tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

高校日本代表コーチ来る &インターハイ予選

高校日本代表コーチ福永二朗さん(アメアスポーツ・ジャパン)が高体連のお仕事の合間をぬってATAの練習に参加して下さいました。
福永さんは、柳川の1つ上の先輩で高校生時代から20数年、公私ともにお世話になっています。

今回の練習では「ラリーをキープすることの大切さ」、「攻めるボールと守るボールの見極め」と「回り込んでのフォアハンドアタックの効果とリスク」等を中心に指導して頂きました!

高校日本代表を経験された選手時代の実績も素晴らしいですが、選手の目線に立った指導は心に響きます。
皆が練習後に行列を作ってアドバイスをもらいに行く事に象徴されるようにジュニア達の心にも響いたと思います。

福永さんは今年も全国選抜個人戦を制した男女1名ずつの選手達と8月のUSオープンジュニア予選に挑みます!
現在デビスカップで活躍している伊藤竜馬選手以来の本戦入り&本戦1回戦突破を期待しております。
お忙しい中、貴重なお時間を有難うございました。
南の地より応援しています!!





鹿児島県高校総体(インターハイ予選)の個人戦が行われました。
皆が「絶対勝ちたい!」「最後まで諦めない!」試合なので必然と接戦が多くなります。勝敗を分けるのは、技術面よりもメンタル面、体力面の場合が多いと思います。

そんな中、ATA出身選手で全国・九州大会へ駒を進めたのは以下の選手達でした。

西田浩輝(鳳凰3年)    団体 優勝、S準優勝、D優勝
馬場早莉(池田1年)    S優勝
北島裕紀(中央1年)    団体 準優勝


皆、本当に良く頑張ったと思いますが、まだ「県予選」が終わったに過ぎませんので「九州」、「全国」を目指して、しっかりと練習を重ねて頑張って欲しいです。




ところで最近、私がジュニア選手達を見ていて感じていることを・・・・。。。

現在のジュニア選手の多くは、実力の有無に関係なく、最新のギアを身につけ、指導してくれる専門のコーチがいて、遠征にも行けて、海外の試合の映像は見れて・・・等々、与えらてもらうことが「当たり前」になっている子が多いと感じます。

決して悪い事ばかりではありませんが、そういった環境を与えてくれている親や指導者に対する態度を見ていて「?」と思うことも少なくありません。

私が30年近くテニス界にいて、そういうところに甘い選手は「絶対に勝ちたい試合」では勝てませんので、今一度、日常の「当たり前」に対しての感謝の気持ちを忘れないで生活や練習に臨んで欲しいです!!


ATA関係 | 投稿者 arimura 12:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

全仏2回戦  県高校総体団体

Roland Garros - Paris, France

フランスのパリで開催されている4大大会、全仏オープンは今日で大会6日目を迎えます。


<男子シングルス2回戦>

錦織圭   VS  ノバック・ジョコビッチ(クロアチア)


今日の第1コートの1試合目(日本時間18時)に錦織圭選手が登場します。
世界3位のジョコビッチが相手ですが、現在クレーコート11連勝中、1回戦2セットダウンからの大逆転勝つなどの勢いで思いっきり挑んでいって欲しいですね!

錦織選手のコーチのグレン・ワイナ―(USPTAプロ1)は「ケイはベストな時の70%位のところまでは戻ってきている。100%の状態ではないが今の状況の中でしっかりと戦って欲しい」と語っていました。


それにしても1回戦2セットダウンからの大逆転勝ちは本当に素晴らしかったですね!
変幻自在なプレースタイル&打ち方もですが、接戦での精神的なタフさと5セットマッチ終盤になっても足が止まらないフィジカルの強さもジュニア諸君は見習って欲しいですね!!



<女子シングルス>

1回戦     伊達公子  3-6、6-4、7-5  ディナラ・サフィナ(ロシア)

2回戦     伊達公子 0-6、3-6   ジャミラ・グロス(オーストラリア)



1回戦ファイナル1-4ダウンからの大逆転勝ちは凄かったですね!
痛めていた右足ふくらはぎを引きずりながら直向きにプレーをする姿にグラフを下したフェドカップを思い出させました!
テレビ観戦していた錦織選手も「どこか痛いのを言い訳に出来なくなりますね!」と笑いながら言っていたそうです。

それにしても昨年途中から続くサフィーナのチキり具合には正直ビックリさせられました。

2回戦の試合はドクターストップがかかっていた中のプレーで本当に痛々しかったです。

「最近の若い子はすぐに諦めてしまうので、諦めない大切さを伝えたい」と語っていた伊達さんに大和魂や昭和生まれの気骨を感じます。!!

