あえてゲンのいいデルレイビーチの大会(2008年ツアー初優勝、昨年ベスト4)をスキップしてまでタフなクレーに挑む姿からは「本物」を感じさせられます。積極的にダブルスをプレーする姿勢も同じ理由だと思います。

常に「先」を見据えた近視眼的でない「選択・判断」が出来るのは本人の考えや哲学以外にも指導者や取り巻きの方々の影響も大きいのではないでしょうか?!

「島国のスター」としてでなく「一人の東洋人」としてテニスに集中出来る環境(米国フロリダ)で日々を過ごしている事も関係あるのかもしれませんね!
(ゴルフの今田竜二選手からも同じ印象も受けます。)


メヒコでも
バモス!!!!!

錦織 圭 | 投稿者 arimura 13:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭 全豪ベスト8

松岡修造さん以来のグランドスラム大会ベスト8進出を果たした錦織圭の活躍!本当に素晴らしかったですねぇ!

今回の活躍で世界ランクも20位前後に上昇するようです。トップ20なんて夢のようですが、錦織選手はまだ22歳になったばかり。これからが選手としてピークに向かって行く段階だと思いますので非常に楽しみですね!




写真はベスト8進出翌日のスポーツ新聞一面です。
コンビニで思わず衝動買いしちゃいました。(笑)





この写真は4年前「錦織選手 ツアー初優勝」の時のスポーツ新聞一面。
この時も嬉しくて衝動買い。。。人間はなかなか成長しないようです(苦笑)。


それにしてもマーレー強かったですね!
190センチ超でのあの動きと粘り強さ・・・しかも攻撃力もありますから脅威的です。
錦織選手よりすべてにおいて一歩リードしていたように感じました。
2人を指導したブラッド・ギルバートはどんな感想持ったのですかねぇ。興味があります。


今回の男子ベスト8には大型選手に交じって錦織フェレールと「170センチ台」の2人が残りました。
体のサイズとプレースタイルを当てはめるのは良くないかもしれませんが、彼らのプレースタイルに日本人が目指すべきヒントはあるかもしれないですね!

アメリカの前デビスカップ監督でTV解説をしているパトリック・マッケンロー(USPTAプロ1)は錦織は「グロージャンに似ている!」と語っていたようです。
元トップ10選手のグロージャンも170センチ台のサイズで変幻自在なプレー!
本当に錦織選手と似ています。


錦織選手に刺激を受けたジュニア戦士達も大活躍!
ジュニアの部で男子の内田海智と女子の尾崎里紗が共にベスト8進出!

日本テニス界のの未来は明るいぞぉー!!! 
錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪OP  日本L  県中学新人戦

全豪オープン

<男子シングルス3回戦>
錦織圭 4-6,7-6(3),7-6(4),6-3 ジュリアン・ベネトー(フランス)


ベネトーは、フランスのデビスカップでも大活躍しているツアーベテラン!
スピードを落としたサーブ&ボレーや狙いすましたかのようなカウンターのリターン等、相手のタイミングを外す本当にいやらしいテニスでした。

それにしても錦織選手、本当に接戦に強いです。流れが来るまでは我慢強くプレーし、ここぞという時には強気のプレーで相手にダメージを与えていく!本当に素晴らしいですねぇ。

今日の4回戦では第6シードのツォンガ(フランス)と対戦します。
2連勝している相性のいい相手ですからチャンスはあると思いますが、ツォンガも「本番」ですから相当な気持ちでぶつかってくるでしょう!
(仕事で試合を見れないのが本当に残念。。。)

松岡修造さんが95年のウインブルドンで達成して以来のベスト8入りを果たして欲しいですね!





日本リーグ 

日本リーグに参加の鹿児島銀行女子チームが見事に残留を決めました。おめでとうございます!!


プロ選手等を擁するチームもある中での「地方の社会人チーム」の活躍は大きな意味があると思います。
また鹿児島の将来を担うジュニア選手達にとっても近い所に「ロールモデル」がいる事は幸せですねぇ!

江籠雷四郎監督以下選手の皆さん本当にお疲れ様でした。


昨年ルーキーとして九州電力4位入賞に貢献したATA出身の平原しおり(西紫原中→柳川高)は今年はシングルスでプレーしましたが残念ながら残留は決められなかったようです。
しおりもまだ二十歳になったばかりですから引き続き頑張って欲しいですね!

今後も薩摩おごじょの活躍を心から応援しております。





鹿児島県中学新人戦

県中学新人戦が開催されました。
ATA戦士達の結果は以下の通りでした。

<1年生の部>
女子シングルス  優勝   御領原由貴
女子シングルス  三位   深川智愛

<2年生の部>
女子シングルス  優勝   英凪紗
女子シングルス  三位   山方佳乃

男子シングルス  準優勝  米田伊織
男子シングルス  三位   内倉鉄平






皆良く頑張ったとは思いますが、春からの本格的なシーズンに向けてはまだまだ克服すべき課題が多いと思います。(プレー以外の面でも)

九州、そして全国でも勝ち抜いて行くプレーが出来るように今日からまた気を引き締めて練習に取り組んでいきます!



錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪 錦織大逆転勝利! 高体連研究大会

全豪オープン

全豪では、日本男子として72年の九鬼潤氏、田辺清氏以来40年振り、 四大大会としては74年全仏の神和住純氏(前 鹿屋体大監督)、坂井利郎氏、九鬼潤氏以来38年振りという複数選手による初戦突破を果たした錦織圭伊藤竜馬(共にWilson TEAM)が揃って2回戦に登場しました。


ニコラ・マウ(フランス) 1-6,7-6(6),6-2,6-2 伊藤竜馬(Wilson Steam 100使用)


第1セットを6-1と圧倒し、第2セットでは5度のセットポイントがあっただけにこの敗戦は悔やまれます。
リードした場面で冷静さを欠いた(ラケットが振れなくなった!イライラとしている姿を見せ過ぎた!)ところを百戦錬磨のツアーベテランが見逃すはずもありませんでした。

それにしても一昨年のウインブルドンでイズナーと11時間に及ぶ激戦を繰り広げたマウのラケットのフレームまで使って返球しようとする執着心や姿勢はジュニア選手達も見習うべきだなぁと思いました。

とはいえ・・・
純国産選手の伊藤選手の活躍は多くの日本人ジュニア達にも夢や希望を与えてくれたと思います。
もし次回があったならリベンジを果たして欲しいですね!





錦織圭(Wilson Steam Pro使用) 3-6,1-6,6-4,6-1,6-1 マシュー・エブデン(豪州)

僅か1時間で2セットを失った時には今日は厳しいのかなぁと感じさせられましたが、そこはさすが「錦織圭」でした。
「相手の調子が良過ぎる」、「強風」、「猛暑」「何をしてもうまくいかない」、「思い通りにならない」・・・言い訳の材料は多くあったはずです。このような八方ふさがりの場面から「やれることを一つ一つやっていく姿勢」は本当に素晴らしかったですし勉強になりました。

それにしても全仏でのヒラルド戦、全米でのチーリッチ戦と絶体絶命の場面から逆転勝ちを出来る選手ってやはり「心」を動かされます。

ジュニア選手達も錦織選手のAIR-Kなど華やかなショットや格好などを真似するだけでなく彼の劣勢になった時の戦い方や姿勢などの「中身」も勉強して欲しいなぁと強く思います。(試合会場等で見せる華やかな姿の裏には日の当らない場所で地道に練習に取り組んでいるという事実をもっと理解して欲しい。)

私も含めてですが・・・
日頃の練習でもテニスの調子が悪い時、体調が悪い時、思い通りにならない時ってあると思います。
そのような時に逃げない(投げない)で練習に取り組むことで答えは見つけ出していけるはずです。
(もちろん目標値が高くなければ頑張る必要はないですし、楽しくプレーすれば良いと思います。)

また今日から皆でキバっどー!!






全国高校体育連盟研究大会

写真は、全国高体連研究大会に出席する為、鹿児島入りしていた大学の同窓達です。
渡辺君(体操部 北海道)、山崎君(体操部 高知)、反保君(テニス部 大阪)とは大学卒業以来18年振りの再会!
当日は先日の春高バレーでベスト4入りした鹿児島商業監督の田代君や濱川君、白石君も「当然」参加しました。

やはり学生時代の「仲間」って良いですねぇー!!20年近く前にタイムスリップしたように盛り上がりました。(私の風貌の変化に超ビックリされたので頭部は無理としても減量にはトライしようかと思っちゃいいました・笑)
話は昔話から指導論、そして最後には教育論にまで発展。。。
彼らのようにガチンコで勝負している先生達がいることに安堵すると共に彼らのような人材が教育の現場に1人でも増えてもらえたら日本の未来は明るいのになぁと強く思いました。(我々保護者も気をつけなければいけない事は多々あります!)

ナベ!!久し振りの再会は最高だったけど「当日連絡」だけはやめてくれ!(笑)次はこちらが北海道に上陸させてもらいます。
ヤマ!!高知に行った事ないなぁー。龍馬とアンパンマン作者の故郷へマジで行きたいぜよ!今後も土佐と薩摩の交流を!
タンポ!!今年は全日本ジュニアに絶対行くので靭に応援に来てくれ!(「義務応援」ではないけど・笑)あと夜も頼んだ!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭 スイス室内準優勝 クルム伊達 台北準優勝

BASEL

Swiss Indoors
ATP Tour 500

<決勝>
錦織圭 1-6 3-6 3)R Federer (SUI)


スイス・バーゼルで行われていたスイス室内選手権で錦織圭が見事に準優勝を果たしました。
初戦で世界6位ベルディヒを破り、準決勝では世界№1ジョコビッチ(今年僅か3回しか負けていなかった)に土俵際まで追い込まれてからの大逆転での決勝進出は本当に価値があります。

しかも決勝の相手は同じW TEAM(ウイルソン・チーム)で開催地のバーゼル育ちの「レジェンド」フェデラーだなんて夢のように感じたのは私だけでしょうか!?

この活躍により錦織の世界ランクは25位付近に浮上するようです。
昨年末がトップ100でしたから・・この飛躍のスピードに驚かされますね!

次週は、マスターズシリーズ パリ大会に出場するようです。これからが本当に楽しみになってきましたねぇ!

それにしても錦織圭が今大会から使用していた「NEWラケット」 Wilson STEAM PROは恰好良かったなぁ。


台北

OEC 台北 Ladies Open
台湾・台北で行われていたツアー下部大会では、クルム伊達公子森田あゆみの決勝を争い、森田あゆみの優勝で幕を閉じました!!
日本のエースとしての力を証明した勝利ではないでしょうか!?

それにしても41才の伊達さん凄いですねぇ!
2週連続優勝こそなりませんでしたが、この2週間のフランス、台湾での頑張りで世界ランクも100位近くまで上昇し、全豪の本戦入りも見えてきました。

華やかなWTAツアーの舞台からツアー下部大会を回ることになっても諦めずに頑張り続ける「年上」伊達さんには本当に頭が下がります。

アラフォーの星にはまだまだ頑張って欲しいですね!



