tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

大激戦集

錦織圭選手の肘の疲労骨折が判明して、全米OPまでアウトじゃないの?!と一気にやる気がなくなっていたここ数日・・・・・でも全仏オープンの激戦をテレビ観戦していて、少しやる気が戻ってきました(笑)。
あなたは錦織の何なのと言われそうですが(苦笑)。


男子2回戦  フェデラー 7-6(2),5-7,7-6(2),6-2 アカスソ
アルゼンチン出身の26才のアカスソは今年もクレーでツアー優勝している典型的なクレーコ―ターです。
第1セットのタイブレーク3-6、第3セットゲームカウント1-5から大逆転したフェデラーのプレー・精神力は凄かったです。プライベートでは結婚して秋には父親になる彼の悲願の全仏優勝を応援しています。



女子2回戦  ヴィーナス・ウイリアムス 6-7(5),6-2,7-5  サファロワ
この試合もファイナルセット4-5のヴィーナスのサーブ、相手のマッチポイントがあったところからの逆転劇でした!!
数年前のウィンブルドンで森上選手相手にファイナル3-5からまくった試合も記憶に新しいと思います。


女子2回戦 シャラポワ 7-6(2),1-6,8-6 ペトロワ
第11シードで全仏ベスト4に2回入ったことがあるペトロワとの試合も凄かったです。それにしてもシャラポワの接戦・激戦での強さは天下一品ですね!

先日宮地プロと話していた時も「ファイナル5-5の時に・・・・」という話が多かったです。
普段華麗なプレーをみせる世界のトップ選手がプレッシャーのかかった場面でどのようなプレーをするのかをじっくりと見たいと思います。






テニス | 投稿者 arimura 16:06 | コメント(2)| トラックバック(0)

宮地弘太郎プロ 来る!!

先週末、ユニバシアード日本代表監督を務める宮地弘太郎プロとATA卒業生の小吹学と中村淳一がATAの練習に参加、指導してくれました。

(写真前列中央が宮地プロ、同左が中村淳一、右が小吹学。共に宮地プロが教鞭をとる関西国際大学2年生)

現役時代にはデビスカップ日本代表選手、ユニバシアード銅メダル、全日本準優勝2回・・・・等々。世界№1にもなったマルセロ・リオスにも勝ったことがあります。

伝統校でなく「新しい大学」の監督に挑戦するパイオニア精神や毎日、選手達と「現場」で汗を流す指導者としての姿は素晴らしいです。

宮地プロは私の2つ下の後輩ですが、中学2年から柳川に来ていたので「同期」で地獄の生活(笑)下積みを一緒に経験した「戦友」です。また元エリート選手には珍しい(?・笑)謙虚な人柄もあって今でも家族ぐるみでお付き合いさせてもらってます。

今回で3回目になった宮地プロとの練習。
毎回ひとりひとりとラリーをしてくれて「世界」を感じさせてもらっています。決して教え過ぎずに選手に気付かせようとしている姿や「プレッシャーのかかった場面でどのようなプレーをするのか?」「日々保護者の方や関係者に感謝の心を持たなければテニスが強くなっても一緒」といったアドバイスは子供達の心に響いたと思います。
本当に有難うございました。次回はもっと成長した選手達を見せられるように頑張ります!
ATA関係 | 投稿者 arimura 11:27 | コメント(4)| トラックバック(0)

Kei & Kimiko

テニス選手に故障はつきものですが、今回の錦織圭選手の全仏オープン欠場と伊達さんの棄権は本当に残念でしたね。明日WOWOWで放送予定の「全仏開幕直前スペシャル 錦織・クルム伊達・杉山 それぞれの世界挑戦」録画予約したばかりだったのに・・・・(涙)。

錦織選手は5セットマッチを戦うにはまだ肘に不安があるとのことで今回の判断をしたようです。1月のオーストラリアで痛みが出てからなので、長引いているのが心配ですが、まだまだ先があるので焦らず完治させてほしいですね!

写真は今年4月のボラティエリでのトレーニング風景。後ろはアメリカ期待の新人ライアン・ハリソンでしょうか?

Air-Kと呼ばれる錦織選手の打ち方ばかりが雑誌やテレビ等で扱われてますが、彼のコートカバーリング能力も素晴らしいものがあります。昨年の全米オープン3回戦フェレール戦でのマッチポイントを見れば一目瞭然だと思います。
テレビでテニス観戦の際もボールを追いかけるだけでなく、そのような視点にたってみると違った事に気付くかもしれませんね!!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 10:28 | コメント(2)| トラックバック(0)

県中学生大会 & グラスホッパ

鹿児島県中学生大会とグラスホッパ鹿児島県予選(小学生以下)が昨日まで開催されました。
九州中学への切符を獲得したATAメンバーは以下の通りでした。

池之上理宇 S3位
北島裕紀  S4位 D4位
林田誠    S6位 D準優勝
宮路啓太  D優勝
時岡悠    D4位
羽生愛美  S5位
大西なぎさ D準優勝
福永雛乃  D準優勝

グラスホッパ
米田伊織  S準優勝

前日の暑さと最終日の強風&雨&寒さの難しいコンディションの中、皆一生懸命ボールを追いかけていたと思います。が厳しい言い方をすると1セットマッチを数試合しただけで体力・精神の限界にきている姿はテニス選手としては反省しなければいけないと思います。
私自身も今回の試合を通じて新たな課題をみつけることができました。7月の九州ジュニア・九州中学へ向けて日々の練習を頑張って行きたいと思います。
ATA関係 | 投稿者 arimura 11:12 | コメント(4)| トラックバック(0)

東京オリンピック!!

