tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

〇〇年ぶり!!

Australian Open 2011
Melbourne, Australia


<男子シングルス 決勝>
N Djokovic (SRB) 6-4 6-2 6-3 5)A Murray (GBR)


第3シードのジョコビッチと第5シードのマーレーの次世代を担う「23才」対決は、6-4 6-2 6-3のストレートでジョコビッチが勝利し、「3年ぶり」2度目の優勝を飾りました。

クロスゲームになるかと思いましたが、終わってみればジョコビッチの完勝!
ワクワクしながら試合を待っていただけに拍子抜け感が拭えず・・・・序盤は特にジョコビッチが先に攻めマーリーが後手に回る展開が多く見られました。マーレーも中盤からはアグレッシブなプレーもしましたがジョコビッチに「隙」がなかったですねぇ。

マーレーは1936年の全米優勝のフレッド・ペリー以来、「75年ぶり」となる英国人選手によるグランドスラム優勝(全豪では「77年ぶり」)を目指していましたが、2年連続の準優勝に終わりました。
これでグランドスラム通算3度目の準優勝。次に期待しましょう!



<女子シングルス 決勝>
Kim Clijsters (BEL)  3─6 6─3 6─3 李娜(中国)


李娜を応援してました。初めてのグランドスラム決勝戦とは思えないような思いっきりの良い攻撃的なプレーで第1セットを取った時はアジア勢の「初」優勝!を期待しましたが、第2セット第1ゲームをダブルフォールトでブレークされた場面では「隙」があるなぁと感じました。
その後はレッスンがあった為、見る事ができず・・・・・後ろ髪を引かれる思い(髪無いけど・笑)で雪の中のレッスンに向かいました。(アメリカでは雪の中、外でテニスはしないです・笑)

帰宅して真っ先に結果が知りたくて、録画映像の最後の方から巻戻し・・・マッチポイントの場面を見てガッカリでした。。。
やはり経験値の違いだったでしょうか!?

それでもアジア人選手として初めてのファイナリストに大きな拍手を送りたいと思います。
試合後の表情もスピーチも素敵でした!!



大阪

第30回記念大阪国際女子マラソンにバルセロナ五輪女子マラソン代表の小鴨由水さんが「19年ぶり」に出場しました。
19年前のこの大会で初マラソン初優勝を飾りオリンピック代表になった小鴨選手は現在39才!クルム伊達公子選手の活躍にも刺激を受け再チャレンジを決意したようです。

小鴨選手は、私と同じ年ですし同じ職場(福岡市・岩田屋本店)で働いたこともあるので親近感が湧きます。

今回のレースは思ったような結果が残せなかったようですが、本当に頑張って欲しいですね!
微力ながら南の地より応援しています。

 


鹿児島・宮崎

霧島山・新燃岳の噴火のニュースを見られた方も多く、いろいろな方から御連絡頂きました。御心配をお掛けしましたが元気です。有難うございました。

現在は、風向きの影響で宮崎県側が特に被害を受けています。。。(ウチの会社の一つの営業所は火口から6キロの所にあり、降灰の被害を受けています。)
本格的な火山活動といえるマグマ噴火は、1822年以来「189年ぶり」!!
長期化が懸念されますが、下を向いていてもしょうがないので上(前)を向いて行動していかないといけないですね!!

スポーツ全般 | 投稿者 arimura 12:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

全豪OP & 日本リーグ  2011

Australian Open
Melbourne, Australia

<女子シングルス準決勝>

9)李娜(中国)3-6,7-5,6-3 1)C Wozniacki (DEN) 


The Grand Slam of Asia/Pacificとうたわれている全豪で中国の李娜(リー・ナ)が世界№1ウォズ二アッキを下し、見事に決勝進出を果たしました!