それにしても12年のブランクを経て復活したアラフォー伊達さんや引退からカムバックしてきたへニンやクリスターズがすぐに結果を出してしまう現在の女子テニス界のレベルってどうなっているのでしょうか?!




県高校総体(インターハイ予選)

コーチに就任して4年目になる池田中学・高校女子テニス部!
今回は高校チームと共にインターハイ予選団体戦に行ってきました。

1、 2年生のみで構成される池田高校女子チームは中学時代には「団体」で全九州中学生選手権2連覇、九州中学新人戦制覇と3度の「九州一」に輝き、全国も経験したチームです。
今回はベスト4で優勝した鳳凰に敗れましたが、今持っている力は充分に発揮してくれたと思います。

進学校でテニス推薦もないチームですが、おかれた環境の中で常にベストを尽くそうとしている彼女達の姿には頭が下がります。
今後ともそんな彼女達を支えていきたいと思っています。



男子団体決勝は8連覇中の鳳凰に鹿児島中央が挑みました。
決勝を争った両ームに教え子が出場していて、どちらも応援し難い心境でしたが、今夏も鳳凰に軍配が上がり見事9連覇を達成しました。

どうしても勝ちたい試合で、自信を持って戦うには何が必要か、勝った選手も負けた選手も身にしみて理解したと思います。←非常に良い経験ですね!

写真(南日本新聞掲載)はATA出身で、優勝した鳳凰高校エースで主将の西田浩輝。

まだ個人戦もありますし、九州大会、全国大会と続きますので頑張って欲しいですね!





ATA関係 | 投稿者 arimura 14:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

2010 全仏OP開幕!

フランスのパリで行われる4大大会、全仏オープンが開幕しました。

写真は奈良くるみ選手
先日の「予選」では奈良くるみ選手、19才の土井美咲選手が見事に本戦入りの切符を手にしました!!



これで本戦に出場する日本人選手は錦織圭選手(20才)、森田あゆみ選手(20才)、奈良くるみ選手(18才)、土井美咲選手(19才)の超ヤング(←最近あまり使わないですね・苦笑)4人と「アラフォーの星」伊達公子選手(39才)です。


今日第2日目は日本人選手は登場します。


<1回戦>

奈良くるみ vs  Arantxa Parra Santonja(27才、スペイン、世界ランク59位)

土居美咲 vs  Polona Hercog(19才、スロベニア、世界ランク55位)

錦織圭 vs  Santiago Giraldo(22才、コロンビア、世界ランク55位)    日本時間の10時位?



錦織圭選手の対戦相手のGiraldoは、今季好調で前哨戦のローマ大会では元全仏王者のフェレロをストレートで破っています。ダビデンコのようなプレースタイルでボールをライジングでとらえ、超フラットに打ちこんでくる危険な相手です。
錦織圭選手は現在2週連続チャレンジャー優勝(クレー10連勝中)と好調ですから「大活躍」して欲しいですが、グランドスラムの舞台に戻ってきただけで嬉しいですから今回は我慢して過度な期待は止めておきます。(こういう時に好成績を残す選手は少なくないですが!)


奈良くるみ選手は予選決勝で過去最長の「4時間42分」にも及んだ死闘を制して本戦入りを決めました。しかも第2セットにあったマッチポイントを凌いでの勝利ですから凄いですね!
メディア等では、彼女のテニスセンスの良さばかりが取り上げられますが、2年前の宮崎チャレンジャーで一緒した時は試合中にも関わらず、夜10時半まで練習していていました!!(私もくるみちゃんのラケットを拝借して少しだけ練習に参加させてもらいました。)

このような小さな行動の積み重ねがこのような結果を生んだといっても過言ではないでしょう!
私は彼女が直向きに夜遅くまでボールを追いかけていた姿を忘れません。



今回の全仏オープンは5人もの日本人選手がプレーします。
こんなに多くの日本人選手がプレーするのも久し振りではないでしょうか?
昨日からの「寝不足モード」はしょうがないですねぇ(笑)




