tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

チャイナ シンドローム

全豪オープンは女子シングルス準決勝2試合と男子シングルス準決勝の1試合が行われました。女子は2人の女王に中国勢が挑む形となりました。


セリーナ・ウィリアムズ(米国)   7-6(4)、7-6(1)   李娜(中国)

スコアが示すように一進一退の攻防が最後まで続きました。最後はサーブの差だったように思います。セリーナはサービスが好調で、12個のサービスエースを奪い、ファーストサーブが入った時には、高い確率でポイントを取っていました。


ジュスティーン・エナン(ベルギー)   6-1、6-0    鄭潔(中国)

スコアが示すようにエナンの完勝でした。引退前の彼女が戻ってきました。



The Grand Slam of Asia/Pacific と唱っている今大会で「準地元」の中国勢2人がベスト4の大活躍!!本当に素晴らしいですね!もし日本で同じような事が起こったら・・・同じアジア人として勇気をもらえました。

リー・ナは武漢、ジェン・ジーは成都と内陸部出身なのに少し驚きました!その辺の中国テニス最新事情を上海でテニスビジネスを営んでいる2人(鹿屋後輩のアンディ中川&柳川後輩の尾崎文哉)に早速聞いてみたいと思います!


アンディ・マリー(英国)  3-6、6-4、6-4、6-2   マリン・チリッチ(クロアチア)

第1セットはチリッチの独壇場でこのまま行くかと思われましたが、マーレーはともかく走りまくりエラーの少ない安定したプレーを展開し流れを引き寄せました。スプリンターのような前傾姿勢で2バウンドするまで追いかけてコートにねじこんでくる彼の走力&ガッツは圧巻です!!
是非このスコティッシュを生で観てみたいですね!
2008年のUSオープン以来、2度目のグランドスラム決勝の相手はフェデラーかツォンガか?!


話題はサッカーへ・・・
昨年に引き続き、鹿児島県指宿市で合宿中のサッカー日本代表は、今日鹿屋体育大学と対戦します。
練習試合ではありますが、天皇杯で旋風を起こした鹿屋体育大学との対戦は非常に楽しみです。
テニス | 投稿者 arimura 11:22 | コメント(2)| トラックバック(0)

全豪OP中盤戦 & 指宿 

全豪オープンは男女ボトムハーフの4回戦が行われベスト8の半分が決まりました。
<男子4回戦>
アンディ・ロディック(米国)[7] 6-3 3-6 4-6 7-5 6-2 フェルナンド・ゴンザレス(チリ)[11]
マリン・チリッチ(クロアチア)[14] 5-7 6-4 7-5 5-7 6-3 フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)[4]
アンディ・マリー(英国)[5] 7-6(4) 6-3 6-2 ジョン・イズナー(米国)[33]
ラファエル・ナダル(スペイン)[2] 6-4 4-6 6-4 6-4 イボ・カロビッチ(クロアチア)

チリッチとデルポトロのジュニア時代からのライバル対決は激しいエースの取り合いに!4時間38分のの激戦はチリッチに軍配が上がりました。デルポトロは今大会を通じてフォアハンドにエラーが多く全米を制した時の精度は感じられませんでした。それにしても2m近い身長の選手同志のガリバー対決は観ている分には面白いですが、日本の選手に対しての指導にはなかなか・・・・(笑)。その他ロディックはゴンザレスの強打をスライス等緩急も混ぜて封じフルセットの末に勝利。以前より我慢強くなったのは名将ラリー・ステファンキの手腕でしょうか?!その他ナダルも順当勝ち。フレッド・ペリーからアディダスにウェアを変えたマリーは、ここまで1セットも落とすことなく勝ち上がってきており、好調さが目立ちます。

<女子シングルス>
ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)(W) 7-6(3) 1-6 6-3 ヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)
ナディア・ペトロワ(ロシア)[19] 6-3 3-6 6-1 スべトラーナ・クズネツォワ(ロシア)[3]
鄭潔 (中国) 7-6(5) 6-4 アリョーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)[31]
マリア・キリレンコ(ロシア) 5-4 Ret. ディナラ・サフィナ(ロシア)[2]