第2セット4-5であった相手のマッチポイントを凌いでの勝利!
中国人として「初」アジア勢としても「初」のグランドスラム大会シングルス ファイナリストです。

若い時のアガシのように?攻撃の手を緩めないで攻め続ける李娜の姿勢は圧巻でしたね。
明日のクライシュテルスとの決勝戦が楽しみになってきました。
(李娜に昨年秋に勝っている伊達さんも凄いです。)


男子はナダルフェデラーの2強が姿を消してしまう予想外の展開・・・この2人が絡まないグランドスラム決勝戦は久し振りではないでしょうか?!
決勝戦はフェデラーを準決勝で破ったジョコビッチが「マーレーVSフェレール」の勝者と対戦します。

ナダルを破ったフェレール(身長175センチ)の走りまくるテニスは日本人にも参考になりますね!数年前のジャパンOPで彼の練習を見ましたがともかく走り、全力でボールを打っている姿が印象的でした。
(背は高くないですが、胸板がとても厚かったですねぇ!)
このフェレールをUSオープンの舞台で打ち勝った錦織圭選手は本当に凄いです。

それ以外に今大会印象に残った選手の一人がドルゴポロフ
ツォンガソダーリングの強豪を撃破しベスト8に入りました。
彼の変幻自在で独特のフォームから繰り出される鋭いショットは、予想がしにくくエースを量産していました。
この22才のウクライナ人は今後、錦織選手のライバルになるのは間違いないかもしれません。


<ジュニア女子ダブルス準決勝>

穂積絵莉・加藤未唯 6-2,6-4 Denisa Allertova・Klara Fabikova(CZE)


ジュニアでは穂積絵莉/加藤未唯組が見事に決勝進出です!
穂積さんは、私の後輩が指導していたこともあり小さい頃から注目していました。
決勝戦頑張って欲しいですね!!





日本リーグ 

テニス日本リーグの第2ステージが横浜国際プール等で行われATA出身平原しおりを擁する九州電力がグループリーグ2位を決め、上位4チームで争う決勝トーナメント進出を決めました!!

決勝トーナメント行きが懸かった三菱UFJ銀行戦では、しおりが出場したダブルスまでポイントが縺れましたが、見事に勝利しました。(柳川魂!!!)

2月の連休に東京体育館で開催される晴れ舞台を見に行きたいと思いましたが、私は現役戦士達と沖縄で開催される全国選抜ジュニア九州予選が・・・・琉球の地でジュニア達と頑張るので、そっちも頑張れよ!



ATA関係 | 投稿者 arimura 11:34 | コメント(1)| トラックバック(0)

全豪OP ジュニア始まる!

Australian Open
Melbourne, Australia


今回の全豪OPでの錦織圭森田あゆみの両日本人若手選手の3回戦進出は本当に素晴らしかったですね!

<男子シングルス3回戦>
錦織 圭 26 46 36 F Verdasco (ESP) 


錦織選手VSフェルナンド・ベルダスコの3回戦はべルダスコがトップ10プレーヤーの貫禄を見せつけたゲームになりました。
錦織選手も第2セット以降はストローク戦で主導権を握るなど良いプレーもありましたが、ビッグポイントではベルダスコからポイントを奪えずストレート負けに終わりました。
錦織選手にとっては悔しい結果だったと思いますが、これを糧にまた頑張ってくれることでしょう!


<女子シングルス3回戦>
森田あゆみ vs 彭帥(Shuai Peng、中国)


森田選手VSペン・シューアイの試合は本当に惜しい内容でした!
ファイナルセット3-3、相手のサーブ0-40で何度もブレークするチャンスがありながら取りきりませんでした。そのゲームのキープを許してからはペンに一気に流れが行き引き戻すことは出来ませんでした。
それにしてもサービング・フォー・マッチでは右足に痙攣がきていたペンの気迫は本当に凄かったですね。


今回の2人の若手選手の活躍は、他の日本人選手の励みにもなったと思います。
今後のツアーが楽しみになってきましたね!

