tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

アガシお前もか?!

国内外問わず、芸能界やスポーツ界だけではなく社会問題となっているドラッグ汚染!
今回はあのアンドレ・アガシ?????


来月発売される自叙伝「Open」の中で、現役時代に依存性の高いクリスタル・メタンフェタミンと呼ばれる興奮剤を使用していたことを明かし、吸引したときの様子なども書かれているとのこと。
しかも1997年のドラッグテストで「クロ」の判定を受けた後、偽りの事情説明をしてATPの処分から逃れた事実までも・・・・テニス界には大きな衝撃が走っています。


1997年と言えば女優ブルック・シールズとの結婚生活中。パーティーに明け暮れ、極度の不調に陥り世界ランクも140位台まで下がっていました。
あのドン底からの復活劇は本当に劇的でしたが・・・・。

以前コカインを使用していたことを認めているマッケンローといい、アガシといい・・・・二人とも超有名女優と結婚していた事とは無縁ではないかもしれませんね(涙)。


それにしても経済的にも家庭的にも恵まれ、名誉まで手にしているはずの今「なぜ?」という心境です。

本当に残念。。。。。



テニス | 投稿者 arimura 10:33 | コメント(2)| トラックバック(0)

世界スーパージュニア

先週末まで大阪市長杯世界スーパージュニアが大阪・靭で開催されていました。
以前はJALカップ、コカコーラスーパージュニアとして湘南で開催されていたジュニア最高峰の大会!!

歴代の活躍した選手を振り返ると男子では、今年のウインブルドン準優勝のロディック(99年複優勝)、今年のジャパンオープン優勝のツォンガ(03年準優勝)、現在世界15位のチリッチ(05単複優勝)、そして錦織圭(15才で出場した05年単ベスト4)、女子では、元世界ナンバーワンのモーレスモ(96年単優勝)やサフィナ、クズネツゥワ、そして今年のUSオープン準優勝のウォズニアッキ(04年単優勝)等々、現在世界のトップで活躍している多くの選手達がこの大会をステップにしてプロのステージへ駆け上がって行きました。


Van Der Meerで一緒に汗水流したPeter Handoyo(インドネシア)は97年の男子ダブルス優勝者!!




今年の大会結果は以下の通りでした。
 
 <男子シングルス> 
優勝 ジェイソン・マレー・キュブラー(オーストラリア)
準優勝 江原弘泰

<女子シングルス> 
優勝 クリスチナ・ムラデノビッチ(フランス)
準優勝 チメア・バボス(ハンガリー)

<男子ダブルス> 
優勝 ピーレ・ヒューゲス・ヘルバルト(フランス)、謝政鵬(台湾)組
準優勝 江原弘泰、内山 靖崇組

<女子ダブルス> 
優勝 チメア・バボス(ハンガリー)、クリスチナ・ムラデノビッチ(フランス)組
準優勝 マイ・グレージ(デンマーク)、鄭賽賽(中国)組


ジュニア卒業後プロ転向する江原弘泰選手のシングルス準優勝は素晴らしいですね!
彼の闘志あふれるテニスに多くの方が惹きつけられるのではないでしょうか?!

今夏アメリカから帰国、日本に拠点を移した内山靖崇選手はシングルスベスト4、ダブルス準優勝の活躍。
ボラティエリ仕込みのダイナミックなプレーにも注目していきたいですね!
 
ジュニアテニス | 投稿者 arimura 15:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

日本オープン!!

先週末のゴルフ「日本オープン」を制したのは、鹿児島県人小田龍一選手でした。



プロ初勝利がメジャータイトル!!
優勝賞金4000万円と5年間の国内ツアーシード権を獲得。

石川遼選手、今野康晴選手とのプレーオフは、一打一打状況が変わる目まぐるしさで本当に見応えがありましたし感動しました!

BSの福永先輩、藤さん!おめでとうございます。良かったですね!!




所属先は地場企業のmisumi!
misumiの経営するガソリンスタンドでは「小田龍一優勝記念」と銘打って26日まで3円引き/1の大特売!!
早速満タンにしてきました(笑)。


現在も鹿児島市で生活する御人好しの薩摩隼人はビッグなビッグなタイトルを手にしました。
そして来年の全英オープンへの出場が決まったとのこと!!
鹿児島から世界へ羽ばたいていってほしいですね。

チェストォォォー!!!