福岡

中牟田杯 U15全国選抜ジュニアテニス選手権大会」に行ってきました。
 
この大会は、私が社会人1年目からお世話になった㈱岩田屋のオーナーでいらっしゃった故 中牟田喜一郎氏(元日本テニス協会会長、元デビスカップ日本代表監督)の名を冠した大会です。

私自身ももジュニア時代に選手としてプレーしましたし、社会人時代には、運営サイドでもお手伝いをさせて頂いた大会ですので特別な思い入れがあります。

この中牟田杯は、「予選リーグ → 決勝トーナメント」という流れで試合が行われる為、参加選手全員が最低でも3試合実戦を積むことが出来ますし、予選リーグで負けた選手にも教育プログラム等が準備されているジュニアにとっては「理想」に近い形の大会になっています。

会場では鹿児島から唯一出場していた森脇亮太君も元気な姿を見せていました。彼にとっても本当に良い経験になったと思います。


ただ残念だったのは、せっかくの機会にギャラリーが少なかった事。。。
九州で行われる数少ない日本の頂点を決める試合だけに地元の選手や指導者はもっと会場に足を運ぶべきじゃないかなぁと感じました。

この素晴らしい大会から歴代優勝者に名を連ねる松岡修造さんや伊達さんのようなスター選手が育っていくことを期待しています。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 01:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織4強 IN マレーシア

Malaysian Open
Kuala Lumpur, Malaysia



<男子シングルス 準々決勝>
錦織圭  67 64 64 Nicolas Almagro(ESP)

 

クアラルンプールで行われているマレーシアオープンに出場中の錦織圭選手は、準々決勝で世界11位第1シードの強豪ニコラス・アルマグロ(スペイン)に逆転勝ちし見事にベスト4進出を果たしました。
凄いですね!

準決勝では第3シードのヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)と対戦します。
ティプサレビッチとは今シーズン既にチェンナイ、デルレイビーチ、セルビア、イーストボーンと4度も対戦していて4連敗中。。。天敵と呼べる相手ですが、頑張って欲しいですねぇ!

1回戦から3試合連続でフルセットの戦いをしているだけに来週から始まる楽天OPにベストな状態で臨めるかがが少し心配ですが。。。




Junior Davis Cup
San Luis Potosi, Mexico



昨年岩本功監督の下、世界一になった日本チームが連覇を懸けてメキシコの地に乗り込んでいます。
今年も監督を務める岩本功さんとは大会直前にチャットで話をしました。(その時は「時差でボロボロだけど頑張るばい!」と言ってました・笑)


今年のメンバーは、先の全米OPジュニアで勝利を挙げた西岡良仁をはじめ、斉藤貴史、沼尻啓介と十分に連覇を狙える実力者揃いのメンバーでしたが、残念ながら5-8位決定戦に回る事になったようです。

それでもアジア・オセアニア予選を当たり前のようにクリアして世界大会で活躍するようになってきた頼もしい日本のジュニア達!!
日本テニス界の将来は明るいかもしれませんね!

錦織選手、功さん
鹿児島の地より応援しています。




錦織 圭 | 投稿者 arimura 01:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

USオープン前週  2011

Winston-Salem Open  @ Wake Forest University


デビスカップ ウズべキスタン戦以降、肩の故障で3週間休養していた錦織圭選手がUSオープンに向けて再始動しました!
復帰第1戦は先週シンシナティで開催されたビッグイベントWestern & Southern Openでした。
見事予選を突破し本戦1回戦では元トップ5プレーヤーのナルバンディアンと対戦!敗れはしましたが久し振りの実戦としてはまずまずの結果だったのではないでしょうか。

そして今週は私が住んでいたサウスカロライナのお隣ノースカロライナ州にあるウェイクフォレスト大学(バンダ―ミーアでの同僚がヘッドコーチを務めています。)で開催されている試合に出場しています。

本来、錦織選手は本戦に出場できるランキングですがエントリーをしていなかったため予選からのプレーになったようです。

<予選1回戦>    1)錦織 圭   62 61   KIM, Kevin (USA)
<予選2回戦>    1)錦織 圭   61 64   YOO, Daniel (KOR)


1日2試合のハードスケジュールでしたが見事に決勝ラウンドに進出しました。
本戦入りまであと一勝!!USオープン前週の大切な大会ですからしっかりと調整して欲しいですね。

本戦は48ドロー。第1シードは地元アメリカのアンディ・ロディックです。


錦織選手は自身のブログの中で

「この大会は初めての年らしく、コートも全て新しいコートで設備もいろいろとキレイでした。
大学の施設内にあり、コートの横に大きなフットボールスタジアムがあります。
いつも思いますが大学でこの大きさのスタジアム信じられません。」

とアメリカの大学の施設について語っています。





写真は私の住んでいた所の御近所サウスカロライナ大学ウィリアム・ブライス スタジアム!!
日付が1999年の5月ですから・・・12年前ですね!ともかくスタジアムの大きさに圧倒されました。おそらく5万人は収容できると思います。





全中


写真は全国中学の記念Tシャツ!!
先日神戸であった全国中学の団体戦でプレーした大渡洸明、亀田隼人、米田伊織、内田優平がコートに持ってきてくれました!!
早速練習で着させてもらったよ!有難う。

洸明と隼人は受験態勢に入りテニスからは少し遠ざかることになります。。。これから来年3月まで大変だと思いますがテニスで培った粘り強さで頑張ってくれるでしょう!

たまには息抜きにコートに顔を出せよ!
心から応援しています。


錦織 圭 | 投稿者 arimura 01:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織 全英前哨戦 4強入り

AEGON International
Eastbourne, Great Britain

日本のエース錦織圭選手は先週のクイーンズに引き続きウインブルドン「前哨戦」ATPイーストボーンに出場しています。


1回戦      錦織圭    7-5 6-1     E. KIRILLOV(RUS)(Q)
2回戦      錦織圭    6-4 4-6 6-2  R. SCHUETTLER (GER) (Q)
準々決勝    錦織圭    6-2 6-3     R. Stepanek (CZE)



錦織圭選手が、元トップ10プレーヤーのシュットラー(ドイツ)とステパネク(チェコ)を連破し、見事に今年3度目の準決勝進出を決めました!!
来週から始まる「本番」ウインブルドンに向けて弾みになりますね!!

準決勝では、第3シードのティプサレビッチ(セルビア)と対戦します。
ティプサレビッチとは今シーズン既にチェンナイ、デルレイビーチ、セルビアと3度対戦しており3連敗中!
対戦成績は良くありませんが、前回のクレーコートでの対戦では、ファイナルセットのタイブレークまで追い詰めているだけに今回はチャンスがあるのではないでしょうか?!
頑張って欲しいですねぇ!





Wimbledon
Winmbledon , Great Britain


6月20日に開幕するウィンブルドンに向けて「予選」が行われています。

日本からは男子が添田豪伊藤竜馬杉田祐一の3選手、女子が奈良くるみ土居美咲波形純理瀬間詠里花飯島久美子の5選手が挑戦し、以下の3名の選手が最終ラウンドへ進出しました。

<男子シングルス>

添田豪[16]       4-6 4-3 順延    L. LACKO (SVK)


<女子シングルス>

I.FALCONI(USA)[4]    6-3 6-2    波形純理[13]
土居美咲[17]          vs       E.IVANOVA(RUS)



残念ながら大卒プロ波形選手は敗れてしまいましたが、添田、土居選手は雨の影響で順延。

グランドスラムイベントで唯一、予選会場と本戦会場が違うウインブルドン!
それだけにどうにか本戦会場に行けるように頑張って欲しいですね!




宮崎
今日から九州高校総体が宮崎で開幕します。
ATA関係では福永雛乃をはじめ、5名の選手がプレーします。皆で頑張るぞぉー!!! 
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

全仏OP2011 開幕間近

日曜日に開幕を控えた全仏オープンの本戦入りを掛けて予選が行われています。

日本からは、男子が伊藤竜馬(W Team)、女子は奈良くるみ土居美咲瀬間詠里花飯島久美子が予選にチャレンジしました。


<男子 予選1回戦>

Augustin Gensse(FRA)        7-6(4) 6-1    10)伊藤竜馬



<女子 予選1回戦>    

15)奈良くるみ              6-3 2-6 8-6   LUZHANSKA, Tetiana (UKR)
14)土居美咲              3-6 6-1 6-3   瀬間詠里花    
13) Yung-Jan CHAN(台湾)    6-2 6-4      飯島久美子


<女子 予選2回戦>

Stefanie VOEGELE (SUI)      4-6 6-1 6-3   14)土居美咲
Marina ERAKOVIC(NZL)      6-0 6-0      15)奈良くるみ




残念ながら今回の日本勢予選を突破出来ませんでした。。。
第10シードの伊藤竜馬選手は釜山でのハ―ドコートの試合から駆けつけましたが、ほぼ「ぶっつけ本番」に近い形でのクレーでの戦いだったようです。

昨年は予選を突破して本戦入りを果たした奈良くるみ土居美咲両選手は、残念ながら今年は本戦入りなりませんでした。
土居選手の相手は、昨年は60番台にいた選手、奈良選手の相手も2年前まではトップ50に居た選手で非常にタフな戦いだったと思います。
プロ2年目・・・毎年毎年右肩上がりのトントン拍子に上がって行けるほど「世界」は甘くないという事だと思います。

奈良選手達はこのまま1か月ヨーロッパに留まりウインブルドン予選に挑みます。
世界各地を転戦しても壊れない身体作り、そして負けても負けても折れない心・・・・ツアープロは本当に大変です。





全仏オープンへの出場が危ぶまれていた錦織圭選手はローマの病院での初期処置後、日本に緊急帰国。。。
病院での検査結果は「腎臓結石はあるものの、治療をするほどのものではなく、むしろ胃酸過多による急性の胃痙攣の症状」との事。処方薬と点滴で症状は緩和され、全仏オープンに向けて順調に回復しました。

錦織選手は、既に無事にパリ入りし、1週間ぶりに練習も行ったようです!
昨日はアンディ・マーレーとゲーム形式の練習も行ったようで・・・本当に良かったですねぇー!!!


 


錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

W Teamの戦士たち

Busan Open Challenger
Busan, Korea


韓国、釜山で開催されている男子テニスツアー下部大会(チャレンジャー)で第3シードの伊藤竜馬選手(ウイルソン BLX Tour 105)が見事に準優勝を果たしました!!
この活躍により最新の世界ランクでトップ100に大きく近づくようです。!

<準決勝>
伊藤竜馬 7-5 6-4 盧 彦勳 (台湾)
<決勝>
伊藤竜馬 2-6 7-6(5) 3-6  Dudi SELA (ISR)


準決勝では、昨年のウインブルドン8強入りした世界ランク51位の廬彦勲をストレートで下す金星を挙げ、決勝に進出した伊藤選手!

決勝戦に勝てば自身4度目のチャレンジャー大会優勝と、世界ランキングでトップ100位に入る大事な一戦でしたが、ファイナルセットの末、元世界ランク29位(2009年)のドュディ・セラに押し切られる結果となりました。

先月のブラジル・チャレンジャーで優勝する等、好調を維持している伊藤選手は帰国せずにこのまま全仏予選に挑むようです。


Rome,Italy

先週の「イタリア国際 1回戦 モンフィス戦」を腎臓結石の為、棄権した錦織圭選手(ウイルソン BLX Tour 95)はローマ市内の病院に入院し、ひどい炎症を起こしていた左腎臓の治療を受けたようです。
既に退院し、数日で回復に向かう見通しとの事。
ともかく早く回復して全仏では元気な姿を見せて欲しいですね!
南の地より祈っております。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:13 | コメント(2)| トラックバック(0)

イタリア国際・県中学大会 開幕!