大会日程の半分を終えた全豪オープンは、昨日ジュニアの部も開幕しました。
日本からは何と男女10名の選手が本戦に出場したようです!(顔触れを見ると私の教え子とライバルだった選手もいるので嬉しいですね。)

その中で「ガンバレあやか」でお馴染みの奥野彩加選手が見事にグランドスラム初出場で初勝利を挙げました!

<ジュニア女子シングルス1回戦>

奥野彩加 1-6,6-4,6-1 Storm Sanders(AUS)



対戦相手は、地元オーストラリアの選手でした。
ITF大会にあまり出場していない為、ランキングがそれほど高く無いですが、前哨戦でも活躍するなど実力はかなりの選手だったようです。(ブログ ガンバレあやか より引用)
そんな相手に対して第1セットを1-6で落としてかららの逆転勝利!!素晴らしいですね!

あやかちゃん、そしてあやか父さま、おめでとうございます。
2回戦も頑張って下さい!薩摩の地より応援してます!!



鹿児島

まだまだ寒い日が続く南国・鹿児島では県中学新人戦(個人戦シングルス)が開催されました。
ATA戦士達の成績は以下の通りでした。

<2年生女子>
英  凪紗   優勝
平原 美咲   3位


<2年生男子>
大渡 洸明   3位
岡村 浩太   4位


<1年生男子>
米田 伊織   準優勝

チーム全体としては、現段階での「力」は発揮出来たかなぁと思います。
とはいえ・・・2週間後のトヨタジュニア県予選、3週間後の全国選抜Jr九州予選を戦い抜いて行くには、まだ十分な「力」があるとは言えませんし「隙」もあります。春以降のシーズン本番に向けてはより一層の課題(それぞれ)の克服が必要だと思います。

その為には・・・
また今日から練習!練習!

ATA関係 | 投稿者 arimura 12:04 | コメント(3)| トラックバック(0)

全豪OP 錦織圭 3回戦へ

Australian Open 2011
Melbourne, Australia

<男子2回戦>
錦織 圭   6-4 6-3 0-6 6-3   F. Mayer (GER)


錦織圭選手が世界ランク36位のフロリアン・マイヤー(ドイツ)を破って見事に3回戦進出を決めました。
全豪OPでの日本男子の3回戦進出は、1965年の石黒修さん以来なんと46年振りの快挙とのこと!!(御存知だと思いますが「俳優」石黒賢さんのお父様です。)

マイヤーは大型選手には珍しく?強打に加えて変則的なバックハンドスライスやドロップショット等も織り交ぜてくるトリッキーな選手で1回戦ではダビデンコを破り勝ち上がってきていました。
錦織選手はマイヤーの低い弾道のスライスを無理に攻めず我慢を重ね、チャンスを待ちそれをアタックするという攻守の切り替えがしっかりとしたプレーを展開し4セットで下しました。

昨年末からコーチに就任したブラッド・ギルバートの下、「ミスを減らし堅実なプレーをすること」を課題の一つとして取り組んでいるようです。

写真(Kei Nishikori Face Bookより)は2回戦の錦織選手。ユニクロのウェアも違和感がなくなってきましたね!

今大会の錦織選手は、格好良い派手なポイントの取り方が減り、その時に必要な「ショットの選択」や「プレー」をすることを心がけているように感じます。
アガシがギルバートの指導で「大人のテニス」に進化していったように・・・・本当に楽しみになってきましたね!


3回戦の相手は2年前の全豪SFでナダルを土俵際まで追い詰めたフェルナンド・ベルダスコです!
今大会も2回戦でティプサレビッチに2セットダウン、3度のマッチポイントを凌いで勝ち上がってきたタフな相手です。
明日の3回戦楽しみですね!絶対見たいですけど何時スタートなんでしょう?!私の就業時間内でないことを祈ってます。(笑)



R. Federer (SUI) (2)  6-2 6-3 4-6 4-6 6-3   G.Simon( FRA)

前哨戦で優勝し、絶好調で臨んだフェデラーが大苦戦の末に3回戦進出を果たしました。
相手は前哨戦のシドニーで優勝した元トップ10プレーヤーのシモン
改めてグランドスラムを勝ち上がる厳しさを感じさせられますね!
錦織 圭 | 投稿者 arimura 12:07 | コメント(0)| トラックバック(0)

いよいよ 全豪開幕!

