tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

鹿児島県選手権   全日本ソフトテニス

週末に鹿児島県№1を決める大会「鹿児島県テニス選手」の決勝戦が行われました。
3部門で決勝進出を果たした鹿屋体大勢の結果は以下の通りでした。

女子シングルス 優勝  吉元美咲
女子ダブルス  優勝  吉元美咲・久貝美瑠希
男子シングルス 準優勝 佐伯直政



吉元美咲(2年・鳳凰高出)が単複制覇の「二冠」を達成しました。おめでとう!!
地元鳳凰高校の出身である事、中学まで私の高校の先輩が指導していた事、そして私の教え子のライバルだった事もあり以前から顔馴染みの選手でした。
中学時代には全日本ジュニア複ベスト4、高校時代には国体7位・・・九州のトップジュニアとして活躍していた彼女の本領が発揮されてきています。今後が本当に楽しみになってきました。

久貝美瑠希(2年・沖縄尚学高出)は吉元美咲と組んだダブルスで樋口杯に続く優勝を成し遂げました。おめでとう!!
高校時代に全日本ジュニア複準優勝を成し遂げるなどの活躍を見せた美瑠希!今年は地元沖縄の国体選手としても活躍しました。
沖縄っぽい?攻撃的なテニスを見ていると・・・博章やあーきー、かずみー、まりこにも会いたくなってきたさぁ(笑)
(博章からもらったオリオンビールのTシャツ、今でも大事にしてます!)

佐伯直政(1年・大分舞鶴高出)は今年の九州学生、そして樋口杯複覇者です。
鹿屋体大OBの大園洋平の教え子で昨年の全日本ジュニア複ベスト4に入る等有望な選手で(ウインブルドン4強内田海智ペアにファイナル・タイブレークまで追いこみました。)高校時代から注目していていました。
今回は残念ながら準優勝に終わりましたが、まだ一年生!これからが本当に楽しみです。来年のインカレ、そして全国王座に向けて頑張ってもらいましょう!

かつては全日本王座ベスト4インカレ・シングルス準優勝者も輩出した全15面のテニスコートは、テニスに打ち込むには最高のロケーションだと思います。
「超」地方都市なので遊び盛りの若者にとってはかなり刺激が少ないですが、学業やスポーツに打ち込むという意味ではこれ以上の環境はないと思います。(私は大好き!)

アテネ五輪金メダリスト柴田亜衣さんや多くの五輪選手が羽ばたいていったように地方でも「出来る!!」事を信じて頑張って欲しいですね!

高橋先生、学生諸君お疲れまでした!!






県選手権の会場から車で20分の所では、ソフトテニスの日本一を決める「全日本ソフトテニス選手権」が開催されていました。

ソフトテニスの試合を見るのは20年振り位だったでしょうか?


日本一を決める大会だけあってプレーや選手の気迫等等どれをとっても一流で硬式の指導にも役立ちそうなヒントを得る事が出来ました。

ソフトテニスの詳しい事はわかりませんが「」が感じた会場の雰囲気は・・・
ハード面では硬式の全日本に劣りますが、ソフト面では硬式以上に活気に溢れていて何とも言えない「熱」を感じさせられました。(懐かしいような?)
身近にある「メイド イン ジャパン」のソフトテニスからも学ぶ事は多くありそうですね!

会場ではヨネックスの丸山さんや古賀さん等とも再会を果たし色々なお話をする事が出来て嬉しかったです。有難うございました。
次回は飲みに行きましょう(笑)


ATA関係 | 投稿者 arimura 12:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

カリフォルニアの風

San Jose在住

名古屋・東山公園で行われていた「ジャパンオープン・ジュニアテニス選手」でblog「ガンバレ あやか」でお馴染みの奥野彩花ちゃんが見事に優勝を果たしました。
彩花ちゃん、そしてあやかパパおめでとうございます。
(いつものように写真拝借させて頂きました・苦笑)

あやかちゃんは、優勝の余韻に浸る間もなく今週は大阪へ移動してグレードA大会の「大阪市長杯ワールドスーパージュニア」に挑んでいます。(こちらも日本人女子唯一のベスト4進出中!!)
グレードA大会はグランドスラムと同等のポイントが与えられる世界でも数試合しかない大会ですから頑張って欲しいですね。

既にツアー選手の一員のような生活を送っている奥野選手を応援せずにはいられません。

ガンバレ あやか!!!





Los Angeles在住

アメリカのNational(全国大会級)の試合でも活躍中の「鹿児島系2世」Alex GianniniPepperdine university(ペパーダイン大学)進学が決まったようです。
アレ君、おめでとう!!!

Alex(アレ)はロサンゼルス在住の17歳(来年のSt.バレンタインデ―で18歳)。
お母様が鹿児島出身という縁で帰国の際はATAの練習に参加していました。(後日談ですが、私の両親とお母様の両親が親しい友人だった!)

