tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

全国選抜高校  2012

第34回全国選抜高校テニス大会が博多の森で開催され男子団体で「母校」柳川(福岡)が昨年覇者の相生学院(兵庫)を3-0で破り、2008年以来4年振り17回目となる優勝を果たしました。

本田監督そして本村コーチおめでとうございます。(いずれも柳川OB)


4年前の優勝・・・
この時にチームの大黒柱としてプレーしたのが、ATA出身の片谷祥吾(現 中央大学)でした。
主将としてそしてチームの勝利の為にダブルスでプレーした姿を思い出すと今でも目頭が熱くなります。(夏のインターハイではシングルス№1で出場)

昨年、1年生ながら柳川伝統のダブルスで大活躍したATA出身の岡村修平は今回控えに回りましたが、このような経験も長い人生では大切な事。
この悔しさを最後の夏にぶつけてくれればと思います。(誠も頑張れ!)

会場内では福井烈元デビスカップ日本代表監督、植田実元フェドカップ日本代表監督をはじめとした多くの柳川OB、OGの方々と再会を果たす事が出来ました。後輩達も見守って頂き心強かったと思います。
本当に有難うございました。





今大会、ATA関係では3名の選手がプレーしました。

大西なぎさ (早稲田実業 2年)
池之上理宇 (鳳凰 2年)         
羽生愛美  (鹿児島純心 2年)    



残念ながら愛美の試合は観戦できませんでしたが、なぎさ、理宇の元気にプレーしている姿を見る事が出来て嬉しかったです。(しかも2人とも勝利!)
3人にとって本当に貴重な経験だったと思います。高校最後の夏に向けて頑張って欲しいですね。
若いっていいなー!!

この晴れ舞台に出れる選手達は皆、日本独特の「部活」に属している選手ばかりです。(韓国も同じようなスタイル)
部活に属しているという事は当然「権利」だけではなく「義務」も出てきます。
つまり自分の為だけではなく仲間の為に汗を流す事を求められるということです。

この事を「非合理的」、「時間のロス」と思うか「社会勉強」、「若き日の良い経験」と考えるかは人それぞれだと思いますが、私自身は今でも心の支えになっています。



この大会から古くは松岡修造さん、伊達公子さん、杉山愛さん、沢松奈生子さん・・・・そして先週世界トップ100入りを果たした伊藤竜馬選手が巣立っていった歴史を紐解くと様々なことも見えてくるかもしれませんね!






私のもう一つの「母校」鹿屋体大のOBも監督として今大会に出場していました。

若林勇希(名古屋経済大市邨)はチームをベスト8に大園洋平(大分舞鶴)はベスト16(準優勝の相生学院に惜敗)に導きました。
(4月からは強豪宮崎商業をOB菊池誠が率います。)

大隅半島の白水台地で汗を流した仲間達が指導者として頑張っている姿も刺激になります。
今後もお互い頑張っていきましょう!!
(勇希、トヨタジュニア@名古屋ではお世話になります。)


ATA関係 | 投稿者 arimura 12:40 | コメント(0) | トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2012年 3月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。