Australian Open 2011
Melbourne, Australia


全豪オープンの「予選」は本戦入りを掛けて熱い戦いが繰り広げられていました。
日本からは男子が添田豪、伊藤竜馬、杉田祐一、女子が奈良くるみ、土居美咲、不田涼子、瀬間詠里花、飯島久美子、中村藍子の合計9名の選手が挑戦しましたが、全員が予選敗退という残念な結果に終わりました。。。
今回の結果で改めてグランドスラム予選の厳しさを痛感させられた日本勢ですが、2011年は始まったばかりですので引き続き頑張って欲しいですね!



そして今日から待ちに待った今年最初のグランドスラム「全豪OP」が開幕し、初日17日(月)の第1試合(日本時間 午前9時~)には、錦織圭選手が登場します!

<男子1回戦>
錦織 圭 vs F. FOGNINI(ITA)



対戦相手のファビオ・フォニーニ(イタリア・世界ランク57位)は強烈なサーブとフォアが武器の選手で昨年の全仏OPではマスーモンフィスをウインブルドンではベルダスコを撃破している手強い選手のようです。

対する錦織選手は体調不良が心配されていましたが、数日前のアデレードエキジビションではフランスのデ杯選手ロドラを破るなど調子が良さそうですので楽しみですね!!

試合は月曜午前9時から・・・
仕事中で100%見れないのが超残念ですが、心より応援しています!


写真(Kei Nishikori FaceBookより)はアデレードでの錦織選手。
ユニクロ・ウェアもなかなかだと思う私は少数派ですかねぇ!?

錦織 圭 | 投稿者 arimura 01:41 | コメント(2)| トラックバック(0)

全豪OP2011  予選始まる!

昨夜のサッカー「日本VSシリア」戦の義務応援(体育会用語です・笑)の為、今朝は完全に寝不足だった私。。。
終盤の劣勢からの勝利は本当に素晴らしかったですねぇ!
それにしても1点リードで迎えたロスタイムが6分?!
本当に長い6分間でした。



Adelaide, Australia

錦織圭選手はアデレードで開催されたエキジビションマッチWorld Tennis Challengeに出場しました。初日、二日目は食あたりによる体調不良で欠場しましたが、3日目は元気にプレーし世界ランク22位の強豪Michael Llodra(FRA) を破りました。ダブルスでは元ウインブルドンチャンピオンのパット・キャッシュと組み、ロドラとアンリ・ルコント組に勝利!
来週からの全豪OPが楽しみになってきました!




Melbourne, Australia

その全豪オープンの予選ラウンドが始まりました!
初日には男子予選1Rが行われ、日本からは添田豪選手(第8シード)、伊藤竜馬選手、杉田祐一選手の3人が出場しました。


<男子予選1回戦>

杉田祐一     62 1-0 ret.  R. Bautista-Agut (ESP)
G. Olaso (ESP) 76(5) 36 62  伊藤竜馬
R. Farah (COL) 76(7) 64    添田 豪



第8シードの添田選手は残念ながらストレート負け、伊藤竜馬選手も惜しくもフルセットの末に敗退しました。そんな中、昨年の全日本チャンピオン杉田祐一選手は相手の棄権でしたが初戦を突破しました!

