tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

伊達公子のコーチング!!

昨日の練習後、所用で鹿児島に来られていた岩本功さんと食事に出かけました。会うのは半年振りでした。
皆さんご存知だとは思いますが、功さんは現在『伊達公子』さんのコーチを務められています。連絡をする度にカリフォルニアにいたり、フロリダにいたり、スペインにいたり・・・伊達さんと共にハードなツアーを回られてます。

38歳、12年のブランクを経て、ツアーにカムバックしてきた伊達選手へのサポートや指導方法の話等を聞くことが出来たのは今後のコーチングにも活きてくると思います。そんな話をしていたらあっという間に時間が過ぎ、時計を見たら2時!!本当に楽しかったです。
有意義な時間を有難うございました。日本の南端から応援してます!!
テニス | 投稿者 arimura 20:56 | コメント(2)| トラックバック(0)

ジュニアデビスカップ&フェドカップ

ATP・WTAツアーはヨーロッパ、アメリカのクレーコートシーズンに入ってきましたね。モンテカルロで5連覇を果たしたナダル!本当に凄いですねぇ!!

ところで南半球オーストラリアのグラスコートで16才以下の国別対抗戦ジュニアデビスカップ(男子)&フェドカップ(女子)のアジア・オセアニア予選が開催されました。

大前選手、尾崎選手、IMGアカデミー留学中の牟田口選手の日本女子チームは地元オーストラリアとの決勝戦を制して見事優勝!!世界大会へ駒を進めました。(左端の駒田監督とはインカレで対戦したことがあります。)
日本男子チームは5位で残念ながら世界大会への出場を逃しましたが、私一押しの蜂谷選手は単複に奮闘していたようです。


写真は地元オーストラリアチーム。なんと男子監督は二度のUSオープン覇者のパトリック・ラフターで女子はアテネオリンピック銅メダリストのモリック!!



オーストラリアチームの練習ではラフターが球出しをしてます。この自然な感じが魅力的ですね!ラケットのステンシルマークが「P」ででなく「D」社のものです。



毎年ATAの練習で指導してくださる宮地弘太郎プロ(現ユニバシアード日本代表監督)はジュニアデビスカップ世界大会でマルセロ・リオス(後の世界ランク1位)に勝ったことがあります。
ジュニア時代から世界の舞台で戦っていた宮地プロは今年も5月末に来鹿予定です。
ジュニアテニス | 投稿者 arimura 14:31 | コメント(4)| トラックバック(0)

日本新!!!

日本人最多の通算3086安打の「日本新」を達成したイチロー選手!本当に凄いの一言ですが、メジャーでは歴代20位?!というのにはもっと驚きました。トップのピート・ローズは、なんと4256安打!!
記録を抜かれた張本さんの潔さも「あっぱれ!!」でしたね。

私の師匠の児玉光雄先生が「イチロー本」を書いてますので本屋でチェックしてみてください!!

児玉先生は京都大学工学部、UCLA大学院卒で住友金属でサラリーマンをされた後、テニスコーチになられた異色の経歴の方で、京大在学中にはインカレベスト8に入った凄腕テニス選手でもあります。現在は鹿屋体育大学教授でスポーツ心理学が専門です。「イチロー本」は野球だけでなく、スポーツ全体に通じる共通点がたくさんありますので、テニス選手にもお勧めです。



そして昨日、今日で二つの『日本新』を出した選手がいます。鹿屋体育大学OBの高桑健選手です。

競泳日本選手権にて昨日の400M男子個人メドレーと今日の200M男子個人メドレーで二つの日本記録を更新しました。

岩崎恭子選手等を輩出した水泳の名門日大三島高校から鹿屋体育大学へ進学、現在自衛隊体育学校に所属する高桑選手は昨年の北京オリンピックでは200M個人メドレーで5位入賞した逸材!!
柴田亜衣選手と共に鹿屋の地から世界へ羽ばたいていった「高桑健」に注目してください!!

スポーツ全般 | 投稿者 arimura 21:22 | コメント(2)| トラックバック(0)

マスターズ ゴルフ

今朝まで行われていたマスターズゴルフ!テニスでいうとウインブルドンみたいなものでしょうか?!