テニス | 投稿者 arimura 11:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

2010全仏OP 錦織&予選

日曜日から始まる全仏オープン錦織圭選手(Wilson Tour BLX使用)の本戦出場が決まりました。



錦織選手はブログで以下のように語っています。

 大好きなフレンチに出れる気持ちでわくわくしてるのと不安などでこんがらがってます。
わくわくの方が多い気がしますがいきなりグランドスラムレベルで戦えるのかという不安もあります。でも決まったからには絶対楽しんできたいと思います。
もちろん勝利はしたいですが楽しむ気持ちも忘れずに行きたいと思います。

本戦出場が決まったのは月曜のお昼頃。その日の朝まで本戦2OUTでした。
締め切りというか本戦入りしないのが決まるのは月曜の深夜だったのでほとんど諦めてたところでしたが急に誰かがwithdrawしたとの情報が入ってきたのです。
本戦の選手の欠場は喜ばしいことではありませんが今回はこの運を無駄にしないよう頑張りたいと思います。
そういえばUSOPENでベスト16に入った時も予選の試合が始まる1時間前ぐらいにヒューイットが欠場で急に本戦にくり上げになったことがあります。  



錦織選手にとって全仏は2006年にジュニアダブルスで優勝したゲンの良い大会です。チャレンジャー2大会連続優勝の「勢い」と今回の「運」を味方にエアKは羽ばたいてくれることでしょう!

日本勢では伊達公子選手、森田あゆみ選手も本戦にストレートインしています。
来週は寝不足になりそうです(笑)。



そして残り「8」の本戦出場権をかけた「予選」が現在開催されています。

2004年の男子シングルス覇者ガストン・ガウディオ(Wilson Six.One BLX95使用)が既に敗退したようなタフな「予選」!
日本からは杉田祐一選手、奈良くるみ選手、土居美咲選手、波形純理選手、不田涼子選手、米村知子選手の計6名が出場しました。

その中で期待の若手2人、世界ランク150位の奈良くるみ選手と、179位の土居美咲選手が「予選決勝」へ進出しました。

2人とは2年前の宮崎チャレンジャーで練習から試合、食事まで一緒させてもらったこともあり、親近感のある選手達で自然と応援にも力が入ります。

本戦まであと「1勝」頑張って欲しいですね!

日本の南端より応援してます。

錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

県中学生大会 & 錦織圭 2週連続優勝

鹿児島県中学生選手権」が晴天の下、鹿児島市で開催されました。

今大会は「県」 → 「九州」 → 「全国」へと繋がる1年の中でも大切な大会の1つです。

その大会で見事に九州大会への切符を手にしたATA戦士は以下の6名でした。

林田 誠     男子シングルス   準優勝
福永 雛乃   女子シングルス   準優勝
時岡 悠     男子シングルス   6位
大渡 洸明   男子ダブルス     3位
亀田 隼人   男子ダブルス     3位
米田 伊織   男子ダブルス     4位



男子準優勝の林田誠は昨年ダブルス「九州一」になったこともある逸材です。ここ最近は少しもがいていましたが、今大会は緩急を使った「粘り強いプレー」と「強い気持ち」で流れを呼び込み見事に決勝進出を果たしました。優勝は逃しましたが、今大会で掴んだ手ごたえと新たな課題を胸に日々の練習に励み、九州大会へ臨んで欲しいですね!

女子準優勝の福永雛乃は準々決勝で第1シード・U16県チャンピオンを大激戦の末に破り、そのままの勢いで決勝に進出しました。優勝こそ逃しましたが、最後まで自分のスタイルに徹する姿勢や目指すテニスの方向性には「その先」を感じさせます。今夏の九州ジュニア、九州中学では持ち前のガッツで頑張ってくれることでしょう!!

会場にはATAメンバーで2年前の今大会を制覇した北島裕紀も駆け付け後輩達に声援を送ってくれました。裕紀有難う!!後輩達も心強かったと思うよ!

試合に参加したメンバーは取り敢えず今大会の疲れをとって、気持ちを新たに次の「目標」、「課題」に向けて地道に頑張っていきましょう!!