写真はUSTA National Open準優勝した時のアレ。
身長190センチ超から繰り出される強力なサーブとフォアハンドを軸にした素晴らしい選手です。

日本でも有名なUCLAやイリノイ、BYU等の強豪校からも誘いがあり悩んでいたようですが、最後はペパーダインに決めたようです。(アメリカ人に多い選択だと思います。)

ペパーダインは全米屈指の強豪校で2006年に全米一になったチームです。
ツアープロも多く輩出しており古いところでは元世界4位のブラッド・ギルバートアガシロディックの元コーチ)や元ダブルス世界5位のグレン・道端(日系カナダ人)、ダブルス元世界№1のケリ―・ジョーンズ、最近では北京五輪ダブルス銀メダリストのサイモン・アスペリン・・・・等等。

ペパーダインの素晴らしい環境の中、アレも頑張ってくれるでしょう!

久し振りにアレに会いたくなってきたなぁ!
南カリフォルニアの風にあたりに行こうかなぁ(笑)


第2の故郷より声を大にして応援しています。
Go Waves!!

ATA関係 | 投稿者 arimura 11:51 | コメント(5)| トラックバック(0)

薩摩隼人と薩摩おごじょ

薩摩おごじょ

JOCジュニアオリンピックカップ「全日本ジュニア選抜室内テニス選手権 九州地域予選」が博多の森で開催されました。
ATA関係の結果は以下の通りでした。


6位  福永雛乃


今回に限らず夏の九州ジュニアベスト4、九州毎日少年少女ベスト4が証明するように九州でもトップレベルの力があることは間違いないでしょう!
ただし、1週間前の県高校新人戦でベスト8で敗退したのも事実。。。(テスト翌日ではありましたが)
技術的な修正点も勿論ありますが、メインの課題は「絶対に勝たなければいけない、負けられない相手(格上でない)」と戦う際のメンタルと体力だと思います。

私が出会った5年前、ローカルな選手だった「小さな巨人」は誰よりもボールを追いかける姿勢と集中力で「全国大会」常連になりました。
残り一年を切った高校生活、ともかく悔いが無いように頑張って欲しいなぁと思います。







薩摩隼人

国内男子ゴルフツアー「ブリヂストンオープン」で我らが小田龍一選手が大会のホストプロ(ブリヂストン契約)として出場しました。

優勝者には世界ゴルフ選手権への出場権も与えられるビッグな大会で最後まで優勝戦線に絡む活躍で見事に3位!!

小田選手おめでとうございます。
4月のつるやオープン以来の3位に入り、賞金ランクも今回の780万円を加え3600万円超えで24位に浮上!
2009年日本オープン以来のツアー2勝目も見えてきたのではないでしょうか。
庭球南風録 09年10月23日 「日本オープン!!」


毎回彼の試合を観戦(テレビで)していて思う事ですが、失敗した時に「笑顔」が出せるところが素晴らしいなぁと思います。
テニスでもこういう笑顔を出せる時って良いプレーが出来ていると時だと思うのでジュニア諸君も見習いましょう!

今シーズンも残り僅か。
「純県産プロ」小田龍一選手の活躍を鹿児島より声を大にして応援しています!
(いつも素人が勝手な事ばかり書いてゴメンなさい。。。)


写真は今年の正月、小田プロと!
雪も舞う中、素人相手に嫌な顔ひとつもせずに一緒にラウンドしてくれました。
庭球南風録 1月10日 「初打ち その2」




ATA関係 | 投稿者 arimura 12:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

県高校新人戦

先週末まで「鹿児島県高校新人テニス大会」が開催されました。
指導する池田高校ATA(OBも含む)の選手達の結果は以下の通りでした。


<男子団体>

優勝   鳳凰高校(岡村浩太、荒川哲脩)
3位   鹿児島中央(大渡洸明)
ベスト4 甲南(亀田隼人)
ベスト8 池田(村永龍星、吉田龍司、内田大喜)
ベスト8 鶴丸(時岡悠)


<男子シングルス>

ベスト4  岡村浩太(鳳凰)
ベスト8  宮内椋生(鹿児島工業)
ベスト16 時岡悠(鶴丸)
ベスト16 村永龍星(池田)
ベスト16 内田大喜(池田)
ベスト16 吉田龍司(池田)
ベスト16 大渡洸明(鹿児島中央)


<男子ダブルス>

ベスト4 岡村浩太(鳳凰)
べスト4 大渡洸明(鹿児島中央)
ベスト8 時岡悠(鶴丸)
ベスト8 内田大喜・吉田龍司(池田)


<女子シングルス>

ベスト8 福永雛乃(池田)


高校テニスの新シーズン最初の大会。団体戦は全国センバツへ繋がる重要な大会です。

指導する池田高校の皆、ATAの皆は結果はそれぞれでしたが、今の実力や取り組み方を考えると妥当な結果だったのかなぁと思います。
浩太と哲脩が在籍する鳳凰は、11月の九州大会へ挑みます。是非とも全国センバツ出場の権利を掴んで欲しいですね!