Rome, Italy
男女共催のビッグイベントイタリア国際( INTERNAZIONALI BNL D'ITALIA )がイタリア・ローマで行われています。


<男子シングルス予選>
予選1回戦   錦織 圭[1]   6-3 7-5       Maximo GONZALEZ(ARG)
予選決勝    錦織 圭[1]   6-7(4) 7-5 6-2   Federico DEL BONIS(ARG)


予選第1シードの錦織圭選手(W TEAM)が2人のアルゼンチン・クレーコーターを退け見事に本戦入りを果たしました!!予選決勝は3時間3分に及ぶ大激戦(逆転)だったようです。
サバナ、サラソタとツアー下部大会を回っていたのは、ちょうど1年前!選手生命も危ぶまれた怪我から復帰して僅か1年足らずでこの舞台までこれるのは、やはり「並」の選手ではないですね!

グランドスラム大会に次ぐレベルの今大会(本戦)の第1シードはラファエル・ナダル、第2シードはノバク・ジョコビッチ、第3シードはロジャー・フェデラーと超豪華メンバー!!
そして錦織選手の1回戦の相手が世界ランク9位の強豪ガエル・モンフィス(フランス)!楽しみになってきました!!



錦織選手にとって5月末から開幕する全仏オープンに向け、最終調整の大会になります。
女子の部に出場する「アラフォーの星」伊達公子選手、森田あゆみ選手と共に頑張って欲しいですね!





鹿児島

県中学生大会が開幕!今週は団体戦が行われました。
私が指導する池田中男子は4位でしたが、夏の九州予選に向けて収穫の多い大会になりました。
男子優勝はATAメンバー3人(大渡洸明、亀田隼人、米田伊織)が在籍する西紫原中
内倉鉄平が在籍する城西中は3位、英凪紗の伊敷台中は4位、御領原由貴、深川智愛(伊集院中)も強豪相手に頑張っていました。
(御領原由貴はU14のトップ選手を破る金星を挙げました!)

個人競技種目のテニスにおいて「団体戦」を経験することは選手としての成長に繋がりますのでジュニア諸君には積極的に団体戦でプレーして欲しいですね!

来週、再来週は「個人戦」が開催されますのでしっかりと調整していきたいと思います。

錦織 圭 | 投稿者 arimura 00:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織61位 添田91位!!

世界ランキング

4月4日付けの男子世界(ATP)ランキングが発表され錦織圭選手(W Team)が61位、そして添田豪選手が自己最高の91位にランクされました。これにより2人の全仏OP本戦出場も決まりました。

日本選手でトップ100以内に2人以上入ったのは、1973年の神和住純(元 鹿屋体育大学監督)氏、坂井利郎氏、75年の神和住純氏、九鬼潤氏の例があるようで30数年ぶりのようです。
ちなみに73年の1位はイリー・ナスターゼ、75年はジミー・コナーズです。

それにしても純日本育ちで現在でも日本を拠点にツアーを回る「メイド イン ジャパン」添田選手のトップ100は価値がありますね!
なかなか100位の壁を越えられない選手が多い中、プロ転向(18才)してから現在(26才)まで諦めずに頑張ってきた成果だと思います。

日本勢3番手の166位にも伊藤竜馬選手(W Team)が付けていますので日本勢の層の厚さはここ10数年では一番ではないでしょうか!
デ杯ワールドグループ入りが狙える戦力になってきたと思います。まずはWGプレイオフ進出を掛けた7月のウズベキスタン戦を頑張って欲しいですね!





US Men's Clay Court Championship
Houston , TX , USA


全米クレーコート選手権 に出場中の錦織圭選手が2回戦に勝利し、見事にベスト8進出を果たしました!

<2回戦>
錦織 圭 6-3 6-3 I. ANDREEV (RUS)



アメリカでは珍しいレッドクレーの大会です!

対戦相手のアンドレフは2年前には世界ランク18位になった選手でクレーも得意(07年全仏ベスト8)としている手ごわい相手で1か月前に錦織選手と対戦した時はフルセットの末で下し、次のフェデラー戦では接戦を挑んでいました。

1か月前のリベンジに成功した錦織選手は、準々決勝で世界11位のMardy FISH (USA)と対戦します。クレーコートでの対戦、チャンスはあると思います!


試合が開催されているヒューストンはNASA(アメリカ航空宇宙局)でも有名な町!
USPTA(全米プロテニス協会)の本部も置かれています。この大会も多くのUSPTAメンバー達が運営等で支えています。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織4強 IN デルレイビーチ

Delray Beach International Tennis Championships
Delray Beach, FL,

<準決勝>
錦織 圭4-6 4-6 6)J Tipsarevic (SRB)


フロリダ州デルレイビーチで行われている「デルレイビーチ国際テニス選手」のシングルス準決勝が行われ、錦織圭選手が第6シードで世界ランク52位のヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)にストレートで破れ、優勝を飾った2008年大会以来となるATPツアー決勝戦進出はなりませんでした。
しかし昨年のこの大会で復帰して、1年後の今大会ではベスト4進出ってマジ凄すぎです。

(写真はKei Nishikori FaceBookより)
ジェームス・ブレークとの2回戦の模様をテレビで見ました。スローで高く弾む今大会のハードコートにフィットしているようでしたし、課題のサーブも好調でここ最近では一番のプレーをしている印象でした。

準決勝では両セットとも1度あったブレークポイントのチャンスを相手に活かされ僅差で勝敗が決まったようです。またこの日は6つのダブルフォルトを犯してしまったようでした。
1月のチェンナイOPに続いて錦織選手を撃破したティプサレビッチはランキングこそ52位ですが、昨年ジョコビッチやトロィッキと共にセルビアをデビスカップ優勝に導いた立役者で1月の全豪OPではベルダスコ相手にマッチ・ポイントまで掴んだツアーベテランです。 (昨年の全米OPではロディックにも勝利。)

錦織選手は1週休んで3月10日から始まるインディアンウェルズ、マイアミとグランドスラム大会に次ぐグレードのMasters1000大会に挑みます!
頑張って欲しいですね!


このデルレイビーチ国際では「シニアツアー」も同時開催されていました。
ATPシニアツアー・デルレイビーチ大会」の出場選手は以下の通りでした。

ジョン・マッケンロー
マッツ・ビランデル
パット・キャッシュ
ジミー・アリアス
アーロン・クリックスティン
トッド・マーチン
ジェイ・バーガー
マーク・フィリポーシス
ミカエル・パーンフォース


本物のレジェンド達が集結しました。(懐かしい名前ばかりで嬉しいです!)

結果は年少者!?のマーク・フィリポーシスがアーロン・クリックスティンを6ー3、6ー2のストレートで下してシニア・ツアー初優勝!

ウインブルドンや全米のファイナリストにもなったフィリポーシスは6回もの膝の手術を受けて引退しましたが、今は激しい練習にも耐えられるようになってきていてATPツアー(男子世界ツアー)へ復帰する気持ちも大きくなっているようです。
ツアーベテランの今後にも注目したいですね。





グローブ

近所の野球場で韓国プロ野球のロッテ・ジャイアンツとKIA・タイガースの練習試合が行われていたので息子と観戦してきました。
久し振りの野球観戦!!!

「木製バットにボールが当たる音」や「ミットにボールが収まる音」に懐かしい気持ちでいっぱいになり、そのままスポーツ店へ直行(笑)。(私は中学までは野球もやっていました。)
数年前からの大型スポーツ店の出店ラッシュもあり、以前よりスポーツ店に頻繁に行くようになり、ずっと気になっていたのが野球コーナーにあるグローブでした。
「昔はこんなに豊富に種類がなかったよなぁー」なんて胸を高ぶらせながら選んだのが写真のローリングスのグローブ。

小学生時代、日曜の朝に放送されていた「みゆき野球教室」でたまに映っていた大リーグの映像でよく見かけたRawlings!
お年玉を貯めてニシムタ(鹿児島の量販店)の広告をチェックして買ったローリングスのグローブを宝物のように大切に手入れしていたのを思い出しました。

息子との初キャッチボールは最高でした!
友人が草野球に燃えている気持ちがやっと理解できたような気がします。

やっぱり野球はいいなぁー!!



錦織 圭 | 投稿者 arimura 13:52 | コメント(4)| トラックバック(0)

錦織圭ブレーク破り8強 in デルレイビーチ

Delray Beach International Tennis Championships
Delray Beach, FL

<2回戦>
錦織 圭 6-3 6-4 James BLAKE (USA)


2008年のデルレイビーチ国際決勝の再現となった一戦で錦織圭選手は元世界4位のジェームス・ブレークに一度もサービスゲームを破られる事なくストレート勝ち!試合時間も僅か1時間3分の完勝でベスト8進出を果たしました。

対戦相手のブレーク は現在31才。怪我などの影響で144位までランキングを落としていて、今回はワイルドカード(主催者推薦)での出場でした。(初戦で強豪B.ベッカーを7-5 6-4で破っているのはさすがです。)

写真は練習後の錦織選手。(FL在住のダン写真有難う!)

錦織選手は準々決勝では、バハマ出身のアメリカ人Ryan SWEETINGと対戦します。
スウィーティングは長身から繰り出す強烈なサーブを軸にゲームを組み立てていく選手でジュニア時代にはUSオープンJr優勝、フロリダ大時代にも全米学生等で活躍しました。
今大会では第3シードのサム・クエリーを破るなど好調のようです。

錦織選手との対戦成績は錦織選手から3勝0敗!昨年のサバナCH、サラソタCHではストレート勝ちをしている相性の良い相手です。
ここ最近の2勝はクレーで今回がハードコートなので、侮れませんがチャンスはかなりあると思います。

思い出の地デルレイビーチでチャンスを掴んで欲しいですね!




引退

元世界ランク7位のマリオ・アンチッチ(クロアチア)が現役引退を表明しました。
まだ26才の若者は弁護士を目指すそうです。
(プロ生活のかたわら法律を専攻し大学での勉学を続け、既に学位は取得しているようです。やはり教育は大切です!)

名コーチボブ・ブレットの教え子でもあるアンチッチは2004年ウィンブルドン・ベスト4、2005年デビスカップ優勝するなどの活躍をしましたが、その後は伝染性単核症による体調不良や腰とひざの故障のため不振に陥っていました。

彼のセカンドキャリアを応援しております。





デビスカップ

男子の国別対抗戦「デ杯アジア・オセアニアゾーン1部 1回戦」フィリピン戦の代表選手が発表されました。
錦織圭選手は、ツアーとの兼ね合いで選出が見送られましたが、添田豪、伊藤竜馬、杉田祐一、鈴木貴男の代表経験者4人が選ばれアウェイでの戦いに挑みます。

フィリピンはランキング的には格下ですが、フィリピン系アメリカ人のCecil Mamiit(南カリフォルニア大出)、 Treat Huey(バージニア大出)等が代表としてプレーしている侮れない相手ですし、アウェイの「シェルコート」での戦いになります!
シェルコートは、その名の通り、貝殻の混じった土のコートでバウンドが非常に高く、しかもイレギュラーバウンドも多いのが特徴で歴代の日本チームはこのコートで苦戦を強いられてきました。

アウェイのシェルコートでの戦いを是非乗り越えて欲しいですね!

チェストォォォー!!!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:44 | コメント(1)| トラックバック(0)

錦織初戦突破 サンノゼOP 2011

San Jose, CA

ブログ「ガンバレあやか」でお馴染の奥野ファミリーが住んでいるカリフォルニア州サンノゼでATPツアー「SAPオープン」が開催されています!
(17、8年前に友人とサンノゼのヤオハン横のリンガーハットでご飯を食べたことがあります・笑)

今大会の第1シードはフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)、第2シードはガエル・モンフィス(フランス)!そして我らが錦織圭選手は第8シードでの出場!錦織選手にとってツアーレベルでは初めてのシードだったようです。

その錦織圭選手がシングルス1回戦でJan HAJEK (CZE)を6-1 7-6(6)のストレートで下し、見事に2回戦進出を果たしました!