錦織圭選手が見事に2週連続優勝を果たしました!!

SARASOTA OPEN, Longboat Key, FL, USA
<決勝>
錦織圭(Wilson Tour BLX 95使用)  2-6 6-3 6-4    Brian DABUL,(アルゼンチン)(4)

マッチポイントをフォアハンドのジャックナイフ“エアーK”で決めました!
復帰後5戦で、14勝3敗(10連勝中)。今日発表の世界ランクで240位台まで上昇します。


錦織選手は自身のブログで

『勝ちました・・・・。またもや優勝してしまいました。今はそうとうへばっています。(笑)
今日はいつもより暑く体力的にやばかったです。
ギリギリの試合を制すことができました!
今週は1試合1試合がすごい早く感じて、昨日までほぼ考えることなく決勝にきてました。
逆に昨日は考えすぎてほとんど寝れませんでした。
なにはともあれ連ちゃん、10試合体力が持ったことは自信になります。もちろん体のほうは痛いところだらけなのでこの何日かは休養と治療です。
この何週間でここまで来れたのは嬉しいですがこれからも焦らずいきたいと思います。』

と語っていました。


錦織選手の「焦らずにいきたいと思います!」という言葉にアテネ五輪競泳金メダリストの柴田亜衣選手の「あわてず・あせらず・あきらめず」の言葉を思い出させます。
猛練習や試行錯誤を重ねた末にたどり着いた、世界のトップ選手の共通したメンタルでしょうか?!

ジュニアの選手達や保護者の方々の殆んどが「急いで」ステップアップしていきたいと思っています。私も日々ジュニア達とステップアップを目指して頑張っていますが、「急いで」が「焦り」に変わってしまう場合も少なくありません。

ジュニアの選手達には目先の結果にこだわり過ぎずに日々の地道な練習を積み重ねて大きなテニスを目指して頑張っていって欲しいと思います!!






ATA関係 | 投稿者 arimura 11:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭 ベスト4進出@サラソタ & ワールドジュニア予選

Longboat Key, FL, USA
錦織圭選手は先週末の「優勝」の余韻に浸る間もなく、サラソタチャレンジャーに出場しています。会場は、錦織選手の住むBradentonのご近所なので自宅から通いリラックスしてプレー出来ているのではないでしょうか!


<準々決勝>
錦織圭 (WILSON TOUR BLX 95使用) 6-1 6-2  Bruno RODRIGUEZ (MEX)



相手にサービス・ブレークを許さない安定した試合運びで見事にベスト4入りを決めました!
準決勝では、前週のサバナチャレンジャー決勝で撃破した第6シードで世界ランク124位のRyan  SWEETING(アメリカ)と対戦します。
復帰した時には目先の結果を全く期待していませんでしたが、僅か5大会で200位代突入も目前です。やはり「モノ」が違うのでしょうか?!
まだまだ「先」が長いですので身体のケアにはくれぐれも気をつけて欲しいですね!




安徽省安慶市、中国
ワールドジュニア  アジア・オセアニア地区予選

NHKの「関口知宏の中国鉄道大紀行」を見ている時に聞いたことがことがあるような(笑)安徽省安慶市で「14歳以下」のデ杯、ワールドジュニアのアジア・オセアニア予選が開催されました。

<日本チーム>
櫻井隼人(監督)
大西賢(ノア・インドア・スクール 姫路 )
中川直樹(ドリームテニススクール、盛田ファンドIMG)
山崎純平(むさしの村ローンテニスクラブ)

<準決勝>
日本 1-2 中国

NO.2シングルス 山崎純平 2-6 1-6 Weiqiang ZHENG
NO.1シングルス 大西賢 5-7 1-6 Xin CHEN
ダブルス 大西賢/山崎純平 4-6 6-4 7-5 Fajing SUN/Weiqiang ZHENG



日本チームは今回の予選を3位で通過して8月にチェコで行われる世界大会への切符を手にしました。(韓国との3位決定戦は雨のため中止)

監督は日頃からメール等でもアドバスを頂いている櫻井隼人さんです。
昨年のワールドジュニア世界大会では、日本チームを世界3位に導きました。
櫻井さんはフロリダにあるサドルブルック(ハリー・ホップマンTA)で長く指導されていた経験がある方で私の在米時代から尊敬していた指導者です。(風貌が似ているからでしょうか?アメリカで私と間違われたことがあるとおっしゃってました・笑)。