杉田選手は先週のチェンナイ・オープンで初のツアー2回戦進出を果たすなど好調ですので期待したいですね。2回戦では31才のベテランJan HERNYCH(チェコ)と対戦します。


写真は伊藤竜馬選手!
年始にウイルソンとラケット、ウェア等の用具使用契約を締結しました。

ラケットは錦織圭選手が使用するWilson TOUR BLX 95ラージ版にあたるTOUR BLX 105です。

「ウイルソンはスーパーカーのような存在です。自分が運転できるようになれば、素晴らしいパフォーマンスを約束してくれるんです。勝つにはこれしかないって感じです。」と語っていた伊藤竜馬選手に期待しましょう!!(ウイルソン・テニスHPより抜粋)
テニス | 投稿者 arimura 14:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

ATPツアー開幕戦 決勝

男子のATPツアー開幕戦は世界各地3会場で決勝戦が行われました。

<カタール エクソンモービル オープン>
Doha, Qatar

R Federer (SUI) 63 64 N Davydenko (RUS)

中東カタールではフェデラーが優勝!
フェデラーは今大会5試合で1セットも落とすことなく完全優勝。決勝戦ではブレークチャンスすら与えませんでした。自身ツアー通算67勝目のタイトルを手にして、1週間後に迫った全豪オープンに向けて弾みをつけました。
世界№1のナダルは体調不良でシングルスはベスト4に終わりましたがダブルスでは見事に優勝!


<ブリスベン国際>
Brisbane, Australia

R Soderling (SWE) 63 75 A Roddick (USA)

オーストラリアではソダーリングが絶好調のサーブと強力なフォアハンドを武器に昨年覇者のロディックにストレート勝ちを収めました!
映像を見る限りロディックもかなり動きも良く復調してきているようで全豪が楽しみですね!


<チェンナイオープン>
Chennai, India

S. WAWRINKA (SUI) 75 46 61 X. MALISSE (BEL)

インド・チェンナイでは、昨年の準優勝者ワウリンカがマリーセをフルセットの末に破り、自身3度目のツアー優勝を挙げました!
今大会チリッチを破った錦織圭選手は見事にベスト8入り!
今週はオーストラリアへ移動し、アデレードで開催されるエキジビション大会に出場し、本番(全豪)に挑みます。



鹿児島

週末の2日間、ATAの練習にOBの小吹学片谷祥吾が参加しました。

小吹学は、元デビスカップ日本代表選手の宮地弘太郎プロが監督を務める関西国際大学の3年生です。入学以来チームの原動力としてリーグ戦5部から2部に引き上げる等の活躍を見せています。今年は学にとって学生最後の年!関西学生・インカレでの活躍を期待しています。

片谷祥吾は修造チャレンジ・トップJrキャンプにも召集された逸材で柳川高時代は主将として全国選抜連覇の中心選手として活躍しました。現在は中央大学の2年生で昨年はインカレ複ベスト16にも入りました。今年は得意のダブルスに加えシングルスでも活躍してくれると思います。

この2人のボールを受けた現役メンバー達はそれぞれ色々な事を感じ取ってくれたとは思いますが、もう少し積極的な姿勢や色々なものを吸収してやろう!という貪欲さが必要だと改めて感じました。
良いショットを打つ事やフットワークが良い事だけが、良いテニス選手になる要素でないことをもっと理解して欲しいですね!

練習後にOB2人と食事に行きました。
メンバーが良いとご飯も美味しくなりますね!話も盛り上がり、閉店時間になっても話は尽きず・・・最後のお客でした(笑)。
2人にとって飛躍の年でありますように故郷から応援しています!!!



ATA関係 | 投稿者 arimura 18:36 | コメント(3)| トラックバック(0)

錦織圭 & ユニクロ

ATP250 チェンナイオープン
Chennai,India


今季のツアー開幕戦チェンナイオープンで錦織圭選手が、大会2連覇中のマリン・チリッチ(世界14位)に逆転勝ちし、今季初戦を最高のかたちでスタートをきりました!!