地元アメリカで得意のハードコートだったからでしょうか!?動きも非常に良く調子も良さそうでした。特にバックハンドのダウンザラインで再三エースをとっていたのが印象的でした。
2回戦の相手は、昨年のロスアンゼルスOPの予選で敗れているTim SMYCZEK(USA)ですが、1回戦を見る限りでは隙は無さそうな気がします。
そこに勝つと準々決勝で、モンフィスと対戦する可能性が高いので楽しみですねぇ!



沖縄

明日からATAの選手達と「全国選抜ジュニア九州予選」が開催される沖縄に行ってきます!
彼等14才以下クラスの選手にとっては今年初めての「全国」が懸かった試合です。先週のトヨタジュニア(16才以下)で全国行きを決めた福永雛乃に続けるように頑張ってきたいと思います。

ちばりよー!!!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 01:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

日本の若きサムライ達

Bradenton, Florida, USA
最新の世界ランキングが発表され、全豪オープンで3回戦に進出した錦織圭選手(Wilson BLX Tour 95使用)は、前週の82位から大きくランキングを上げ70位に上昇しました。
昨年の同時期のランキングが648位ですから凄いの一言ですね!!
錦織選手は現在本拠地のニック・ボラテリTAで調整中で来週からのSan jose → Memphis  → Delray Beach の3連戦に挑みます!
3月までは守るポイントがないのでランキングを上げるチャンスのようです。
「あわてず・あせらず・あきらめず」に頑張って欲しいですね!


Johannesburg, South Africa
南アフリカのヨハネスブルグで行われているATPツアー「SAテニス・オープン」のシングルス1回戦が行われ、世界ランク117位の添田豪選手が出場、第7シードで元全豪準優勝者のRainer Schuettler (GER)に3-6 6-4 6-4の逆転で勝利しました。北京五輪では錦織選手も敗れている元世界5位のツアーベテランに対しての勝利は評価すべきでしょう。
2回戦ではKAROL BECK(SVK)に惜しくもフルセットで逆転負けしましたが、今後に期待出来る戦いぶりだったと思います。



Burnie, Australia
オーストラリアのタスマニア島で開催されているATPツアー下部のチャレンジャー大会McDonalds Burnie Internationalのシングルス準々決勝が行われ、第8シードで世界ランク175位の伊藤竜馬 (Wilson BLX Tour 105使用)選手がJames WARD(GBR)を 6-4 6-4 で破り、見事にベスト4進出を果たしました。
準決勝ではFlavio CIPOLLA(ITA)と対戦します。

今季より使用しているウイルソンのラケット(BLX Tour 105)がフィットしてきたのかもしれませんね!

日本の若きサムライ達の活躍を火山王国より応援しています。



鹿児島・沖縄
ATAのジュニア選手達は、今週末にトヨタジュニア県予選、来週末に全国選抜ジュニア九州予選(沖縄)と「全国」に続く重要な大会に挑みます。
今年最初の全国が懸った試合ですので選手達は黙っていても自然と気合いが入ってきているはずです。
自分の今持っている力を出し切って頑張って欲しいですね!

新燃岳の噴火なんかに負けるな!
チェストォォォーーーーーー!!!




錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪OP 錦織圭 3回戦へ

Australian Open 2011
Melbourne, Australia

<男子2回戦>
錦織 圭   6-4 6-3 0-6 6-3   F. Mayer (GER)


錦織圭選手が世界ランク36位のフロリアン・マイヤー(ドイツ)を破って見事に3回戦進出を決めました。
全豪OPでの日本男子の3回戦進出は、1965年の石黒修さん以来なんと46年振りの快挙とのこと!!(御存知だと思いますが「俳優」石黒賢さんのお父様です。)

マイヤーは大型選手には珍しく?強打に加えて変則的なバックハンドスライスやドロップショット等も織り交ぜてくるトリッキーな選手で1回戦ではダビデンコを破り勝ち上がってきていました。
錦織選手はマイヤーの低い弾道のスライスを無理に攻めず我慢を重ね、チャンスを待ちそれをアタックするという攻守の切り替えがしっかりとしたプレーを展開し4セットで下しました。

昨年末からコーチに就任したブラッド・ギルバートの下、「ミスを減らし堅実なプレーをすること」を課題の一つとして取り組んでいるようです。

写真(Kei Nishikori Face Bookより)は2回戦の錦織選手。ユニクロのウェアも違和感がなくなってきましたね!

今大会の錦織選手は、格好良い派手なポイントの取り方が減り、その時に必要な「ショットの選択」や「プレー」をすることを心がけているように感じます。
アガシがギルバートの指導で「大人のテニス」に進化していったように・・・・本当に楽しみになってきましたね!


3回戦の相手は2年前の全豪SFでナダルを土俵際まで追い詰めたフェルナンド・ベルダスコです!
今大会も2回戦でティプサレビッチに2セットダウン、3度のマッチポイントを凌いで勝ち上がってきたタフな相手です。
明日の3回戦楽しみですね!絶対見たいですけど何時スタートなんでしょう?!私の就業時間内でないことを祈ってます。(笑)



R. Federer (SUI) (2)  6-2 6-3 4-6 4-6 6-3   G.Simon( FRA)

前哨戦で優勝し、絶好調で臨んだフェデラーが大苦戦の末に3回戦進出を果たしました。
相手は前哨戦のシドニーで優勝した元トップ10プレーヤーのシモン
改めてグランドスラムを勝ち上がる厳しさを感じさせられますね!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

いよいよ 全豪開幕!

Australian Open 2011
Melbourne, Australia


全豪オープンの「予選」は本戦入りを掛けて熱い戦いが繰り広げられていました。
日本からは男子が添田豪、伊藤竜馬、杉田祐一、女子が奈良くるみ、土居美咲、不田涼子、瀬間詠里花、飯島久美子、中村藍子の合計9名の選手が挑戦しましたが、全員が予選敗退という残念な結果に終わりました。。。
今回の結果で改めてグランドスラム予選の厳しさを痛感させられた日本勢ですが、2011年は始まったばかりですので引き続き頑張って欲しいですね!



そして今日から待ちに待った今年最初のグランドスラム「全豪OP」が開幕し、初日17日(月)の第1試合(日本時間 午前9時~)には、錦織圭選手が登場します!

<男子1回戦>
錦織 圭 vs F. FOGNINI(ITA)



対戦相手のファビオ・フォニーニ(イタリア・世界ランク57位)は強烈なサーブとフォアが武器の選手で昨年の全仏OPではマスーモンフィスをウインブルドンではベルダスコを撃破している手強い選手のようです。

対する錦織選手は体調不良が心配されていましたが、数日前のアデレードエキジビションではフランスのデ杯選手ロドラを破るなど調子が良さそうですので楽しみですね!!

試合は月曜午前9時から・・・
仕事中で100%見れないのが超残念ですが、心より応援しています!


写真(Kei Nishikori FaceBookより)はアデレードでの錦織選手。
ユニクロ・ウェアもなかなかだと思う私は少数派ですかねぇ!?

錦織 圭 | 投稿者 arimura 01:41 | コメント(2)| トラックバック(0)

錦織圭 & ユニクロ

ATP250 チェンナイオープン
Chennai,India


今季のツアー開幕戦チェンナイオープンで錦織圭選手が、大会2連覇中のマリン・チリッチ(世界14位)に逆転勝ちし、今季初戦を最高のかたちでスタートをきりました!!

<1回戦>
錦織圭 46 76(0) 62 Marin CILIC (CRO)


チリッチとは昨年の全米オープン2回戦で対戦し、 5-7 7-6(6) 3-6 7-6(3) 6-1 の5時間の死闘の末に勝っていました。
今回も前回同様タイブレークで強さを発揮し、勝利を手繰り寄せたようです。
「イージーミスを減らし、パーセンテジテニスができるように、少しテニスを変えた。」と試合後に語っていた錦織選手。
戦術、作戦面に優れている新コーチ、ブラッド・ギルバートの影響も少なくないかもしれませんね!

2回戦では昨年のウインブルドンでフェデラーを崖っぷちまで追い詰めたA.FALLA (COL)と対戦します。



ところでこの写真(Kei Nshikori FaceBookより)を見られて気づかれますか?
錦織選手の着用しているウェア・・・・・UNIQLOです!!

錦織圭選手はユニクロと5年間のスポンサー契約を締結したようです。ユニクロウェアを着用するのは、車椅子テニスの国枝選手に続いて2人目でしょうか!?

世界のトップ選手になることを目標にしているKei Nishikoriとカジュアル衣料品店世界一を目指すUNIQLOとはイメージも合うのかもしれませんね。(同じ中国地方出身ですし!)
(余談ですがユニクロ柳井氏の次男さんと一緒にバナナボートに乗ったことがあります・笑)

それにしても世界的トップブランドのアディダスと再契約せずにユニクロのウェアを着用するとは・・・・今までの日本人選手とはこういった部分も異なるのかもしれません。
錦織選手をマネージメントしているIMGの戦略からも目を離せませんね!
(ラケットはウイルソンと再契約しました。)
錦織 圭 | 投稿者 arimura 13:44 | コメント(5)| トラックバック(0)

錦織圭の新コーチ

錦織圭選手のマネージメント会社IMGがコーチングスタッフの新体制を発表しました。

フルタイムコーチが グレン・ワイナ― からダンテ・ボッティー二(アルゼンチン人・ウエストフロリダ大卒)に変わり、そしてブラッド・ギルバートがチームのコンサルタントに就任し、来年はグランドスラム以外の15大会(TV解説などの仕事があるため)に帯同することになりました。

ブラッド・ギルバートはアンドレ・アガシアンディ、ロディックの2人を世界№1に導いた名コーチ!!数年前にはアンディ・マーレーも指導していました。

自身も元世界ランク4位の選手ですが、見かけもプレースタイルも本当に地味で、素晴らしいショットを持っていない(お前が言うなって怒られそうですけど・笑)けれども、その分「戦術・戦略」に長けていました。
また精神的に非常にしぶとい選手で度々番狂わせを起こしていました。
ベッカーマッケンローが彼の術中にはまり自分をコントロール出来なくなっていた姿を思い出します。
私は彼の職人っぽいスタイルが大好きでした!!(たぶんマニアックな日向人さんも好きなはず・・・笑)

ギルバートは他のトップ選手のようなジュニア時代からのエリートではなく、national(全国大会)には出場する選手ではあったものの目立った戦績もなく、地元の短大を経てペパーダイン大学でプレーし、その後プロになりました。
プロになってからはアジアである小さな大会などを積極的に回る「どさ回り」に徹してランキングを上げ、最終的には世界のトップクラスになった「叩き上げ」の選手だと思います。

様々な経験で、物事を色々な方向から見て考えさせられる機会が多かったからでしょうか?指導者としての引き出しが多いのかなぁと彼の著書「ウイニング・アグリー」を読むと感じさせられます。

彼自身も選手時代にボロテリでトレーニングに励んでいた時期もありますし、彼の息子Zach(現在UCバークリー在学中)と錦織選手がアカデミーでルームメートだったということもあるので錦織選手への理解度も高く、距離も近いのかなぁと思います。
(私の経験上ですがユダヤ系と日本人は合うケースが多いと思います。)

錦織圭選手の来シーズンが本当に楽しみになってきました!!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:11 | コメント(2)| トラックバック(0)

錦織圭 チャレンジャー今季4勝目!!