ATAメンバーは明日からの県中学生大会に臨みます!!
「九州→全国」へ繋がる大会ですので気合いが入るのは当たり前ですが、普段通りの「平常心」で出来るだけ「楽しく」プレーして欲しいですね。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭  優勝@サバナ

よっしゃー!!!!!!!!!!!!!
ジョージア州サバナで開催されているSavannah Challenger(グリーンクレー、賞金総額$50,000)で錦織圭選手(Wilson BLX 95使用)が見事に復活の優勝を果たしました!!

<決勝>
錦織圭 6-4 6-0 Ryan SWEETING (アメリカ)(4)


準々決勝で相手に与えたゲーム数は僅か「3」、準決勝では「2」、決勝戦でも「4」と完勝でした。
準々決勝の「ビッグサーバー」R・ケンドリック戦では相手に一度もサービスゲームをキープさせなかったとのこと。


錦織圭選手は自身のブログで以下のように語っています。

  うぉぉぉぉ  勝ちました!!優勝です!!
こんなに早く優勝できるなんて・・・。
うれしいです
なんてったてうれしいです・・
これ書きながら泣きそうです。
今は速報なのでいちおう優勝したとの報告です!
ファンの方達にいち早く伝えたかったので!
今からもう次の大会の会場に移動しないといけないのです。
次はSarasotaで家から行ける距離です。
まずは今からBradentonの家に帰ります。
6時間ドライブ・・・:''(
かなり体が悲鳴あげてるので大変ですが仕方ないです。
ではまた帰って一息ついてからまたこの大会を振り返ります。
次の試合は火曜日なので
今日明日は存分に勝利に浸りたいと思います。
では今から帰ります。
とりあえず
気晴らしに言わしてください

Yessssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss!!  



錦織選手の嬉しさが伝わってきますね!読んでいたこちらまで嬉し過ぎて元気が湧いてきました。

肘の痛みで1年以上の休養を経て、復帰4戦目での「優勝」!!
ツアー下部大会とはいえ、こんなに早い時期の「優勝」を誰が予想したでしょうか?!信じられません!
デルレイビーチでの衝撃のツアー初優勝も嬉しかったですが、その時よりも今回の勝利の方が私は嬉しいです。(私の馴染みのある町での出来事でなおさら嬉しいです。)

次戦はI-95を南下してフロリダ州サラソタでのチャレンジャー大会。明日火曜日には1回戦に入る予定ですからツアー選手はタフですね!
これからも渡り鳥のような生活は続きます。

ともかく錦織圭選手がコートにいるだけハッピーですので「あわてず・あせらず・あきらめず」頑張って欲しいです。

ジュニア諸君には彼の打ち方や身なりだけでなく、試合の時のファイト&ガッツ、流れが来た時のギアの入れ方等も見習って欲しいですね!

引き続き日本の南端から応援しています。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 14:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

デ杯 & ジュニアデ杯 2010

デビスカップのアジア・オセアニアゾーン・グループⅠ 2回戦   
~クイーンズランド・テニスセンター(レッドクレー)~

日本対オーストラリア戦が、敵地オーストラリア・ブリズベーンの地で今日開幕します。

(第1日目)
伊藤竜馬 vs レイトン・ヒューイット
杉田祐一 vs カーステン・ボール

(第2日目)
鈴木貴男/添田豪 vs  ポール・ハンリー/カーステン・ボール

(最終日)
杉田祐一 vs レイトン・ヒューイット
伊藤竜馬 vs カーステン・ボール


元世界ナンバーワンのレイトン・ヒューイットをはじめとしたツアーの常連達で構成されるオーストラリアチームが優位なのは確かですが、何が起こるかわからないのが団体戦!
日本チームも伸び盛りの若い選手達中心で構成されているので爆発力に期待しましょう。


そして将来のデビスカップ&フェドカップを担う選手達がやってくれました!!
16歳以下の国別対抗戦、ジュニアデビスカップ(男子)、ジュニアフェドカップ(女子)アジアオセアニア予選が先週末、マレーシアの地で行われ、日本チームは見事にアベック優勝を果たしました!!
今回の勝因は「チームとしての総合力の高さ」だったと男子の岩本功監督は語ってられました。

男子監督の岩本功さん(写真左)は、以前にも紹介(2009年4月26日ブログ)しましたが、コーチングについても色々とアドバイスいただいています。あれから会っていないので・・・もう一年以上も会ってないんですねぇ(涙)
鹿児島の地より応援しております!!

