tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

全日本ジュニア2

明日の初戦に備えて万博記念公園で練習をしました。

練習相手をつとめてくれたのはATA出身で現在大阪在住の吉田拓海でした。
酷暑の中、仲間の為に汗を流してくれた拓海の姿勢や心遣いが本当に嬉しかったです。
拓海、マジ有難う!!

また練習コートの手配から送迎までをして下さった吉田兄弟のお母様には大変お世話になりました。
本当に有難うございました!

改めて色々な方々に支えられてテニスをする事が出来ていると実感させられる一日になりました。

明日はサポートして下さった方の為にもキバっどー!!
テニス | 投稿者 arimura 19:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

全日本ジュニア

ATAメンバーの福永雛乃と全日本ジュニアテニス選手権(大阪・靫公園TC)に来ています。
今日は公式練習日。
鳳凰高校の池田紗也さんと練習をしてもらいました。
藺牟田先生、紗也ちゃん、里穂、充実した練習を有難うございました!
テニス | 投稿者 arimura 15:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

鹿児島県中学総体

全国中学生選手権に繋がる大会「鹿児島県中学総体」が開催されました。
ATA戦士達も学校代表として酷暑の中、頑張りました。


<女子>

団体戦    優勝   西紫原中(山方佳乃、東みく、大渡菫、元山果南、亀田菜月、重田結衣子)
団体戦    準優勝 伊敷台中(英凪紗)

シングルス  優勝   山方佳乃
シングルス  準優勝  芦浦里奈
シングルス  4位   英凪紗

ダブルス   優勝   大渡菫・元山果南
ダブルス   3位   東みく・亀田菜月
ダブルス   4位   御領原由貴・深川智愛


<男子>

団体戦    優勝  西紫原中(米田伊織)

シングルス 3位   辻泰一

ダブルス  優勝  米田伊織
ダブルス  3位   内倉鉄平


以上の13名のメンバーが九州大会行きの切符を手にしました。
おめでとう!!

個人競技であるテニスで自分のためだけではなく学校の代表として仲間のために戦う事はジュニア世代にとって重要なことだと思います。
8月6日から始まる九州総体では力を発揮出来るように残りの日々を過ごして欲しいですね!

写真は鹿児島のシンボル桜島。
情熱活火山!
皆で爆発すっどぉ!!
ATA関係 | 投稿者 arimura 11:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

九州ジュニア 2012

酷暑の宮崎で開催された「九州ジュニア選手権」に行ってきました。
全日本ジュニアの予選を兼ねる大会には各県の代表選手達が集い、熱い熱い戦いを繰り広げました。

ATAからは8名の選手と2名のOBが出場しました。


福永雛乃
U16女子 単ベスト4  複2回戦

英凪紗     
U16女子  複2回戦

御領原由貴   
U14女子  単1回戦

大渡菫     
U14女子  複2回戦

元山果南    
U14女子  複2回戦

亀田菜月    
U14女子  複2回戦

辻陽平     
U12男子  単1回戦  複1回戦

元山未優    
U12女子  単1回戦  複1回戦

岡村修平(OB 柳川高) 
U18男子 複ベスト4

岡村浩太(OB 鳳凰高) 
U16男子 単1回戦 複2回戦


福永雛乃がノーシードからタフなドローを抜け出し2年振りに「全日本ジュニア」への切符を手にしました。おめでとう!!
今年のトヨタジュニアに続いての「全国大会」出場ですが、トヨタJrやインハイのように県予選を勝ち上がれば出場できる大会とは違うだけに大きな価値があると思います。

今大会の雛乃は、初戦から逆転に次ぐ逆転での勝ち上がりでした。特に準々決勝の「九州高校チャンプ」との試合は4-6ダウン、しかも相手得意のサービスゲームという「崖っぷち」まで追い込まれましたが、そこから雛乃だけではなく応援している仲間(後輩達、保護者の方々)も逆転を信じ一致団結(プレー・応援)して1ポイント1ポイント積み重ねていった事が「金星」に繋がったと思います。(会場内で一番の応援でした。)

昨年は不甲斐ない内容で全日本を逃したにも関わらず後輩(菫と果南)のダブルス3位決定戦の時には中心となって応援をしていた雛乃。
その彼女に今回大きな声援とツキが回ってきたのは偶然ではなく必然だと私は信じています。


写真は、U18男子ダブルスとU16女子シングルスでそれぞれベスト4に入った岡村修平(柳川高校)、福永雛乃と私。
修平はテニスの実力も素晴らしいですが、ATAの後輩達の応援にも頻繁に駆けつけるなど、その人柄も最高です。



写真は朝6:30からの朝練の様子。
爽やかな朝日と笑顔ですね?!(本当は超寝むそうでしたが・苦笑)

多くの選手達が今回「勝ち星」を上げてくれたのは大きな収穫でした。
ほとんどの選手が来年も同じ「クラス」に挑戦出来るので今回の「姉さん」の活躍をお手本に今日からの練習も頑張ってくれるでしょう!