エナンが来ましたね!!難敵ウィックマイヤーにファイナル勝ち。以前より少し体力が落ちている印象を持ちますが、大切な局面での冷静さは相変わらずです。
以前まではビッグゲームに弱い印象のあったペトロワは優勝候補のクライシュテルス、クズネツォワを沈めました。このペトロワを前哨戦のシドニーで破ったのが伊達さんだということは記憶に新しいと思います。
ノーシードから勝ち上がった小柄な鄭潔 (ジェン・ジー)のテンポの良いテニスは日本の選手にとっても非常に参考になります。準々決勝では以前は人気先行型選手と言われていたキリレンコと対戦します。


錦織圭選手は1月25日からのハワイでのチャレンジャー大会出場を見送るとの事。


そして今年のワールドカップ南アフリカ大会に挑むサッカー日本代表チーム鹿児島・指宿の地で今日から合宿を行います。
指宿は砂蒸し温泉で有名なところです。最近は大河ドラマ「篤姫」でも取り上げられました。南国の温暖な気候+温泉効果で頑張って欲しいですね!!!


写真は指宿市山川町にある砂蒸し温泉。
テニス | 投稿者 arimura 12:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪OP 序盤戦 & 圭情報

真夏の南半球オーストラリアで開催されている全豪オープンは男女1、2回戦が行われています。

<女子シングルス1回戦>
ヤロスラワ・シュウェドバ(カザフスタン)6-4、6-2 クルム伊達公子

昨夜録画で試合を観ましたが、シュエドバの強力なサーブからの展開と早いタイミングでのダウンザラインへの仕掛けはほぼ完ぺきだったと思います。伊達さんの敗戦はとても残念でしたが、彼女がこのステージで戦っていること自体が素晴らしいことです。同じ39歳のバスキ(インドネシア)とのダブルスも頑張ってもらいましょう!!

<女子シングルス2回戦>
ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)7―5、7―6 エレーナ・デメンチェバ(第5シード・ロシア)

元世界ナンバー1と北京オリンピック金メダリストの対決は両者持ち味を発揮し大激戦になりましたが、要所を締めたエナンがストレート勝ち!あの展開の速さと片手バックハンドは凄いです!
青とオレンジのWilson TOUR BLX 95を片手に2年のブランクを感じさせないプレーでした。

<男子シングルス2回戦>
J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 6-4、6-7、5-7、6-3、10-8 J・ブレーク(アメリカ)

昨年のUSオープン覇者と元世界4位のヘビー級対決は4時間17分のマラソンマッチでした!ブレークが接戦に弱いイメージを持っているのは私だけでしょうか?!
デルポトロは黄色と黒のWilson PRO TOUR BLX 96、ブレークは「W」のステンシルが入っていない赤と黒のWilsonSIX.ONE TOUR BLX90を使用してました。ブレークは契約しないで使っているようです。



来週からハワイ・ホノルルで開催されるツアー下部大会のチャレンジャーに錦織圭選手が出場することになりました。約1年振りの公式戦出場になります。
そして2月8日から、アメリカのサンノゼで開催される男子ツアー公式戦のSAPオープンには、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場することが決定したようです!!
Wilson TOUR BLX 95を片手にどのようなプレーをするのか楽しみになってきました。
テニス | 投稿者 arimura 13:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪OP 開幕!!

2010年最初のグランドスラム大会、全豪オープンが今日開幕しました!!
男子ではフェデラーナダルの両雄とジョコビッチ、デルポトロ、ロディック、マーリー、ダビデンコ等の実力者との優勝争いになるのではないでしょうか!私個人としては前哨戦でツアー優勝を果たした2m6㎝の巨人ジョン・イズナー(サウスカロライナのお隣ノースカロライナ出身・ジョージア大卒)に期待しています。
女子は復活組のエナンとクリスターズがウィリアムス姉妹やロシア勢にどう挑むかが注目されます。