テニス
Knoxville, TN, USA


米国テネシー州ノックスビルで開催されているチャレンジャー大会に出場していた錦織圭選手が見事に優勝を果たしました!!
ノックスビルといえば名門テネシー大学がある町です。(バンダ―ミーアTAで一緒に汗水流したインドネシアの元デビスカップ選手Peter Handoyoもテネシー大で活躍しました。)

<決勝>
錦織圭[3] 6-1 6-4 ロバート・ケンドリック(米国)[6]


決勝戦で対戦した第6シードのロバート・ケンドリックとは8月のビンガムトンCH決勝でも対戦しており、その時もストレートで勝利を収めていました。(2年前のジャパンOP1回戦での2人の対戦を観たことがあります。)

これで錦織選手は今年だけでもサバナ、タラハッシ―、ビンガムトンに続いて4度目のチャレンジャー大会優勝です!!(4大会はすべてアメリカ)

この優勝で現在世界ランク120位の錦織選手のランキングは100位前後に上昇することが予想され、来年1月に開催される全豪オープン本戦への出場にも大きく大きく近づきました。
錦織選手は、明日から今年最後となる「試合」シャンペーン・チャレンジャーに第1シードとして出場します。
それにしても今年2月に1年振りに復帰し、あっという間にグランドスラムのステージまで駆け上がる彼の実力には脱帽ですね!




ゴルフ
静岡県御殿場市

三井住友VISA太平洋マスターズ最終日での石川遼選手の優勝は見事でしたね!!本当に素晴らしかったです。
この大会には、石川選手とキム・キョンテ選手の賞金王争いの陰に隠れていましたが、アメリカツアーを戦い終えた「逆輸入選手」今田竜二選手も出場していました。

日本での試合出場は、昨年のこの大会以来1年振りでした。

最終日は随所に米ツアー仕込みのテクニックを披露し、最終ホールはイーグルでフィニッシュ!66の好スコアで回り、3位に入りました。
それでもホールアウト後に笑顔(写真は笑顔ですが・笑)は見られず、目標とした優勝を逃した悔しさを滲ませていました。

既にアメリカツアーで優勝経験がある今田選手が日本ツアーに出るのは年に1、2回。これまでお世話になった人に恩返しをするためにも母国で優勝したい気持ちは強いようですので来年もまた日本ツアーでの試合に出場してくれるでしょう!
宮崎で開催されるダンロップ・フェニックスに1回位来てくれないかなぁ~!



バレーボール
東京・代々木第一体育館

昨夜のバレーボール「女子世界選手権」は本当に盛り上がりましたねぇ!アメリカ(世界ランク2位)をフルセットの末に下し、銅メダル獲得した時は本当に感動させられました。
メダル獲得は、1978年以来32年振りの快挙だそうです!

その全日本女子を率いているのは真鍋政義監督!我々アラフォー世代には全日本男子、新日鐵でセッターとして活躍した真鍋と言った方が分かりやすいかもしれません。(真鍋監督とは、日本体育協会上級コーチ講習で1週間同じクラスで一緒に合宿生活を送ったので勝手に親近感を持っています。)
2年後のロンドンオリンピックに向けて大きな弾みがつきましたね!



鹿児島
週末より鹿児島県ジュニア選手権が始まりました。
ATAジュニア達は着実に勝ち星を重ねています。
詳細は今週末に全日程が終了してから御報告します!!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織8強入り! シャーロッツビルCH 

Virginia National Bank Men's Tennis Championships
Charlottesville, VA, USA


アメリカ・バージニア州シャーロッツビルで開催されている男子チャレンジャー大会、Virginia National Bank Men's Tennis Championships(賞金総額$50,000、ハード)に錦織圭選手が出場しています。
今大会には世界ランク89位のテイラー・デント(USPTA プロ1)も出場しておりチャレンジャー(5万ドル)大会とは思えない高いレベルになっています。そんな中、錦織選手は1、2回戦を見事に突破し、ベスト8進出を果たしました!

<1回戦>
錦織圭[5] 7-5 7-5 Ryler DEHEART (米国)
<2回戦>
錦織圭[5] 6-4 6-2 Theodoros ANGELINOS (ギリシャ)(WC)


全米OP2回戦でチリッチに勝利して以来の勝ち星(マレーシア1回戦敗退、東京1回戦敗退、上海予選1回戦敗退)だっただけにホッとしたのではないかと思います。



写真は、準々決勝で対戦する予選上がりのMichael SHABAZ(米国)。
現在世界ランキングを持っていないですが、ジュニア時代にはウインブルドンJrダブルス優勝、バージニア大学在学時には全米学生ダブルス2連覇(今年6月)を果たした選手で今大会も本戦2回戦でアメリカ期待の星ライアン・ハリソンを破っています。

錦織選手はこの大会を皮切りに、3週連続で米国のチャレンジャー大会に出場し、全豪OP本戦出場を目指します!
日本の南端より声を大にして応援しています!!!




そして秋の叙勲前鹿屋体育大学学長芝山秀太郎先生が瑞宝中綬章を受章されました!
国家の公共に顕著な功績をあげられた方に贈られる旧勲三等だそうです。

芝山先生は、私が在学中は教鞭をとられており、私の頭では理解出来ないような難しい内容の授業もユーモアを交えて教えてくださっていました。(東大落研出身です!)
学長になってからは、地方の国立大学というハンディにも負けず、五輪選手や金メダリストを生み出すなどのシステム作りにも奔走されていたようです。 また国立大学として初めて、学内外を問わず誰でも立候補できる「学長公募制」を採用もされました。

心よりお祝い申し上げます。

錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭  強豪チリッチを破る!!

US OPEN
New York ,NY , USA


2月のデルレイビーチで1年振りにツアー復帰した時に誰が半年後の今の状況を予想できたでしょうか?!

USオープン男子シングルス2回戦で錦織圭選手が第11シードのM・チリッチ(クロアチア)を破り、3回戦進出を決めました!!
(私は途中で睡魔に敗退してしまい、結果は朝知りました・笑)

<男子2回戦>

錦織圭 5-7 7-6(6) 3-6 7-6(3) 6-1 11)Marin Cilic(CRO)



昨年のUSオープンベスト8、今年のオーストラリアン・オープンベスト4のチリッチを5時間近い大激戦の末に破りました!

私は今回のチリッチ戦は勝って欲しいと思ってはいましたが「正直」厳しいかなぁと思っていました。。。
でもコーチのニック・ボラティエリ(USPTAマスタープロ)は、さすがです!!今回、4セットでの錦織選手の勝利を予想していました。
(ニックは教え子でもシビアに「負け」の予想もします。全仏ジョコビッチ戦では錦織4セット「負け」をウインブルドンのナダル戦でもストレート「負け」を予想していました。)
ちなみにチリッチのコーチは日本でも有名なボブ・ブレットです。

湿度も高く、息をするのも楽じゃない程の暑さに加え、足に痙攣を起こしていた錦織選手は
第4セットの間はそのことばかり考えていました。もしセットを取ったとしても、もう1セット試合を続けなくてはなりません。足が痙攣していた僕には簡単なことではありませんでした。だけど、戦い抜くことが出来ました。
と、試合を振り返っていたようです。

ビッグゲーム、そして接戦に強い!!!

ジュニア諸君は彼の打ち方や恰好ばかりに気を取られるのではなく、「チャンスと思ったら踏み込んでアタックして行く攻守の切り替えの早さ」や「どんなボールでも食らいつくフットワークの良さ・ディフェンス力」、「ここ一番プレッシャーのかかった場面でのショットの選択」などにも目を向けて欲しいと思います。


私はアメリカのアカデミー(世界のトップ選手も多く練習していました)で2年間指導した経験がありますが、個性的な選手や大物が育つ土壌があの大陸にはあると思います。
「島国」日本にいると忘れかけてしまう指導者としての「初心」を錦織選手のテニスは思い出させてくれます!!



錦織選手は、3回戦で第21シードのA・モンタネス(スペイン)と対戦します。

寝不足の日々はまだまだ続きそうです。

錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:45 | コメント(2)| トラックバック(0)

2010 全米OP いよいよ開幕!!

New York, USA

今季最後の4大大会、USオープ
ンが日本時間の今夜開幕します。
本戦に先立って行われた「予選」には男女10名の日本人選手が出場し、4名が「予選決勝」へ進出しました。

<男子 予選決勝>

錦織圭[24]            6-4 6-1   F・ダンチェビッチ(カナダ)
L・ロソール(チェコ)       6-1 6-2   杉田祐一
R・ケンドリック(米国)[22]   6-3 6-3   伊藤竜馬


グランドスラム大会の予選を勝ち上がる事は本戦一つ勝つ事より難しいとさえ言われる中で錦織選手は、フランク・ダンチェビッチ(カナダ)を6-4 6-1のストレートで下し、見事に予選を突破しました!!


第4シードだったフェレール(スペイン)を倒し、4回戦まで進出した2008年以来となる本戦1回戦の相手は、世界ランク73位のエフゲニー・コロレフ(カザフスタン)。
今年の全豪オープンでは3回戦に進出し、世界ランク46位まで上げている選手です。

錦織が勝利し、シード勢が順調に勝ち上がった場合、2回戦では、第11シードで世界ランク13位のマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。
注目の1回戦は、今夜WOWOWで!!

デビスカップ日本代表の伊藤竜馬選手と、杉田祐一選手も登場しましたが、共にストレートで敗れ、本戦出場はなりませんでしたが、予選決勝まで駒を進めたのは大きな進歩です。
錦織選手に続いて、世界ツアーレベルで活躍する日も近そうですね!。



<女子 予選予選決勝>

サリー・ピアーズ(オーストラリア)  7-6(3) 4-6 6-4   波形純理


女子の日本勢からただ一人勝ち進んだ波形純理が、ノーシードで世界ランク202位のサリー・ピアーズ(オーストラリア)にフルセットの末に敗れ、惜しくも本戦出場はなりませんでした。
試合時間2時間43分!あと一歩、勝利が見えた瞬間、女神は微笑んでくれませんでした。
今シーズン、チャレンジャー大会2度の優勝で、世界ランクも154位!悲願であるグランドスラム本戦出場に来年は期待が膨らみます。


USオープンの本戦には、本戦ストレートインのクルム伊達公子選手、森田あゆみ選手も出場します。
39才1カ月「アラフォーの星」伊達選手は、2009年全仏オープン優勝のスべトラーナ・クズネツォワ(ロシア)と森田あゆみ選手は第6シードで今年の全仏オープン優勝者のフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)と対戦します。


今日から寝不足は必至・・・体調管理には気をつけましょう(苦笑)!




福岡

九州毎日少年少女の最終日は博多の森テニス競技場で開催され、ATA出身の岡村修平(柳川高1年)が18才以下ダブルスで見事に優勝しました!!

おめでとう修平!!
電話をもらって嬉しかったよ!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 14:22 | コメント(2)| トラックバック(0)

北米ハードコートシリーズ ・ ユースオリンピック

連日の猛暑の中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
南国鹿児島も長い梅雨の後、一気に真夏になりました。
からだの方がなかなか追いつかず熱中症になる方も多いようです。。。水分補給や暑さ対策をしっかりして「夏」を乗り切りましょうね!!


男女の世界ツアーは全米オープンに向けて、欧州から北米大陸に軸を移しつつあります。

男子 ATP250大会
$619,500 Farmers Classic(Hard)
Los Angeles, CA,USA


ロサンゼルスで開催される「ファーマーズ・クラシック」は男子シングルス予選1回戦を行いました。
日本勢では、ウインブルドン以来の公式戦に臨んだ錦織圭選手は世界ランク204位のLester COOK (米国)を 7-6(2) 6-4 と接戦の末破り、見事1回戦を突破!杉田祐一選手は、Giovanni LAPENTTI (ECU) 6-4 6-3 で敗退しました。

勝った錦織選手は2回戦で、世界ランク183位のTim SMYCZEK (米国)と対戦します。
両者は、5月に行われたサラソタチャレンジャー2回戦で対戦して錦織選手が 6-4 6-3 で勝っています。
得意のハードコートシーズンで頑張って欲しいですね!