今回も例年と同様に早朝から試合終了まで暑い中、保護者の方々には多大なサポートをして頂きました。
また会場内、そして懇親会で多くの関係者、指導者の方々と交流、意見交換をさせて頂き本当に貴重な時間になりました。
運営をされた九州協会、宮崎県協会の方々には本当にお世話になりました。

皆さま本当に有難うございました。

全日本では九州代表の名に恥じないように頑張ってきたいと思います!
ATA関係 | 投稿者 arimura 14:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウインブルドン 2012 決勝戦

ウインブルドンは、共に「1981年生まれの30才」で「Wilson Team」のロジャー・フェデラー(Wilson BLX Pro Staff Six.One 90 )とセリーナ・ウィリアムズ(Wilson BLX Blade Team)の優勝で幕を閉じました。


フェデラーにとっては2010年全豪以来のグランドスラム優勝!
ウインブルドン7回目の優勝はサンプラスに並び、グランドスラム最多優勝回数は自身の記録を「17」に更新しました。
そして2010年5月以来となる「世界ランク№1」へカムバック!!

ロンドンでのオリンピック開催(しかもウインブルドン)が決まった時に誰よりも早く出場を表明したフェデラーが最後の目標?としている第1シードとしてオリンピックの舞台に挑みます。
楽しみですね!



セレナは今大会5回目、そして14回目となるグランドスラム優勝を果たしました。
30代の優勝はあのマルチナ・ナブラチロワ以来2人目。

免疫疾患の治療を続けている姉のヴィーナスと組んだダブルスでも優勝を果たし、2冠を達成しました。
今年一番の目標と掲げていたロンドン・オリンピックに最高の形で入れそうですね。
ウィリアムス姉妹は2000年シドニー、2008年北京に続き3度目のダブルス金メダルにも挑みます。




今大会で私が一番心を動かされたのは「準優勝者」マーレーの形振り構ないプレーと試合後のスピーチでした。
地元イギリス勢としてフレッド・ペリー以来76年振りの優勝は叶いませんでしたが執念を感じさせられる素晴らしい戦いだったと思います。

マーレーにとって4度目のグランドスラム決勝戦も勝つ事はできませんでしたが、イワン・レンドルがコーチになって確実に優勝に近づいているのかなぁと・・・
現役時代に「無冠の帝王」と言われた時期もあったレンドルも5度目の決勝でやっと優勝を果たし、その後8個のグランドスラムタイトルを勝ち取った苦労人です。

マーレーはこの試練を必ず乗り越えると信じています。というか凄いファンになりました!
楽天OPは「義務応援」(体育会用語でスミマセン)に行かなければ!




写真は以前も紹介しましたレンドルのアカデミー!
私の「準ホームタウン」サウスカロライナ州ヒルトンヘッドに昨年開校しました。(昨秋「里帰り」の際に見学してきました!)

素晴らしい環境の中、世界的な選手が輩出される日も遠くはないかもしれないですね!



寝不足からやっと解放され、次の全米OPまでは少し時間があるなーと油断していたら今年はオリンピック・イヤ―・・・・
ロン・ドン・ドン♪ ロン・ドン・ドン♪
あのCMが耳から離れません(苦笑)
テニス | 投稿者 arimura 11:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウインブルドン2012 最終局面

連日私を寝不足に追い込んでいるウインブルドンも残すは男女の決勝戦のみとなりました。

<男子シングルス決勝>
ロジャー・フェデラー(SUI)VS アンディ・マーレー(GBR)


5年振り6度目の優勝を狙う「芝の王者」フェデラーは、ジョコビッチとの準決勝では超攻撃的なテニスを披露しました。ラケット(Wilson BLX Pro Staff Six.One 90 )から火を噴いているようなテニスは全盛期に戻ったかのようでした。
ショットの威力もですが、体から出されるエネルギーが出まくっている感じのフェデラー!
強そうです。

それに対してフレッド・ペリー以来76年振りの地元勢の優勝を目指すマーレー
準決勝ではツォンガのパワーに手こずりながらも粘り強いテニスで撃破!
試合直後にしばらく上空を見上げて勝利の余韻に浸っていたマーレーと表情一つ変えずに「まだ終わってないよ!」とでも言いたそうな超冷静なコーチのレンドルの姿は対照的でしたね。
このコンビでどのように決勝戦に挑むか楽しみですねぇ。


<女子シングルス決勝>
セレナ・ウイリアムス  VS  アグネツカ・ラドワンスカ


準決勝でこれぞ「芝の女王」という力強いテニスを見せたセレナ
特に準決勝のアザレンカ戦で見せたWilson BLX Blade Teamから繰り出される超強力サーブは圧巻でした。

それに対してマルチナ・ヒンギスのような「うまく柔らかいテニス」で勝ち上がってきたラドワンスカ。準決勝で強打のケルバーを沈めたテニスはまさに頭脳的でした。

今夜の女子決勝戦は好ゲームが期待できるのではないでしょうか!?