スポーツ全般 | 投稿者 arimura 16:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

上海&北カリフォルニア&鹿児島

上海で開催されていた男子テニスの上海マスターズ(賞金総額 324万ドル)は決勝戦が行われ世界8位の二コライ・ダビデンコが世界2位のラファエル・ナダルを7-6、6-3で下し今季4勝目を飾りました。

ダビデンコはプリンスから契約更改されなかったり、ウェアのスポンサーが長い間つかなかったり、実力者なのにルックスを含めてかなり地味な選手(ヘアースタイルはクール?!)です。。。
マシーンのようにオープンコートに打ち込むグランドストロークは特に激ウマです!是非チェックしてみてください。
それにしても今大会、フェデラー、マーレーの2人の欠場に始まり、デルポトロ、ロディックハース、ベルダスコ・・・等々なんと9人もの選手が途中棄権!!先週のジャパンオープンもですが、長いシーズン終盤のアジアでの試合を考え直さなければいけない時期に来ているのかもしれないですねぇ~選手の体を考えてもオフシーズンは必要ですし・・・。


北カリフォルニアで行われていたチャレンジャー(5万ドル)で添田豪が1年半振りの優勝、柏のフューチャーズ(1万ドル)では三橋淳が優勝!
強豪揃いのアメリカのチャレンジャーでの添田選手の優勝は価値があります。

添田選手といえば・・・数年前SSCで行われた「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」に選手の引率で行っていた時にインドア裏の目立たないアスファルトの上で、ひたすらダッシュを繰り返していた彼の姿を思い出します。私は今でもあの光景を忘れる事ができません。
見えないところでも努力をしていた添田選手には、是非グランドスラムの舞台で頑張ってほしいです。


鹿児島では秋の高校新人戦が行われました。
ATA出身の西田浩輝(鳳凰2年)は個人戦シングルスのタイトルは逃しましたが、団体と個人戦複優勝の2冠を達成!
シングルスの結果は残念でしたが、来年の本番(選抜・インターハイ)へ向けて頑張ってくれるでしょう!!
ATA関係 | 投稿者 arimura 16:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

社会人!!

こちら南国鹿児島も長い夏がやっと終わり、秋を迎えています。ATAのジュニア達も11月の県選手権に向けて日々練習に励んでいます。

写真は、圧倒的な存在感の「桜島」!私も毎日この山を見て育ちました。



先日ATA出身の平原しおり(柳川高3年)から「就職試験に合格しました!!」と電話がありました。

就職先は某大手優良企業です。柳川の卒業生も多く、しおりが力を発揮しやすい環境ではないかと思います。
このご時世に本当に良かったです。


しおりと最初に進路の話をした時、私は大学進学を勧めました。インターハイ&全国選抜団体3位、九州ジュニア複優勝の実績もあり、大学テニスでも活躍してくれると信じていたからです。実際に複数の大学の先生も興味を持ってくださっていました。
でもしおりの決心は固かったです。様々な事を考えての結論は私が高3だった頃(バブル経済後半)よりも「大人だなぁ~」と感じさせられました。

最初に指導した時が小学生だったのに・・・・桜島を見て育った「薩摩おごじょ」は持ち前のガッツで新天地でも頑張ってくれることでしょう!
これからも後輩達の模範となるように頑張ってください。
故郷より応援してます!
ATA関係 | 投稿者 arimura 10:57 | コメント(6)| トラックバック(0)

ジャパンOP & 天皇杯

昨年までのAIGから楽天にメインスポンサーが変わったジャパンOPテニス2009!
グレードもATP500へとアップし、コートのカラーも今風にリニューアルされました。(女子はWTAツアーからITFチャレンジャーへ格下げ)

フェデラー、マーレー、錦織の欠場は残念でしたが、USオープンチャンプのデルポトロやツォンガ、モンフィス、フューイット等の強豪が参加。

そんな中、第2シードで世界ランク7位のツォンガが優勝!強力なサーブとフォアハンドを軸にしたプレーばかりが注目されますが、リターンからのチップ&チャージや意表をついたサーブ&ボレーなど母国フランスのレジェンド「ヤニック・ノア」を彷彿させる躍動感あるプレーは圧巻でした。