女子 チャレンジャー大会
$50,000  Lexington(Hard)
Lexington, KY , USA 



<決勝>
1)奈良くるみ 6-4 6-4 2)S. DUBOIS (CAN)


ケンタッキー州レキシントンで行われている男女共催のチャレンジャー大会で奈良くるみ選手が見事優勝しました。
今大会を112位(第1シード)で迎えての優勝で世界ランキング100位がグッと近づきました!!
全米OPが非常に楽しみになってきましたね!





第1回ユース・オリンピックが8月14日から26日までシンガポールで開催されます。



14~18歳の若者たちの大会には競技以外に、文化教育プログラムが組み込む等、「競技力よりも人間力の向上を目指す」オリンピック本来の姿を追求している大会のようです。
その大会に出場するテニスの代表選手(3名)が発表されました。

男子   内山靖崇
女子   石津幸恵、牟田口恵美



さきのウインブルドンジュニア女子シングルスで準優勝した石津選手は、「金メダルを狙いたい!」と抱負を語り、男子で唯一出場の内山選手も、「金メダルを目指したい!」と宣言しました!

世界各国の男女32名で争われるユースオリンピックで若い3人が、どんな活躍を見せるのか楽しみですね!


南の地より応援しています。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 13:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウインブルドン前哨戦 & 国体予選

全仏が終わると「世界ツアー」は一気にクレーから「芝」に舞台を移していきます。

芝生のコートで数回プレーしたことがありますが、、全然ボールが弾まず滑ってきて、その辺の公園の芝生の上でテニスをしている感じです。(歴代チャンプのアガシはウインブルドンに備えて、フロリダのハードコートに水を撒いて練習したそうです。)



その「芝」を舞台とした伝統のウインブルドンがいよいよ6月21日に開幕します。(また寝不足の日々が始まります・・・・笑。)

日本勢では女子シングルスの本戦に、伊達公子選手と森田あゆみ選手の出場が決まっています。
そして錦織圭選手も、男子シングルスの主催者推薦(ワイルドカード)枠での本戦出場が決まりました!!
錦織選手以外で主催者推薦されたのは、元世界ランク4位のN・キーファー(ドイツ)、全仏でロディックに勝ったT・ガバシュビリ(ロシア)、地元イギリスのJ・ベイカー、A・クズネツォフ(アメリカ)の4人!
この中に入るとはさすがですね!





錦織圭選手は前哨戦のAEGON Championships通称「クイーンズ」に出場しました。

<1回戦>
11)R Gasquet (FRA)  63 63 錦織圭


一昨年のジャパンOPでも対戦した強豪ガスケとの再戦でしたが今回もストレート負け。。。本人のブログによると完敗だったようです。
ガスケは赤土でも強豪ですが、芝のウインブルドンでもベスト4にも入ったこともある選手です。

錦織選手はまだ芝に慣れていないようですが、来週もイーストボーンの大会に出場して芝での実戦を重ねて本番のウインブルドンに備えるようです。

写真は「クイーンズ」大会の開催されるロンドンのクイーンズクラブ。
由緒ある芝のテニスクラブです。

ウィンブルドンの「前哨戦」ということもあり、例年非常にレベルの高いトーナメントになります。
歴代優勝者にもマッケンロー、コナーズ、エドバーグ、ベッカー、サンプラス、ヒューイットナダル・・・ウインブルドンチャンピオン達の名前がズラリと並んでいます。

日本勢では1992年に松岡修造選手(先輩)がM・ワシントン(96ウインブルドン準優勝)、G・イバニセビッチ(01ウインブルドン優勝)、S・エドバーグ(88、90ウインブルドン優勝)を撃破して準優勝しました!

この年の修造さんは、95年にウインブルドンでベスト8に入った時よりも勢いがあったように記憶しています。(この後にフェデラーも苦しんだ伝染病にかかり、長期離脱を余儀なくされましたが。。。)




鹿児島の地では明日から、国体の最終予選が開催されます。
ATAからは、林田誠と福永雛乃と高校生のOB、OG達が出場します。
中学生の2人にとっては夏の九州・全国大会に向けて、「格上」と実戦で対戦出来る良いチャンスですので頑張って欲しいですね!!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

2010全仏OP 錦織&予選

日曜日から始まる全仏オープン錦織圭選手(Wilson Tour BLX使用)の本戦出場が決まりました。



錦織選手はブログで以下のように語っています。

 大好きなフレンチに出れる気持ちでわくわくしてるのと不安などでこんがらがってます。
わくわくの方が多い気がしますがいきなりグランドスラムレベルで戦えるのかという不安もあります。でも決まったからには絶対楽しんできたいと思います。
もちろん勝利はしたいですが楽しむ気持ちも忘れずに行きたいと思います。

本戦出場が決まったのは月曜のお昼頃。その日の朝まで本戦2OUTでした。
締め切りというか本戦入りしないのが決まるのは月曜の深夜だったのでほとんど諦めてたところでしたが急に誰かがwithdrawしたとの情報が入ってきたのです。
本戦の選手の欠場は喜ばしいことではありませんが今回はこの運を無駄にしないよう頑張りたいと思います。
そういえばUSOPENでベスト16に入った時も予選の試合が始まる1時間前ぐらいにヒューイットが欠場で急に本戦にくり上げになったことがあります。  



錦織選手にとって全仏は2006年にジュニアダブルスで優勝したゲンの良い大会です。チャレンジャー2大会連続優勝の「勢い」と今回の「運」を味方にエアKは羽ばたいてくれることでしょう!

日本勢では伊達公子選手、森田あゆみ選手も本戦にストレートインしています。
来週は寝不足になりそうです(笑)。



そして残り「8」の本戦出場権をかけた「予選」が現在開催されています。

2004年の男子シングルス覇者ガストン・ガウディオ(Wilson Six.One BLX95使用)が既に敗退したようなタフな「予選」!
日本からは杉田祐一選手、奈良くるみ選手、土居美咲選手、波形純理選手、不田涼子選手、米村知子選手の計6名が出場しました。

その中で期待の若手2人、世界ランク150位の奈良くるみ選手と、179位の土居美咲選手が「予選決勝」へ進出しました。

2人とは2年前の宮崎チャレンジャーで練習から試合、食事まで一緒させてもらったこともあり、親近感のある選手達で自然と応援にも力が入ります。

本戦まであと「1勝」頑張って欲しいですね!

日本の南端より応援してます。

錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭 ベスト4進出@サラソタ & ワールドジュニア予選

Longboat Key, FL, USA
錦織圭選手は先週末の「優勝」の余韻に浸る間もなく、サラソタチャレンジャーに出場しています。会場は、錦織選手の住むBradentonのご近所なので自宅から通いリラックスしてプレー出来ているのではないでしょうか!


<準々決勝>
錦織圭 (WILSON TOUR BLX 95使用) 6-1 6-2  Bruno RODRIGUEZ (MEX)



相手にサービス・ブレークを許さない安定した試合運びで見事にベスト4入りを決めました!
準決勝では、前週のサバナチャレンジャー決勝で撃破した第6シードで世界ランク124位のRyan  SWEETING(アメリカ)と対戦します。
復帰した時には目先の結果を全く期待していませんでしたが、僅か5大会で200位代突入も目前です。やはり「モノ」が違うのでしょうか?!
まだまだ「先」が長いですので身体のケアにはくれぐれも気をつけて欲しいですね!




安徽省安慶市、中国
ワールドジュニア  アジア・オセアニア地区予選

NHKの「関口知宏の中国鉄道大紀行」を見ている時に聞いたことがことがあるような(笑)安徽省安慶市で「14歳以下」のデ杯、ワールドジュニアのアジア・オセアニア予選が開催されました。

<日本チーム>
櫻井隼人(監督)
大西賢(ノア・インドア・スクール 姫路 )
中川直樹(ドリームテニススクール、盛田ファンドIMG)
山崎純平(むさしの村ローンテニスクラブ)

<準決勝>
日本 1-2 中国

NO.2シングルス 山崎純平 2-6 1-6 Weiqiang ZHENG
NO.1シングルス 大西賢 5-7 1-6 Xin CHEN
ダブルス 大西賢/山崎純平 4-6 6-4 7-5 Fajing SUN/Weiqiang ZHENG



日本チームは今回の予選を3位で通過して8月にチェコで行われる世界大会への切符を手にしました。(韓国との3位決定戦は雨のため中止)

監督は日頃からメール等でもアドバスを頂いている櫻井隼人さんです。
昨年のワールドジュニア世界大会では、日本チームを世界3位に導きました。
櫻井さんはフロリダにあるサドルブルック(ハリー・ホップマンTA)で長く指導されていた経験がある方で私の在米時代から尊敬していた指導者です。(風貌が似ているからでしょうか?アメリカで私と間違われたことがあるとおっしゃってました・笑)。



ATAメンバーは明日からの県中学生大会に臨みます!!
「九州→全国」へ繋がる大会ですので気合いが入るのは当たり前ですが、普段通りの「平常心」で出来るだけ「楽しく」プレーして欲しいですね。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭  優勝@サバナ

よっしゃー!!!!!!!!!!!!!
ジョージア州サバナで開催されているSavannah Challenger(グリーンクレー、賞金総額$50,000)で錦織圭選手(Wilson BLX 95使用)が見事に復活の優勝を果たしました!!

<決勝>
錦織圭 6-4 6-0 Ryan SWEETING (アメリカ)(4)


準々決勝で相手に与えたゲーム数は僅か「3」、準決勝では「2」、決勝戦でも「4」と完勝でした。
準々決勝の「ビッグサーバー」R・ケンドリック戦では相手に一度もサービスゲームをキープさせなかったとのこと。


錦織圭選手は自身のブログで以下のように語っています。

  うぉぉぉぉ  勝ちました!!優勝です!!
こんなに早く優勝できるなんて・・・。
うれしいです
なんてったてうれしいです・・
これ書きながら泣きそうです。
今は速報なのでいちおう優勝したとの報告です!
ファンの方達にいち早く伝えたかったので!
今からもう次の大会の会場に移動しないといけないのです。
次はSarasotaで家から行ける距離です。
まずは今からBradentonの家に帰ります。
6時間ドライブ・・・:''(
かなり体が悲鳴あげてるので大変ですが仕方ないです。
ではまた帰って一息ついてからまたこの大会を振り返ります。
次の試合は火曜日なので
今日明日は存分に勝利に浸りたいと思います。
では今から帰ります。
とりあえず
気晴らしに言わしてください

Yessssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss!!  



錦織選手の嬉しさが伝わってきますね!読んでいたこちらまで嬉し過ぎて元気が湧いてきました。

肘の痛みで1年以上の休養を経て、復帰4戦目での「優勝」!!
ツアー下部大会とはいえ、こんなに早い時期の「優勝」を誰が予想したでしょうか?!信じられません!
デルレイビーチでの衝撃のツアー初優勝も嬉しかったですが、その時よりも今回の勝利の方が私は嬉しいです。(私の馴染みのある町での出来事でなおさら嬉しいです。)

次戦はI-95を南下してフロリダ州サラソタでのチャレンジャー大会。明日火曜日には1回戦に入る予定ですからツアー選手はタフですね!
これからも渡り鳥のような生活は続きます。

ともかく錦織圭選手がコートにいるだけハッピーですので「あわてず・あせらず・あきらめず」頑張って欲しいです。

ジュニア諸君には彼の打ち方や身なりだけでなく、試合の時のファイト&ガッツ、流れが来た時のギアの入れ方等も見習って欲しいですね!