<1回戦>
錦織圭 46 76(0) 62 Marin CILIC (CRO)


チリッチとは昨年の全米オープン2回戦で対戦し、 5-7 7-6(6) 3-6 7-6(3) 6-1 の5時間の死闘の末に勝っていました。
今回も前回同様タイブレークで強さを発揮し、勝利を手繰り寄せたようです。
「イージーミスを減らし、パーセンテジテニスができるように、少しテニスを変えた。」と試合後に語っていた錦織選手。
戦術、作戦面に優れている新コーチ、ブラッド・ギルバートの影響も少なくないかもしれませんね!

2回戦では昨年のウインブルドンでフェデラーを崖っぷちまで追い詰めたA.FALLA (COL)と対戦します。



ところでこの写真(Kei Nshikori FaceBookより)を見られて気づかれますか?
錦織選手の着用しているウェア・・・・・UNIQLOです!!

錦織圭選手はユニクロと5年間のスポンサー契約を締結したようです。ユニクロウェアを着用するのは、車椅子テニスの国枝選手に続いて2人目でしょうか!?

世界のトップ選手になることを目標にしているKei Nishikoriとカジュアル衣料品店世界一を目指すUNIQLOとはイメージも合うのかもしれませんね。(同じ中国地方出身ですし!)
(余談ですがユニクロ柳井氏の次男さんと一緒にバナナボートに乗ったことがあります・笑)

それにしても世界的トップブランドのアディダスと再契約せずにユニクロのウェアを着用するとは・・・・今までの日本人選手とはこういった部分も異なるのかもしれません。
錦織選手をマネージメントしているIMGの戦略からも目を離せませんね!
(ラケットはウイルソンと再契約しました。)
錦織 圭 | 投稿者 arimura 13:44 | コメント(5)| トラックバック(0)

初打ちだよ!全員集合! 2011

新年早々・・・
恒例の「初打ちだよ!全員集合!」を行いました。

今年も多くのOB、OG(下記の)を含めたメンバーが参加しました。

鮫島正一郎   (慶應義塾大学 3年)
小吹学       (関西国際大学 3年)
片谷祥吾     (中央大学 2年)
柏木俊紀     (筑波大学 2年)
鮫島昴       (早稲田大学 1年)
平原しおり     (九州電力)
西田浩輝     (鳳凰高校 3年)
岡村修平     (柳川高校 1年)
池之上理宇   (鳳凰高校 1年)
大西なぎさ    (早稲田実業 1年)


いつも思う事ですが、鹿児島から飛び立っていった選手達が戻って来て、後輩達と一緒にボールを追っている姿は何とも言えません。
ジュニア達にとってお手本になる先輩達のプレーやアドバイスは大きな刺激になったと思います。


今年も皆の前で一人ずつ「一年の抱負」を発表しました。
それぞれがしっかりとした「目標」を語っていましたので「初心」を忘れないでそれぞれ邁進(行動)していって欲しいですね!


会場では保護者の方からぜんざいも振舞われ身も心も暖まりました!本当に有難うございました!!
それ以外にも差し入れ等頂き感謝感謝です。





年末に・・・
初めての「ATA同窓・忘年会」を開催しました!!
「私の夢」の一つでもあった教え子達と飲むという事が叶いました(笑)。
(幹事の俊紀、発起人のしおり、御苦労様でした!初打ちに来れなかった中村淳一小吹英も一緒に飲みました。)

写真は乾杯後でしょうか?皆ATA発足時のメンバーばかりです。
発足当時、何の実績もなかった私を信じてついてきてくれたメンバー達だけに彼らに対する思い入れは強いかもしれません。

殺風景な郊外の工業団地にあるハードコート1面(昔の拠点)で練習してたよなぁなんて話から近況報告(プライベートな話も)まで・・・あっという間に時間が過ぎていきました。


彼等からもらった「力」で今年一年も頑張れそうです!!
次、再会出来るのはいつかなぁ~(笑)。
ATA関係 | 投稿者 arimura 17:41 | コメント(0)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2011年 1月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。