写真はハイチ大地震に対しての慈善イベントでの1コマです。普段はライバルのフェデラーとナダルが同じベンチに座ってます。
今回のイベントはグランドスラム本番直前にも関わらずフェデラーの呼び掛けで、男女のトップ選手達が集まって行われたようです。
ただテニスが強いだけではなく、彼等の「人」としての素晴らしさには本当に頭が下がります。


日本勢では男子の鈴木選手は予選決勝でドナルド・ヤングに両セットともタイブレークの末に敗退。
ヤングはジョージア在住(サウスカロライナのお隣)ということもあって親近感があります。私が在米中の時から既に天才少年として注目されていたました。プロ転向後はなかなか結果を残せず苦しんでいるようですが今後も応援したいですね!
女子シングルスにはクルム伊達公子選手と森田あゆみ選手がが出場します。
伊達選手は、世界ランク52位のヤロスロワ・シュウェドワ(カザフスタン)、森田選手は、第32シードで世界ランク33位のカルラ・スアレス・ナバロ(スペイン)と対戦。
楽しみです!!!

テニス | 投稿者 arimura 11:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

大雪 & 全豪予選

昨日の南国鹿児島は4年振りの大雪でした。
雪に慣れていない南国・鹿児島では交通機関も乱れ、スリップ事故も相次ぎました。

今朝の桜島!!雪を被っているのがわかるかと思います。

ATAでは天候の影響で練習を「休み」にする事は殆どないのですが、昨日は久し振りにお休みでした。




真冬の日本とは打って変わって真夏の南半球オーストラリアでは今年最初のグランドスラム大会、全豪オープンの予選が開幕しました。
男子シングルスの予選1回戦に日本から4選手が出場。

<予選1回戦>
Ryan Sweeting(米国) 2-6 6-3 6-4 杉田祐一

鈴木貴男 7-5 6-4 ダナイ・ウドムチョク(タイ)[30]

Blaz Kavcic(スロベニア)[12] 6-7(4) 6-4 6-4 添田豪

Nicolas Devilder(フランス) 6-2 6-3 伊藤竜馬


33歳ベテランの鈴木貴男選手だけが予選2回戦に駒を進めました。その他の3選手、杉田祐一(21歳)、添田豪(25歳)、伊藤竜馬(21歳)は残念ながら予選1回戦敗退・・・・世界の壁は薄くはありません。
鈴木選手は今日の予選2回戦で、世界ランク177位のRamon Delgado(パラグアイ)と対戦します。


本戦ストレートインの伊達さんは前哨戦のシドニー国際女子シングルス2回戦で第6シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に1―6、7―5、5―7に惜敗!世界7位と対等に戦う39歳!!来週の本番が楽しみになってきました。

右肘の怪我からの復帰を目指す錦織圭選手は、全豪への出場は見送るとのこと。
25日からハワイで開催されるチャレンジャー大会にエントリーをしていますが、準備が十分でないようで出場するかどうかの判断には、まだ1週間ほどかかるようです。
フロリダのボラティエリ・アカデミーで、復帰にむけて順調に調整をしているようなので期待しましょう!!!






テニス | 投稿者 arimura 11:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪OP前哨戦!

伊達さんがまたやってくれました!!

オーストラリア、シドニーで開催されているWTAツアー メディバンク国際(賞金総額60万ドル)のシングルス1回戦が行われ、予選上がりのクルム伊達 公子(世界ランク64位)が、元世界ランク3位の ナディア・ペトロワ(ロシア)を6-3 5-7 6-4のフルセットの末に破り2回戦へ進出です。2回戦では、世界ランク7位の ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と対戦します。
前週のオークランドでベスト8をマークする等、好調をキープしている伊達さん!!アラフォーながら「世界」の舞台で頑張っている姿に励まされます!!


そしてオーストラリア・ブリスベーンで先週行われていた前哨戦ブリスベーン国際では・・・・

<女子シングルス決勝>
キム・クライシュテルス(ベルギー)6―3、4―6、7―6 ジュスティーヌ・エナン(ベルギー)
<男子シングルス決勝>
アンディ・ロディック(米国)7-6、7-6 ラデク・ステパネク(チェコ)


女子決勝はファイナルセット・タイブレークにもつれ込む大接戦!!
伊達さんを含めて、一度引退してブランクがあった彼女達の活躍には本当に驚かされます!!男子ではなかなか見られないのではないでしょうか?!