久し振りに高校の試合会場に足を運びましたが、改めて日本は「高校スポーツ」が華だな~と感じさせられました。

彼等がチームの為、仲間の為に頑張っている姿には経験者としても胸が熱くなります。
今は偉そうに高校生達にアドバイスする私ですが、20数年前の九州センバツ準決勝で緊張のあまりにラケットが震えて波を打ってたなぁ・・・と思い出してしまいました(苦笑)

5月末の「本番」まであと7カ月!
ここから順番は必ず変わりますので「本番」で自信を持ってコートに入れるように日々の練習を頑張って欲しいですね!

チェストォー!!
ATA関係 | 投稿者 arimura 14:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

沢松奈生子プロ  テニス教室&講演会 IN 出水

先週末、出水ライオンズクラブ50周年記念事業の一環として「沢松奈生子プロ(元世界ランク14位)のジュニアテニス教室&講演会」が鹿児島・出水の地で開催されました。

今回、私(テニス教室スタッフ)はATAジュニア14名(小5~高2)と共に出水の地を訪れました。

皆さん御存知の方は多いと思いますが・・・・
沢松奈生子プロは、叔母ウインブルドン・チャンピオン、御両親がウインブルドン選手というテニスの名門一家の御出身です。
15歳6カ月の若さで全日本選手権(皇后杯)優勝し、高校卒業後は大学生とツアープロの二足のわらじを履く「学生プロ」となり最高世界ランク14位
世界ツアーでの優勝は4回を数え、グランドスラムでも全豪ベスト8ウインブルドン全仏ではベスト16に入り、バルセロナ五輪アトランタ五輪でもプレーしました。

沢松プロとは、彼女の従兄妹が柳川の仲が良い後輩だったことや同世代だったので試合会場や宿舎が一緒だったこと、私が居たアメリカのアカデミーを沢松さんも拠点にしていた時期もあった(被った時期はなし)こともあり非常に親近感(勝手に)を持っていました。
(もちろん向こうは高校当時からスターで私の事など知る由もありませんが・笑)

テニス教室は基本に忠実な内容で自身の世界での経験も交えた沢松プロのエネルギーが伝わってくる素晴らしいものでした。


レッスン終了後にはエキシビジョンマッチも行われ、今年の全国中学ベスト16大渡菫元山果南のATAペアが沢松プロと地元一般選手のペアにチャレンジしました。
試合は敗れてしまいましたが、300名以上のギャラリーの前で世界的な選手と試合を行えた事は本当に貴重な経験で大きな財産になったと思います。


その後行われた講演会には何と700名の聴衆が駆けつけました。


ウインブルドンの風に誘われて~世界への挑戦~」と題された講演では「テニスを通してみた日本と外国」、「テニスを通じた母と子の教育」の事を中心にお話しをされました。
関西人特有なのでしょうか?非常にウィットに富んでいてテニスに関係の無い方々でも存分に楽しめた内容だったと思います。


その後はウェルカムパーティー!!
(沢松プロはテーブルでもうちの息子に料理を取り分けて下さるなど心遣いのある方でした。)

沢松プロ、長~い一日を本当にお疲れ様でした。
次回は好きだと言われていた歴史散策もゆっくりされて下さい。


今回このような機会を与えて下さった出水ライオンズクラブの皆様。そしてこの事業を企画から運営まで中心として動かれた伊藤浩樹さん(業界団体、青年会議所、テニス界の先輩)や出水のテニス関係者の方々、県テニス協会理事長の中村先生、事務局長の佐多先生、山口副理事長、本当にお疲れ様でした!!
郷土愛やテニス愛を感じさせられる一生懸命なスタッフの方々と一緒に時間を過ごせて私も幸せでした。



プライベートな事ですが・・・
今回、私は父と息子の親子三代で出水に行かせて頂き、その日は宿泊。
翌朝は「出水麓武家屋敷群」と「野間の関跡(関所)」などの先人の想いが伝わる街並みを見学。



もう少しゆっくりしたかったのですが、午後にATAの練習があったので鹿児島市への帰路につきました。

帰路の車内で私が「出水はこれだけ観光資源があるのだから知覧のようにもっとアピールすれば良いのに!」と言うと父は「そのアピールしないところが出水の人の誇り高いところで良いんだよ!」と。。。。。
若輩者の私がその域には達するには、まだまだ時間がかかりそうです(笑)

また出水に行きたいなー!!
ATA関係 | 投稿者 arimura 12:08 | コメント(0)| トラックバック(0)

エアK  ツアー2勝目!!