連日テレビで放送されているウインブルドン中継。
解説者は母校・柳川の先輩方ばかりです。
NHKの福井烈さんは高校時代インターハイ3年連続3冠「不滅の169連勝」を記録しました。
WOWOWの坂本真一さんは高校時代に「後の世界№1」ビヨン・ボルグを沈めました。
同じくWOWOWの土橋登志久さんは高2でインターハイ優勝!一つ下の松岡修造さんと共に黄金時代を作りました。


写真は柳川高校テニス部同窓会の時のものです。

松岡修造さんや土橋さん(早稲田大監督)、さん(トーア・ストリング社長)、福永二朗さん(高校日本代表コーチ)、宮地弘太郎くん(ユニバ日本代表監督)等等・・・
私以外は本当にそうそうたる面々です。

世代は違いますが、3年間地獄のような日々を過ごした「戦友」のような感じですかねぇ。
テニス | 投稿者 arimura 17:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウインブルドン ジュニア 開幕

Wimbledon

昨日のウインブルドンは「ミドルサンデー」!
グランドスラムで「唯一」大会期間中に「休み」が入ります。
現在でも100年以上前からの伝統を守り抜くウインブルドンの正式名称は「The Championships」!
ちなみにゴルフの全英オープンは「The Open」です。。。
なんとも英国らしいですねぇ。


<男子シングルス3回戦>
フアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン) 6-3,7-6(3),6-1 錦織圭


2回戦の両者のプレーを見て、これは錦織選手に「チャンスあり!」と思っていましたがデルポトロは添田選手と対戦した2回戦とは別人のようなプレーをしてきました。さすが全米覇者といった感じでしょうか!

錦織選手はベスト16進出こそなりませんでしたが、怪我による2カ月のブランク、そしてぶっつけ本番の復帰戦だったことを考えても3回戦進出は凄いの一言に尽きるのではないでしょうか!

皆さんも感じたと思いますが、今大会の錦織選手のプレーや記者会見での受け答えからシード選手としての貫禄や風格を感じました。
1カ月後にはウインブルドンを舞台にロンドンオリンピックが開催されます。
本当に楽しみになってきました。



ジュニアの部が開幕し日本人選手が登場しました。

<ジュニア男子シングルス1回戦>
西岡良仁 6-4,6-3 Clay Crawford(英国)
内田海智 6-1,6-2 Lucas Gomez(メキシコ)


西岡良仁選手は先週の試合が「芝」初経験だったようですが、問題なくプレーしウインブルドン初勝利を挙げました。
2回戦では全仏ジュニアで惜敗したカナダのFilip PELIWO(全仏準優勝) と再戦です。
どうにかリベンジを果たして欲しいしですね。


第7シードの内田海智選手はシード選手の貫禄で快勝。
昨年の「ウインブルドンベスト4」の上を目指して頑張ってくれるのではないでしょうか!






鹿児島

鹿児島県のトップジュニアが出場する「大西杯ジュニアリーグ」が開催されました。

夏の九州シリーズ等の「本番」に向けての腕試しになる大会(シングルスのみ)にATA戦士達は挑みました。

男子

<16才以下>
優勝  米田伊織
準優勝 内倉鉄平

<14才以下>
準優勝 堀口来夢

<12才以下>
優勝  辻陽平



女子

<16才以下>
優勝  山方佳乃
準優勝 芦浦里奈

<14才以下>
準優勝 御領原由貴

<12才以下>
準優勝 元山未優



熱中症が出てもおかしくない気候の中、選手達は良く頑張ってくれました。
このような環境の中「リーグ戦」で実戦をこなせたのは夏の本番に向けて大きな収穫でした。


ただし・・・
殆んどの選手が後半になるにつれてパフォーマンスが落ちていたと思います。
暑い夏の九州シリーズの連戦に向けて残り僅かですがしっかりと練習に取り組んででいきたいと思います。

きばっどー!!!
ジュニアテニス | 投稿者 arimura 13:03 | コメント(0)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2012年 7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。