女子の駒田監督とは学生時代にインカレで試合をさせて頂いたことがあります。その時の結果は・・・・(涙)。。。

9月の世界大会(メキシコ)で女子は去年の4位、男子は錦織圭選手がいた時の5位を上回れるように頑張って欲しいですね!


男子準優勝のオーストラリアの監督はウインブルドンダブルス5連覇を含むグランドスラム12勝&アトランタ五輪金メダリストのマーク・ウッドフォードでした!!
駆け引きや間の取り方、アドバイスのタイミングは「さすが」で学ぶ事が多かったと岩本監督は言われてました。

ウッドフォードは、現在「USPTAプロ1」コ一チとして一年のほとんどをアメリカ(カリフォルニア州ランチョ・ミラージュ)で過ごしています。

昨年は、「二度の全米OPチャンプ」パトリック・ラフタ―が監督を務めるなど「古豪」オーストラリアは復活に向けてジュニア強化にも力をいれています!




ジュニアテニス | 投稿者 arimura 15:36 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織圭 クレー第1戦

Savannah, GA, USA
今週よりジョージア州サバナで開催されるチャレンジャー大会、Savannah Challenger(クレー、賞金総額$50,000)に錦織圭選手が出場します。
錦織選手にとっては5月末から始まる「全仏オープン」に向けたクレーコートシリーズの第1戦!
クレーで実戦を行うのは約2年振りですし、対策はまだ万全ではないと思いますが頑張って欲しいですね!。

初戦の相手は、3月8日のブログ「デビスカップ フィリピン戦」でも紹介しましたセシル・マミート!今大会は予選を勝ち抜いてきました。
今大会のクレーはヨーロッパや中南米に見られるレッドクレーではなく、グリーンクレー!アメリカ南部には多く見られるコートで現地では、グリーンサンドとかハー・トゥルゥと呼ばれています。

今回会場のサバナは私が住んでいたヒルトンヘッド(サウスカロライナ州)とは州の境界線でもある「サバナ川」を挟んで隣町!頻繁に行っていた馴染のある町です。

写真はサバナのリバー・ストリート。
ジョージア州アトランタから大西洋に向けて東へ車を4時間弱走らせるとサバナに着きます。
かつては綿花のプランテーション・奴隷貿易で栄えた町は現在、歴史的な町並みや建築物を再生・保存した観光都市として栄えています。
映画「フォレストガンプ」の冒頭のシーンでトム・ハンクスがベンチに座りながら話をするシーンやオスカー女優サンドラ・ブロックとベン・アフレックが共演した「恋は嵐のように」の舞台にもなった所といえば知っている方も多いのではないでしょうか?!またこの町を舞台にした小説&映画「真夜中のサバナ」でも知られていると思います。
南部的な魅力、サザン・ホスピタリティでも知られている町「サバナ」はお薦めです!!




先ほど久し振りにATA出身の平原しおりと再会してきました。社会人1年目の多忙な合間をぬっての福岡からの「1日弾丸帰省」の為、ATAの練習に参加出来ませんでしたが、元気そうな顔を見れて嬉しかったです。
しおりを幼少期から指導して下さった鶴田コーチを交えて色々な話もすることができて楽しい時間でした。

写真はお土産にもらったお菓子「博多通りもん」。

しおり       「初めての給料で買ってきたんですよ!」
鶴田コーチ   「もったいなくて食べられないなぁ~」 ← 嬉しそうな表情をされていました。

私も鶴田コーチと同じ気持ちでした。。。

柳川高校時代には、チームを全国選抜3位、インターハイ3位に導いた大物ルーキーは新天地・九州電力で頑張ってくれることでしょう!!

しおり!!持ち前のガッツと明るさで頑張ってくれ!故郷より心から応援してるよ!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 21:26 | コメント(0)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2010年 5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。