マスターズが行われるジョージア州オーガスタはサウスカロライナ州との州境の街で私の住んでいたヒルトンヘッドからは車で1時間半位の場所。10年前に一度だけ行ったことがあります。
写真は99年の5月。オーガスタナショナルゴルフクラブのメインゲート。1カ月前にマスターズが開催された場所とは思えないほどの地味さ。



小さな看板にはmembers onlyの文字。世界で最も敷居が高いプライベートクラブの一つです。


メインゲートとクラブハウスを結ぶ有名な 『マグノリアレーン』。

今回のマスターズ中継は観れない時間は録画をして4日間すべてテレビ観戦しました。

片山晋呉
独自のスタイル(ファッション・攻め方・生き方)を貫く片山選手の4位は「ひょっとしたら」という期待を持たせられました。テンガロンハットとウェアに日の丸をつけてプレーしている姿はサムライジャパンそのものでした。

今田竜二
私は彼のことが大好きです。初めて見たのは、彼がジョージア大の学生として短パン姿でプレーしている時でした。
ジュニア時代はタイガーと共に将来を期待された逸材でしたが、プロになってからは下積みを重ね、今回32才にして初めてマスターズに出場!結果は20位。素晴らしかったです。
14才で単身渡米の際には自宅最寄りのJR三原駅までしか送りに行かなかったという御両親も立派です。
全英オープン出場時には「14才からアメリカにいましたけど、ヨーロッパに行ったことなかったんですよね」と気さくに語っていた広島県人を応援しています。

石川遼
彼の潜在能力とスター性に疑問の声を上げる人はいないでしょう。17才でマスターズをプレーしている姿は「凄い」の一言ですが・・・彼を見てゴルフ界のレジェンド達は以下のような感想も述べてました。
アーノルド・パーマー「彼に望むのはただひとつ。普通の高校生としての生活をしてほしい。」
ジャック・ニクラウス「結果を焦らなくていい。ゆっくり経験を積んでいって欲しい。」
タイガー・ウッズ「彼は大学に行ってプレーした方がいいと思う。人間的な成長がゴルフ選手としての成長にも役立つはずだから。」

伝説の選手達が口を揃えていう言葉に過熱する日本のマスコミや我々ファンも耳を傾けるべきではないでしょうか!!
スポーツ全般 | 投稿者 arimura 14:30 | コメント(4)| トラックバック(0)

センバツ

3月末に全国選抜高校テニス大会(福岡)が開催され、ATA出身者の平原しおり(柳川2年)と西田浩輝(鳳凰1年)が、それぞれ九州チャンピオンチームの一員として出場しました。

結果は柳川女子が2年連続のベスト4!鳳凰男子は2回戦敗退でした。

柳川女子はベスト4の壁を越えることができず、本当に悔しかったようです。
全国ベスト4は立派な成績だと思いますが・・・伝統校の宿命ですね。
それぞれの敗戦をバネに夏のインターハイに向けて頑張ってほしいです。

センバツの詳細は以下のサイトに載ってます。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/sports/feature/tennis2009/news/20090326-OYS1T00277.htm





ATA関係 | 投稿者 arimura 10:36 | コメント(2)| トラックバック(0)

雨は冷たいけど♪

九州ジュニア予選が終わった翌日からはまた次の戦いが始まってます。

宮崎で行われた南日本ジュニアではU14女子の福永雛乃、U16女子の羽生愛美がシングルスでそれぞれ「優勝」!!九州ジュニア予選のシングルスでは悔しい思いをした二人だっただけに直後の試合で優勝という二文字を掴んでくれて自信になったと思います。おめでとう!!

福岡で行われたU14九州ジュニア対抗戦では鹿児島県チームの№1で林田誠がプレーして、シングルス3勝1敗と活躍しました。誠はダブルスでは既に九州チャンピオンになっている選手です。今回のシングルスでの活躍を自信にして、大きなテニスを目指して頑張っていってほしいです。

3人とも沖縄からの連戦で疲れていたはずですが、良く頑張ったと思います。


昨夜のATA練習では、みんな雨の中にも関わらず最後まで一生懸命ボールを追いかけてました。
雨は冷たいけど・・・・・頑張るぞ!!!
ATA関係 | 投稿者 arimura 16:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

樋口杯ジュニア

今日は、九州ジュニア鹿児島県予選「樋口杯ジュニア」の最終日でした。
我がATAで九州ジュニアへ進出したのは、以下の選手でした。
米田伊織  U12男子 単 3位    複 準優勝  
林田誠   U14男子 単 準優勝  複 準優勝
福永雛乃  U14女子 複 準優勝
大西なぎさ U16女子 複 準優勝
羽生愛美  U16女子 複 準優勝

今回は残念ながら「優勝」の二文字を掴むことはできませんでした。準優勝者が5人・・・・今回の試合で多く見られたのが、接戦になった時にいつものプレーが出来ない・ラケットが振り切れなくなる、展開が遅い、そして何よりボールに対する執着心がチャンピオンより劣っていたと思います。

出場した全てのメンバーそれぞれが新たな課題を胸に、これからの試合へ向けて頑張っていきたいと思います。

最後に・・・・試合が予定より早く終わったので7面のコート全てが練習コートで開放になりました。でも最後まで練習したのはうちのチームの裕紀、雛乃と私だけでした。
この小さな努力が必ず結果に繋がるのです。
ATA関係 | 投稿者 arimura 22:24 | コメント(4)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2009年 4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。