「東京、マドリード、シカゴ横一線か」
2016年夏季五輪招致を争う4都市をシカゴ、東京、リオデジャネイロ、マドリードの順に訪問したIOC評価委員会の現地調査が終了したのを受けての今朝の朝刊の見出しです。
4年に一度のオリンピックは私が言うまでもなく世界最大のスポーツを超えたイベントです。そのオリンピックが地元で開催されるメリットは計り知れないものがあると思います。経済効果やスポーツ振興もそうですが、オバマ米大統領の「Yes, We Can!」のフレーズのような「目標に向かって頑張る!やれば出来る!」といった感情的な部分が今の日本には必要な気がします。
2016年東京五輪「頼む!決まってくれ!!」という気持ちです。

写真は幻の「福岡オリンピック」招致のバッジ!!

95年のユニバシアード開催や数々の国際大会を成功させた実績のある福岡も十分に基準を満たしていたと思いますし、地元の支持率も高かったはずでしたが・・・・・・。(95年ユニバ福岡大会では宮地弘太郎プロがシングルス銅メダルを獲得。)
スポーツ全般 | 投稿者 arimura 10:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

高校日本代表コーチ来る!

ATAの練習に福永二朗さんが来られました。福永さんは現在ウイルソンに勤務されていて、全米オープンに派遣される高校日本代表チームのコーチも務められています。

写真は福永二朗さんとATAメンバー

福永さん自身も高校時代に日本代表メンバーに選出され、全日本ジュニア室内優勝等の輝かしい実績を残された方です。私の一つ上の先輩(柳川高)でもあり、今でもテニスにプライベートに大変親しくしていただいています。


写真はネット上にロープを張ってのボールの軌道を意識した練習の説明をしている様子。
日本のデ杯チームもクレーで行われるウズベキスタン戦の対策として同じ練習をしていたようです。
高い軌道を意識しながらラリーをして、それにタイムプレッシャーを加えていき、立ち位置・ボールのスピード・テンポ・準備等を考えさせられる大変効果的な練習方法だったと思います。

技術からメンタルにわたる「胸に響く指導」にATAメンバー一同、そして私も大変勉強になりました。
次回来ていただける時には皆が進歩しているように南の地で頑張ります!!
本当に有難うございました。
ATA関係 | 投稿者 arimura 14:03 | コメント(2)| トラックバック(0)

Kei の K

ATP・WTAツアーは本格的に赤土のシーズンになってきました。先々週にモンテカルロで5連覇を成し遂げたナダルは先週のバルセルナでも5連覇達成!!
単純に比較はできませんが、クレーでの強さは、ビラスやボルグといった伝説の選手を超えた感がします。



そして怪我の為、戦列を離れていた錦織圭が6週間振りにフロリダで練習を再開したようです。20分程度の軽めの練習だったようですが、あと3週間後に迫った全仏オープンでは彼の元気な姿が見れるのではないでしょうか。

写真は2004年のKeiのフォアハンド!
私の大学時代の恩師(岩島先生)がIMGアカデミーで1年間一緒に生活していたので「凄い」という話は当時から聞いていました。オレンジボウルU14決勝の映像を見た時は雷で打たれたような衝撃を受けました。ラケットを手のように扱い、どんな体勢からでも早いテンポで打ってくる。そしてあのフォアハンドの当たりやジャックナイフ!!
彼の映像を見て分かると思いますが、彼の打ち方は独特です。この打ち方を見て「このままでは伸びない」という関係者も少なくなかったと聞きます。特にバックハンドのグリップは変形ですが、ボロテリーやブレット、修造さんはそれを彼の「個性」としてとらえ、変える必要はないと判断したそうです。おそらく「型」にはめてしまう指導を受けていたら今の彼はなかったのではないでしょうか。
その彼もまだ19歳!我々もあまり早急に結果を求めずに長い目で温かく応援しないといけないですね!将来必ずグランドスラムタイトルを取る逸材ですから!!!



私が日頃お世話になっているウイルソンのサイトに「錦織圭情報サイト」がオープンしましたのでチェックしてみてください。

http://wilson-tennis.jp/news/contents/641


最後にATAの話題をひとつ!
今週末の九州小学生大会(大分市)に県チャンピオンとして米田伊織が出場します。Keiと同型ラケットK-Tourを片手にベストを尽くしてくれると思います。私は大分に行くことはできませんが、故郷から応援しています。
きばいやんせ!!

錦織 圭 | 投稿者 arimura 14:32 | コメント(0)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2009年 5月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。