引き続き日本の南端から応援しています。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 14:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭 クレー第1戦

Savannah, GA, USA
今週よりジョージア州サバナで開催されるチャレンジャー大会、Savannah Challenger(クレー、賞金総額$50,000)に錦織圭選手が出場します。
錦織選手にとっては5月末から始まる「全仏オープン」に向けたクレーコートシリーズの第1戦!
クレーで実戦を行うのは約2年振りですし、対策はまだ万全ではないと思いますが頑張って欲しいですね!。

初戦の相手は、3月8日のブログ「デビスカップ フィリピン戦」でも紹介しましたセシル・マミート!今大会は予選を勝ち抜いてきました。
今大会のクレーはヨーロッパや中南米に見られるレッドクレーではなく、グリーンクレー!アメリカ南部には多く見られるコートで現地では、グリーンサンドとかハー・トゥルゥと呼ばれています。

今回会場のサバナは私が住んでいたヒルトンヘッド(サウスカロライナ州)とは州の境界線でもある「サバナ川」を挟んで隣町!頻繁に行っていた馴染のある町です。

写真はサバナのリバー・ストリート。
ジョージア州アトランタから大西洋に向けて東へ車を4時間弱走らせるとサバナに着きます。
かつては綿花のプランテーション・奴隷貿易で栄えた町は現在、歴史的な町並みや建築物を再生・保存した観光都市として栄えています。
映画「フォレストガンプ」の冒頭のシーンでトム・ハンクスがベンチに座りながら話をするシーンやオスカー女優サンドラ・ブロックとベン・アフレックが共演した「恋は嵐のように」の舞台にもなった所といえば知っている方も多いのではないでしょうか?!またこの町を舞台にした小説&映画「真夜中のサバナ」でも知られていると思います。
南部的な魅力、サザン・ホスピタリティでも知られている町「サバナ」はお薦めです!!




先ほど久し振りにATA出身の平原しおりと再会してきました。社会人1年目の多忙な合間をぬっての福岡からの「1日弾丸帰省」の為、ATAの練習に参加出来ませんでしたが、元気そうな顔を見れて嬉しかったです。
しおりを幼少期から指導して下さった鶴田コーチを交えて色々な話もすることができて楽しい時間でした。

写真はお土産にもらったお菓子「博多通りもん」。

しおり       「初めての給料で買ってきたんですよ!」
鶴田コーチ   「もったいなくて食べられないなぁ~」 ← 嬉しそうな表情をされていました。

私も鶴田コーチと同じ気持ちでした。。。

柳川高校時代には、チームを全国選抜3位、インターハイ3位に導いた大物ルーキーは新天地・九州電力で頑張ってくれることでしょう!!

しおり!!持ち前のガッツと明るさで頑張ってくれ!故郷より心から応援してるよ!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 21:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭2週連続8強入り  Tallahassee  

アメリカ、フロリダ州タラハシーで開催されているツ男子テニスツアーの下部、チャレンジャー大会$50,000 Tallahassee Tennis Challenger,に出場している錦織圭選手が2週連続のベスト8入りを決めました!

2回戦  錦織 圭 4-6 6-4 6-3 伊藤 竜馬

フロリダの地で日本人対決!お互いにジュニア時代から知っていて、手の内、性格も知っている相手。
日本人選手には負けられないプレッシャーの中で、勝利を勝ち取ったのはさすがだと思います!
高校テニス上がりの伊藤選手は錦織選手を通して世界のトッププレイヤー達との距離、可能性を掴んだことでしょう!
お互いが良い刺激を受け合いながら頑張っていって欲しいですね!!
それにしても錦織選手は復帰後3戦で6試合をこなし、その内、5試合がフルセットの接戦。。。腕の状態が心配です。
準々決勝では第4シードのアメリカの R. GINEPRI (元世界15位)と対戦します。



最後にATAの女子選手の話です。
月曜日の夕方、その選手は関東での合宿を終えて空路鹿児島に帰ってきました。当然その日の練習は「休む」と思っていましたが、空港から練習に直行して「何食わぬ顔」でボールを追いかけていました。
そして昨日は、バックハンドが振り切れていなかったので「どうしたの?」と聞いたら「学校で壁に激突して・・・・」 左手小指を見せてもらうと「骨折?!」という腫れ方をしていて直ぐに練習を止めさせました・・・・それにしても女の子が壁に激突したって何なんでしょうね(-_-;)良い子の皆さんは、指が曲がらないくらい腫れているのに「大丈夫です!」とは言わないでね(笑)

過保護に育てられている選手が多い中で、指導者の方から練習を止めさせないといけない選手は久し振りです(苦笑)。
この久し振りの感覚・・・「前」はいつだったかなぁ~

3年前の夏の馬場早莉との出来事を思い出しました!
全日本ジュニア(大阪・うつぼ)の1回戦が行われる「 前日の17時 」。大阪に着き明日の試合に備えている予定でしたが、雨の影響でスケジュールが大幅にズレ込み、まだ早莉は熊本のクレーコートで全中予選を戦っていました。
真夏のクレーコートでの試合が終わりシャワーも浴びずに駅に直行して早莉と私は新幹線に飛び乗り、大阪のホテルにチェックインしたのは、なんと夜中の0時半でした!!!

私:「睡眠を優先して明日の朝練は止めよう」
早莉:「ハードコートでぶっつけ本番は嫌なので練習したいです!」
・・・・話し合った末、睡眠時間4時間で朝6時にはハードコートで練習をしていました。
このような状況の中でも「将来ツアーを回るようになった時のテストだ!」と前向きにとらえて頑張りました。そして試合で敗戦した翌々日には、柳川の後輩の宮地プロの計らいで関西国際大学で練習もしました。(早莉は雨で水たまりが出来ても絶対に練習を止めないので、2人でびしょ濡れになりながら1時間半ボレー・ボレーをやり続けた事もありました。)

そんな「積み重ね」の成果でしょうか?!
翌年は単複で全日本ジュニア・ベスト4に入る選手に成長しました!



「肉体の限界よりも精神の限界のほうが先にくるものなので、そのリミッターを外すことが重要」

スピードスケートの清水宏保選手が言っていた、この言葉に「トップアスリート」たる所以を感じます。




錦織 圭 | 投稿者 arimura 17:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

アイスランド  タラハッシー

アイスランドといえば、首都レイキャビークで行われた歴史的な米ソ首脳会談でのレーガン大統領とゴルバチョフ書記長の握手する姿を思い出しますが、恥ずかしながら火山国家だとはあまり知りませんでした(苦笑)。
そのアイスランドの火山噴火・火山灰の影響でヨーロッパの約30カ国を発着する航空便の欠航が相次いでいます。

スロベニアで開催されるフェドカップ・ワールドグループ入れ替え戦に出場するために、成田発フランクフルト行きの航空機で出発する予定だった日本代表チームも欠航の為、出発を延期しました。

フェドカップ日本代表チームの伊達選手はブログで下記のように語っています。
 毎日、ギリギリまで欠航かどうか様子を見ながら行動が決まるのはさすがにキツイです。いつ、どこに、どうやって現地に入れるのか?今のところまったく目処が立っていません。練習のこと、現地に入ってからのこと、時差のこと、考え始めればあれこれとあります。どうしようもない状況とはいえフェドカップはどうなるのか?ITFからもいまだ方針がまったく出ないのでいつでも行ける状態でいなければなりません。 

火山は現在も噴火を続けていて、事態は長引く可能性があるとの事。。。
『桜島』という活火山がある鹿児島県民にとって、遠いの国の出来事とはいえ、人ごととは思えません。
アイスランドに一日も早く静けさが戻るように日本の南端より祈ってます。

 
今週の錦織圭選手はルイジアナ州バトンルージュからI-10で東へ移動し、フロリダ州タラハッシ―で開催されるチャレンジャー大会へ出場します。
1回戦の相手は第5シードで世界108位のJsse Levin(USA)です。
Levinはフロリダ大出身のレフティー!ジュニア時代には、ウインブルドン・ダブルスも制覇しています。
一昨年のジャパンOPでフェレールとの試合を観ましたが、左利き特有のスライスサーブを軸にオールラウンドなプレーをしてくる、なかなかの強敵だと思います。(小柄な選手ですが)

日本勢では、先週ドナルド・ヤングを破るなどしてベスト4に入った添田豪選手、伊藤竜馬選手も出場します。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭ベスト8進出  Baton Rouge

$50,000 Baton Rouge Challenger, Baton Rouge, LA, USA (Hard)
アメリカ、ルイジアナ州バトン・ルージュで開催されている男子テニス・チャレンジャー大会に出場中の錦織圭選手は2回戦で第1シードで世界93位のラジ―フ・ラムを破り、ベスト8進出を果たしました!!!

1回戦 錦織 圭 3-6 6-1 6-1  Brendan EVANS, (USA)
2回戦 錦織 圭 6-3 6-7(3) 6-3 Rajeev RAM(USA)(1)

<2回戦勝利後のコメント>
「今日も調子はよく、1回戦よりもよかったと思います。第2セットの最後をひどいゲームで落としましたが、第3セットに入ってまた調子を戻すことができました。とても気分がよく、腕が少し固くなっていますが、痛みは大丈夫です。明日は試合がないので、次は金曜日です。試合に復帰できて、とても楽しいです!!!」

2回戦で対戦した第1シードのラジーフ・ラム(世界93位)は、26才のインド系アメリカ人でイリノイ大学時代には全米学生王者になった逸材です。そんな相手に復帰第2戦で勝ってしまうあたりは、さすがですね!何より今のところ腕の痛みがないようで安心しました。
次の準々決勝では、世界ランク177位のKAMKE, Tobias(23才 ドイツ)と対戦します。


その錦織圭選手をいつも見ていて思うのは「自然体」だということです。特別扱いされない環境のアメリカで生活しているからでしょうか?
日本では写真週刊誌に狙われたり、「テニスの王子様」とチヤホヤされたりする彼もアメリカに渡れば「普通」の生活に戻れるので公私のメリハリがつきやすいのかなぁと思います。

アメリカの場合、有名人でも「プライベートな時間は、プライベートな時間」なので街中で偶然、有名人に会ったりしても群がって写メを撮ったりサインをねだるようなことはあまり無いと思います。
10代の頃から「世界的」なスーパースターだったアンドレ・アガシやタイガー・ウッズの卒業式にメディアが殺到したなんて話も聞いたことがありません(笑)。

プライバシーを重んじるところは、アメリカ人のほうが日本人より優れているかなぁ~と私は感じます。(フランス人はもっと?!)

ゴルフの石川遼選手の自宅は観光コースになっていてタクシー運転手などは、わざわざ気を利かして「ハニカミ王子の家」経由のルートで走ったりもすると聞きました。
遼君もアメリカに行けば、もっとノビノビと自然体でプレー&生活が出来るのかなぁ・・・。


錦織 圭 | 投稿者 arimura 13:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

圭 & 藍

先週、デルレイビーチ国際で11カ月振りに復帰した錦織圭選手のコメントがfacebookのkei nishikoriファンページに、英語で載っていましたので紹介します。

『ブラデイトンに戻っています。
1回戦で第3シードの選手に負けましたが、いくつか収穫がありました。一つは肘の調子が問題なく3セットの実戦をプレー出来たことで、もう一つの収穫はテニスのレベルが11カ月も実戦から離れていたにも関わらず非常に良かったということです。
これからもボラティエリでリハビリを続けて、次の試合に備えたいと思っています。
この最初のステップに満足しています。』


肘の調子が良いこと、プレーの内容に満足していることが文章から伝わってきて非常に嬉しく思います。
来週から始まるインディアンウェルズ、そしてマイアミ、ヒューストンにもプロテクトランキングでエントリーしているようです。
本当に楽しみになってきました。WOWOWで放送はないのかな?!