男子のロディックは曲者ステパネクを下して優勝!昨年、ひざの負傷で9月以来の実戦での優勝は大きな価値があります。

全豪オープンが楽しみになってきました!!


テニス | 投稿者 arimura 12:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

シーズン開幕!

全豪オープンを控えた真夏のオセアニアを中心に男女のツアーが開幕しました。
ニュージーランド・オークランドの大会に出場しているクルム伊達選手は世界19位のラザノ(フランス)をフルセットの末に破り、ベスト8進出!準々決勝では同16位で第3シードのウィックマイヤー(ベルギー)と対戦します。
最近流行り?のカムバック組の一人ジャスティーヌ・エナンオーストラリア・ブリズベーン大会に出場、2年振りの復帰試合で同20位のペトロワ(ロシア)にストレート勝ち。映像を見ましたがライジングからオープンコートへ突き刺さるショットや展開力の速さは相変わらずで特にバックのダウン・ザ・ラインは凄かったです。





初打ち翌日の3日からは九州ジュニアサーキット・マスターズ鹿児島・吹上で開催されました。予選を勝ち抜いた選手達が九州中から集結!ATAからは3名の選手が出場しました。

池之上理宇  U16男子 ダブルス  準優勝
岡村修平   U16男子 シングルス ベスト8
福永雛乃   U14女子 シングルス ベスト8 ・ ダブルス ベスト4


そして5日からは鹿児島県テニス協会会長杯が開催されました。

岡村修平  U18男子  シングルス 優勝

決勝では第2シード県高校新人戦準優勝の高2の選手に8-1の完勝!!中学生でU18を制したのは初めてではないでしょうか?!価値ある優勝です。



年末・年始のコンディション作りが難しい中、選手達は調子を落とさずに試合に望めたのではないかと思います。
特に劣勢になった場面・思い通りに行かない場面で我慢強く流れを手繰り寄せるプレーを心がけていたと感じました。
来月にはトヨタジュニア、九州選抜ジュニアと全国が懸かる試合が始まりますので今回の結果を弾みにチーム一丸となって頑張って行きたいと思います!! 

   
ATA関係 | 投稿者 arimura 10:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

初打ち!!

新年明けましておめでとうございます!!
ATA発足以来行っている新年恒例の初打ちを1月2日に開催しました。早いもので今年で5回目!!前日までが極寒だったので心配しましたが当日は温かく爽やかな初打ちになりました。

初打ちには関東・関西等に進学しているOB・OGが駆けつけてくれました。

鮫島 正一郎(慶応義塾大学)
小吹 学   (関西国際大学)
中村 淳一  (関西国際大学)
小吹 英   (鹿児島国際大学)
柏木 俊紀  (筑波大学)
平原 しおり (柳川高校)


いつも感じる事ですが、彼等がジュニア達と試合やラリーをしてくれたり、アドバイスをしてくれている姿を見ると何とも言えない幸せな気持ちになります。


今回はいつもと違う見晴らしの良いロケーションで行いました。
久し振りに訪れたコートの老朽化が進んでいたのにはビックリしましたが、皆が文句も言わずにボールを追いかけてくれてホッとしました。(何より怪我人が出ななくて安心しました。。。)来年は絶対別の場所にします(笑)。

全員の前で誓った今年の目標に向かってそれぞれ頑張ってくれると信じてます!!私は病気や怪我をしないで1年間コートに立つ事が目標です。

今回参加出来なかったOB・OGやメンバー達の分まで一生懸命ボールを追いかけた充実した1年のスタートになりました!!
昴、悠貴、裕紀は受験前で大変だけど持ち前のガッツで頑張れよ!!心から応援してます。
ATA関係 | 投稿者 arimura 11:59 | コメント(0)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2010年 1月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。