日本勢では2005年ダブルスチャンプの鈴木・岩渕ペアがツォンガ・ワウリンカの強豪ペア等を下し、見事にベスト4進出。準決勝では優勝したオーストリアペアに敗れましたがダブルスでのポテンシャルの高さを示してくれました。

岩渕選手(34才)はこの大会を最後に引退。今大会出場していませんでしたが本村剛一選手(36才)も来月の全日本選手権を最後に引退するそうです。
二人は共に柳川高校出身で全日本チャンピオン。
デビスカップ日本代表としても数々の勝利に貢献してきました。
高校卒業後プロ転向し、長い間第一線でやってきた事には頭が下がります。
本当に御疲れ様でした!!




テニスからサッカーへ話題が移りますが・・・・。

第89回天皇杯サッカー2回戦で鹿屋体育大学がJ2徳島を破る「番狂わせ」を演じました。

主将の赤尾(4年・鹿児島実業出身)を中心にゲームをコントロールし、桃井(1年・佐賀東出身)がハットトリックの大活躍!!


今大会は3つの大学がJリーグのチームを破りました!


鹿屋体育大学 3-1 徳島ヴォルティス(J2)
明治大学    2-0 湘南ベルマーレ(J2)
福岡大学    3-2 水戸ホーリーホック(J2)



次戦ではJ1チームに挑みます。
鹿屋体育大学 VS ジュビロ磐田   (J1)
明治大学    VS モンテディオ山形 (J1)
福岡大学    VS ガンバ大阪    (J1)

テニスはサッカーに比べると番狂わせは起きにくいと思いますが、プロが相手でも気後れしないでプレーする姿は参考に出来るのではないでしょうか!!
スポーツ全般 | 投稿者 arimura 16:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

結婚式 in 鹿児島

先週末は従兄弟の結婚式でした。

従兄弟の有村純親(すみちか)と新婦の真沙さん。
二人とも演奏家でコンサートのような素敵な披露宴でした!!

純親は、サクソフォーン奏者です。
東京芸術大学出身で、パリ国立高等音楽院を主席で修了。
パリ国際音楽コンクール大賞受賞、ローマ国際サクソフォーンコンクール第2位等など音楽界では名の知られた存在のようです。


久し振りに従兄弟で集まるのは本当に楽しいです!
それにしても皆、歳をとりました。





新婚の二人でリサイタルをするようなので御時間がある方は是非お出掛けください。

「有村純親&松浦真沙 デュオリサイタル」
2009年12月4日(金)19時開演
東京・サントリーホール
全席自由 3000円(当日3500円)

ATA関係 | 投稿者 arimura 23:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

愛ちゃん引退 & アラフォーの星!

杉山愛選手(34)が「東レ・パンパシフィックオープン」を最後に引退しました。
シングルスを体調不良で棄権した中、ダブルスで決勝まで進んだのは本当に立派でした。
17年間のツアー生活で獲得したタイトルはシングルス6勝、ダブルス38勝!!
グランドスラムでは、全仏・ウインブルドン・全米のダブルスで優勝、全豪で準優勝。シングルスでは、なんと62大会連続出場!!
こんな選手は、なかなか出てこないのではないでしょうか?!

地元茅ヶ崎では、パームインターナショナル・テニスアカデミーも経営し後進の指導にも力を入れてます。
親しい後輩の梅田邦明(柳川高卒)がそのアカデミーのコーチを務めており、杉山選手のツアーにも度々帯同していたので親近感がある選手でした。
17年間本当にお疲れ様でした!!


そして「アラフォーの星」伊達さんが先週行われた韓国オープンのシングルスで見事に優勝!!!!
13年振りのツアー制覇でした。
ハンチュコワやキリレンコを破っての優勝は、なんと38才と364日!!あのビリー・ジーン・キングに次ぐ年長記録とのこと。
私と同世代のテニス選手が現代テニスに通用している事実には、本当に勇気付けられます!!
そして伊達さんのライジングショットを中心としたテンポの早い展開力には日本人が目指すべきテニスがあるような気がします。
ジュニアの選手達も球の速さや打ち方だけでなく、テンポの早さにも注目して試合を見ると勉強になると思います!

テニス | 投稿者 arimura 02:44 | コメント(0)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2009年 10月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。