そして宮里藍選手が今週もやってくれました!
アメリカ女子ゴルフツアー第2戦、HSBCチャンピオンズ(シンガポール)で見事優勝!!
アメリカツアーで開幕戦からの2週連続優勝は44年振り!日本人での2週連続優勝は初!
前回も書きましたが「特長を伸ばすことに重点をおいた練習」に切り替えたことで自信を取り戻し、昨年中盤までのスランプがウソのような迷いのないスイングをしているようです。
少し気が早いですが、今年のアメリカツアー賞金女王、そしてチャコ・樋口(久子)以来のメジャータイトル奪取にも期待が持てるのではないでしょうか!
今大会9位と健闘した鹿児島県人横峯さくら選手の活躍が霞んでしまったのは、同郷の人間として少し寂しいですが(笑)。


錦織 圭 | 投稿者 arimura 13:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

Delray Beach & Vancouver

Delray Beach(アメリカ フロリダ州)

錦織圭選手がWilson BLX Tour 95を片手に11カ月振りに復帰しました!!!
舞台は、2年前にツアー初優勝を成し遂げたデルレイビーチ国際テニス選手権。


錦織 圭 36 61 06 3)Benjamin BECKER (GER)

試合の映像をまだ観ていないので何とも言えませんが・・・
出来ることなら野球選手がマイナーリーグで試合勘を取り戻してからプレーするようにチャレンジャーやフューチャーズの実戦を経て「ツアー」でプレーしたかったと思います。
でもそこはさすが我らが錦織圭!!復帰初戦で世界40位のベンジャミン・ベッカーを相手にファイナルセットまで縺れる試合をしたのは上出来ではないでしょうか?!
私は何より彼がコートに立っているだけで嬉しいです。ファイナルセットの一方的なスコアが肘の痛みでないことを祈るのみですね。


Vancouver(カナダ ブリティッシュコロンビア州)

昨日のフィギア女子ショートプログラムに釘付けだった方は多いと思います。
浅田真央選手の演技、本当に素晴らしかったです。カワイイ「少女」のような笑顔も最高でした!
彼女の事を小さい頃からメディアを通して知っているからでしょうか?感情移入してしまい演技を見た後は感激している自分がいました。
ニッセイのCMでゆずが歌っている「虹」のサビの部分「越えて♪越えて♪越えて♪~」が頭から離れないのは私だけでしょうか?(笑)。
そして、浅田選手の直後に滑ったキム・ヨナ選手の素晴らしい演技、メンタルの強さには現世界チャンプのプライドを感じました。彼女の演技に少女ではなく、大人の「女性」を感じた方も少なくなかったのではないでしょうか?!
二人が大きなプレッシャーの中、ベストを尽くしあっている姿にスポーツの素晴らしさを感じます。明日のフリーでもお互い持っている力を出し切って頑張って欲しいですね!!

それにしても今回の冬季オリンピック、韓国勢の活躍が目につきます。メダル数も金5、銀4、銅1!!
同じ東アジアに住む人間として励みにしたいですね!!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 15:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

Kei  Ai  Daisuke

錦織圭選手がWilson社のニューラケット「Tour BLX95」を片手に、2年前に18才でツアー初制覇を成し遂げた縁起の良い大会「デルレイビーチ国際テニス選手権(ATP250)」に出場!!
2009年の3月以来、11ヶ月振りの公式戦出場で1回戦では、第3シードで世界ランク40位の強豪、ベンヤミン・ベッカー(ドイツ)と対戦します。
11か月振りの実戦の上に強豪と対戦ですので過度な期待は出来ませんが非常に楽しみですね!テレビ放送はあるのかな?!



そして宮里藍選手!アメリカ女子プロゴルフツアー開幕戦「ホンダLPGA」で首位と6打差を大逆転しての優勝!!長いスランプに苦しんだ時期もありましたが、特長を伸ばすことに重点を置いた練習で昨年見事に復活しました。
沖縄本島北部の大自然「やんばる」で「学校一番・ゴルフ二番」の教育方針で育った素敵なゴルファーはツアー2勝目を挙げました!
アメリカで活躍するゴルファー(宮里藍、今田竜二、丸山茂樹)の血液型にB型が多いのは偶然でしょうか?(笑)

バンクーバーオリンピック・フィギアスケートの高橋大輔選手の銅メダル良かったですねぇ!2年前のシーズンを怪我の為、棒に振った彼のカムバック劇には頭が下がります。
容姿も生き方もカッコいい彼の姿に憧れて男子でも世界を目指す選手が増えてくるでしょう!今週ある女子フィギアも頑張って欲しいですね!

スノーボードのショーン・ホワイトの演技を観ましたか?凄かったでしょう?!スケボーでも世界一って、テニスとスカッシュで世界一みたいなものですもんねぇ~!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

Kei & Hideki

Kei
右肘の故障で長期休養中の錦織圭選手。
術後の経過は順調なようです。スポンジボールですが、ラケットを握ってプレー出来るように回復しています。(画像が錦織圭公式HPhttp://keinishikori.com/index-j.htmlに掲載されています。)
右利きの錦織選手が左手でテニスをしている画像を見ましたが、これが本当に上手いです!!
ツアーを回っているとなかなか左手の感覚だけを磨く時間もなかったと思います。今回のことが両手打ちバックの向上や体の使い方等に活きてくればいいですね!
現在400位台まで世界ランクは落ちてますが、公傷が認められ106位のプロテクトランクでエントリーが可能とのこと!しっかりと治してコートに立って欲しいですね!!


Hideki
ワールドシリーズでMVPを受賞したニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手。

シリーズ6試合で13打数8安打、打率6割1分5厘、3本塁打、8打点!!
特に優勝を決めた第6戦の4打数3安打、1本塁打、6打点は凄すぎます。
メジャーに来て7年、左手首、両膝の手術を経験する等、決して順調とは言えなかった中でのゴジラの大暴れ!!報われましたね!
4年契約の最後の年で見せた意地!!
今後が注目されます。

錦織 圭 | 投稿者 arimura 16:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

1989年生まれの夏!


錦織圭 1989年12月島根県生まれ。
右肘の疲労骨折の為、長期休養中でしたが右肘の痛みが取れなかったため、内視鏡検査を実施した結果、MRI検査では発見できなかった小さな間接軟骨の損傷とそれに伴う滑膜の炎症が認められ、即座に炎症を起こしている滑膜の切除と軟骨の損傷部分の処置を行ったとのこと。
痛みなくラケットを振ることができるようになるには、さらに6-8週間程度のリハビリ期間が必要・・・・今年中の復活は難しいかもしれませんが、エアKが戻ってきてくれるのを待ちましょう!!





片山翔 1989年5月福岡県生まれ。
2年前に二本松一さん(柳川卒)以来のインターハイシングルス2連覇を達成した男は、土橋登志久さん(柳川卒)が監督を務める早稲田へ進学し、昨年はインカレダブルスチャンプに、そして今年はインカレシングルスチャンプになりました。
グランドストロークやサーブも素晴らしいですが、劣勢な状況から必ず自分の流れに持ってくる彼の粘り強さと集中力は見ているものを惹きつけさせます。
大学テニスから「世界」を目指して頑張ってほしいです!!





小吹学・英 1989年5月鹿児島県生まれ。
最後に教え子のツインズを!!
この兄弟と保原充宏(明治大)の3人が鹿児島で最初の教え子達です。

写真は、教え子と飲むのが「夢」だった私に練習後付き合ってくれた二人です。実際は車の運転があったため、英しか飲めませんでしたが(涙)。

現在、学は宮地弘太郎監督(柳川卒)率いる関西国際大で、英は地元の鹿児島国際大でそれぞれインカレ目指して頑張っています。


1989年=平成元年・・・・高校最後の暑い夏を思い出します。





錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:05 | コメント(3)| トラックバック(0)

Kei & Kimiko

テニス選手に故障はつきものですが、今回の錦織圭選手の全仏オープン欠場と伊達さんの棄権は本当に残念でしたね。明日WOWOWで放送予定の「全仏開幕直前スペシャル 錦織・クルム伊達・杉山 それぞれの世界挑戦」録画予約したばかりだったのに・・・・(涙)。

錦織選手は5セットマッチを戦うにはまだ肘に不安があるとのことで今回の判断をしたようです。1月のオーストラリアで痛みが出てからなので、長引いているのが心配ですが、まだまだ先があるので焦らず完治させてほしいですね!

写真は今年4月のボラティエリでのトレーニング風景。後ろはアメリカ期待の新人ライアン・ハリソンでしょうか?

Air-Kと呼ばれる錦織選手の打ち方ばかりが雑誌やテレビ等で扱われてますが、彼のコートカバーリング能力も素晴らしいものがあります。昨年の全米オープン3回戦フェレール戦でのマッチポイントを見れば一目瞭然だと思います。
テレビでテニス観戦の際もボールを追いかけるだけでなく、そのような視点にたってみると違った事に気付くかもしれませんね!!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 10:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

Kei の K

ATP・WTAツアーは本格的に赤土のシーズンになってきました。先々週にモンテカルロで5連覇を成し遂げたナダルは先週のバルセルナでも5連覇達成!!
単純に比較はできませんが、クレーでの強さは、ビラスやボルグといった伝説の選手を超えた感がします。



そして怪我の為、戦列を離れていた錦織圭が6週間振りにフロリダで練習を再開したようです。20分程度の軽めの練習だったようですが、あと3週間後に迫った全仏オープンでは彼の元気な姿が見れるのではないでしょうか。

写真は2004年のKeiのフォアハンド!
私の大学時代の恩師(岩島先生)がIMGアカデミーで1年間一緒に生活していたので「凄い」という話は当時から聞いていました。オレンジボウルU14決勝の映像を見た時は雷で打たれたような衝撃を受けました。ラケットを手のように扱い、どんな体勢からでも早いテンポで打ってくる。そしてあのフォアハンドの当たりやジャックナイフ!!
彼の映像を見て分かると思いますが、彼の打ち方は独特です。この打ち方を見て「このままでは伸びない」という関係者も少なくなかったと聞きます。特にバックハンドのグリップは変形ですが、ボロテリーやブレット、修造さんはそれを彼の「個性」としてとらえ、変える必要はないと判断したそうです。おそらく「型」にはめてしまう指導を受けていたら今の彼はなかったのではないでしょうか。
その彼もまだ19歳!我々もあまり早急に結果を求めずに長い目で温かく応援しないといけないですね!将来必ずグランドスラムタイトルを取る逸材ですから!!!



私が日頃お世話になっているウイルソンのサイトに「錦織圭情報サイト」がオープンしましたのでチェックしてみてください。

http://wilson-tennis.jp/news/contents/641


最後にATAの話題をひとつ!
今週末の九州小学生大会(大分市)に県チャンピオンとして米田伊織が出場します。Keiと同型ラケットK-Tourを片手にベストを尽くしてくれると思います。私は大分に行くことはできませんが、故郷から応援しています。
きばいやんせ!!

錦織 圭 | 投稿者 arimura 14:32 | コメント(0)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2013年 9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。