楽天オープン

<男子シングルス決勝>
錦織圭 7-6(5),3-6,6-0 ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)


私がテニスを始めて30数年・・・・
日本人男子がジャパンオープンを制する日が来ることを願ってはいましたが、実際に来るとは想像をしていませんでした!!

4年前のデルレイビーチ国際で18歳でのツアー優勝という順風満帆なスタートから一転、選手生命を脅かすような肘の怪我・・・。
1年近いブランクの後、アメリカ南部の小さな町をドサ回りしていたあの頃、今の状況を想像できた人がどれくらいいたでしょうか。

ツアー2勝目がロンドン五輪金メダル全米OP優勝マレーも出場していたビッグな大会。
しかも地元での優勝!こういう人を「本物」の「持っている人」というのかもしれません。

レンドル、マッケンロー、エドバーグ、サンプラス、クーリエ、フェデラーナダル、マレーなどの歴代優勝者と共にトロフィーに刻まれることになったエアK!!

13歳で親元を離れ単身アメリカ・フロリダへ。
異国の慣れない環境で一日、6,7時間の練習に毎日取り組み、過酷な競争社会を勝ち抜いてツアープロに!(これだけでも凄過ぎるのに)
そしてそこから世界トップ15まで叩き上げていった事実は本当に奇跡に近いなぁとアメリカのテニスアカデミーに在籍した者としても思います。

華やかな面ばかりがクローズアップされますが、今大会の4日目にはダブルス準々決勝もプレーし、終わったのは翌日0時過ぎ!(寝たのは3時)
そのような過酷なスケジュールでも今ある状況を受け入れて勝ち抜いていった事は「本物のプロ」だと言えるのではないでしょうか。
既に次の大会がある上海に飛んでいる錦織圭選手。プロ生活は本当に過酷です。。。

皆さんも気づかれたかもしれませんが、試合中に着けていた時計を試合後には外して別の時計と替えていましたね。
契約にあるのでしょうが、まさにプロ意識の塊ですよねぇ!(タイガーやフェデラーも同様の事をしてました。)



エアK、感動を有難う!!

経済界の新規参入組の楽天とユニクロも持ってるなー!!
この決勝を生で観戦した龍司も持ってるな―(笑)
(写真有難う!)






先週末、鹿児島県出水にて沢松奈生子プロのイベントのお手伝いをさせて頂きましたので、その事は後日レポートします。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 14:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

エアK、そしてドラゴンショット!

楽天ジャパンオープン

<男子シングルス1回戦>

伊藤竜馬 7-6(4),7-6(5) ニコラス・アルマグロ(スペイン)


伊藤竜馬(Wilson Steam100使用)選手が世界12位を下す殊勲を挙げました!

試合後に「フォアが良かった。何を打っても入るような感じだった」と語っていたようにグランドスラムで上位常連の強豪に対して低弾道なフラットドライブのドラゴンショットでウイナーを量産!!
先週のバンコクでは世界23位のべルダスコに対して勝機はありながら途中から弱気になり逆転負けを喫していましたが、今回は弱気にならず最初から最後まで伊藤選手らしいプレーを貫くことができたようです。

ウィンブルドン以降、デ杯を含めてツアーレベルで6連敗中と苦しんでいただけに今回の勝利は不調脱出のきっかけになるのではないでしょうか!

有明の大声援に後押しされたドランゴン伊藤の今後が楽しみになってきました!!    




錦織圭 4-6,6-2,6-3 添田豪

錦織圭(Wilson Steam Pro使用)選手は添田豪選手との日本人対決を制し、2008年大会以来の初戦突破を果たした。(私はこの時、生で観てました。)

添田選手は7月(アトランタ)に錦織選手に完勝するなど今やトップ50プレーヤーですが、日本国内では錦織選手が「勝って当たり前と思われている試合」なのも事実。
その影響なのか錦織選手のプレーは前半固く噛み合わない場面が多くみられました。
しかし世界17位は慌てませんでした。第2セットを奪取するとファイナルセットは本来のプレーを披露し添田選手を圧倒!

試合後に「トップ20をキープするためには、この楽天OPを含めた秋の大会で結果を残さなければいけない」と語っていた錦織選手。
2回戦では元世界5位のトミー・ロブレドと対戦します。
エアKの活躍からも目が離せませんね!






岐阜清流国体

少年女子の部で鹿児島県チーム(曽我朋世、池田沙也)が見事にベスト4入り!!
準決勝では強豪・東京に惜敗しましたが素晴らしい活躍ですねぇ!!

鹿児島県チームは今日「3位決定戦」に挑みます。

藺牟田先生、曽我ちゃん、紗也ちゃん頑張れぇ!!
故郷より応援しています。
錦織 圭 | 投稿者 arimura 14:37 | コメント(0)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2012年 10月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。