tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

錦織圭 全米室内優勝

U.S. National Indoor Tennis Championships
Memphis,TN


舞台となったテネシー州メンフィスは、トムクルーズ主演の映画「ザ・ファーム」の舞台にもなった典型的な南部の街。あのスリリングな逃走シーンを覚えている方も多いのではないでしょうか!?(ブルースの街としても有名です!)


<決勝>
5)錦織圭 62 63 F. Lopez(ESP)




WILSON TEAM同志となった決勝戦で錦織圭が完勝!今季初、通算3勝目のツアー優勝を果たしました。

膝の怪我の影響で全豪以来1カ月振りの実戦になった今大会。
QFでは昨年の全米で敗れたチリッチにFinalでも昨年のバルセロナで敗れたF.ロペスにそれぞれリベンジを果たしました。

決勝戦はハイライト映像しか見ていませんが、隙がない完ぺきな内容だったのではないでしょうか。
トップ4こそ欠場していますがこの「全米室内選手権」は歴代優勝者にボルグ、コナーズ、マッケンロー、エドバーグ、サンプラス、アガシロディックなど錚々たるメンバーが名を連ねているように非常にビッグな大会です。それにしても錦織圭、「地元?」アメリカで強いですね!


私は以前からこの大会に親近感と憧れを持っています。
それは柳川高校2年時に学校の視聴覚室で「1988年決勝戦 アガシVSペルンフォルス」のビデオを見せてもらったことがあるからです。
今のように海外の試合が簡単に見れる時代でなかったので瞬きすら惜しむように見ていたのを思い出します。
(よく深夜のウインブルドン中継等を寮の食堂で本村君や宮地君等「いつものメンバー」と見てました。毎日が死ぬような猛練習の日々だったのに・笑)

当時、坊主頭にウェア中入れ、帽子もキャップは許されず円盤型ハットのみ可、雪の降る真冬でも短パン、試合会場で他校と無駄話も許されず・・・
ドライブボレーなんて打ってたら「怠慢するな!」ドロップショットを打ったら「いらんことをするな!」、スマッシュをミスしたらラケットで頭を・・・・・(苦笑)

そんな私達を前に同世代のアガシ君は、ブロンドに染めたロングヘアにデニム地(青ではなく黒)のパンツを履き、自由なフォームでプリンス・グラファイトを手にライジングで鬼のように打ちまくる!その姿はそれはそれは衝撃的でした。
(後に私が渡米した一因はあのビデオ鑑賞にあったといっても過言ではありません。)

「フォアハンドは、こういう打ち方以外は間違いだ!」と宗教のように教えられてきた私達は、何か見てはいけないものを見てしまったような・・・そんな感覚でした(少し北朝鮮国民の気持ちがわかります・苦笑)
先生があのビデオを見せたのは「お前らも世界を見ろよ!」と教えたかったのか、それとも「事前検閲」を怠ったのか(笑)







テニスとは関係ありませんが・・・
先週、小6の娘がモナコにある「プリンセス・グレース・クラッシックダンス・アカデミー」に向けて旅立ちました。
「行きたいオーラ全開」の娘に頼もしさを感じると共に親としてはチョッピリ寂しさも。。。
今回の経験が「視野を広げる」機会になってくれればなぁと思っています。

それにしてもモナコをはじめとしたコートダジュール行ってみたいなぁ!!(行くことはなさそうですが・笑)
錦織 圭 | 投稿者 arimura 11:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

高校樋口杯

インターハイ予選前の最後の大会「高校樋口杯」が開催されました。

福永雛乃  女子単 ベスト4 複 ベスト8
時岡悠   男子単 ベスト8
村永龍星  男子単 ベスト8
内田大喜  男子複 ベスト4 単 ベスト16
吉田龍司  男子複 ベスト4 複 ベスト16



高校メンバーはお疲れ様でした!!
女子シングルス、男子ダブルスにおいては優勝のチャンスもありましたが、冷静に見て現時点のそれぞれが持っている力は出せた大会ではあったのかなぁと思います。
(それぞれに伝えた課題を本番では克服できているように!)

インターハイ予選まで残り90日余り!
5月の本番(といっても県予選にすぎませんが)に自信を持ってコートに立つには最後は「やりきった!」と自分自身で思えるように今から日々追い込んで取り組むしかありません。
魔法の絆創膏」や「必勝法」はあくまでもその前提があった上で存在するものですので後悔のないように頑張って欲しいなぁと思います。


今回の試合を20年以上親交のある指導者の方と観戦していて「インハイ予選に向けて本気で追い込んで準備している選手がこの中に何人いると思う?」という話になりました。
私達世代と時代背景も違いますし、単純に比較は出来ないのかもしれませんが「勝とうが負けようが、我武者羅にやった方が後の人生にも活きてくる」のは間違いないはずです。

アントニオ猪木の著書に「馬鹿になれ!」というものがありますが、人生一度位はそんな時期もあってもいいのではないでしょうか!?
ATA関係 | 投稿者 arimura 13:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

全国選抜ジュニア 九州予選

「全国選抜ジュニア九州予選」に出場する為に沖縄に南下してきました。
この大会は、ATAから2007年の西田浩輝、2008年の馬場早莉、2009年の林田誠と3名のチャンピオンを輩出しているゲンのいい大会です。


今年は元山果南、大渡菫、元山未優、辻陽平、堀口心夢の5名のメンバーで挑みました。

元山果南  U14女子 複 準優勝   単 出場
大渡菫   U14女子 複 準優勝
元山未優  U12女子 単 2回戦   複 出場
辻陽平   U12男子 複 ベスト8  単 2回戦   
堀口心夢  U12男子 複 ベスト8  出場
   



大渡菫・元山果南ペアがU14女子ダブルスで見事に「準優勝」を果たしました。
SFでは、マスターズ決勝でも対戦した強豪相手に絶妙のコンビネーション、そして今まで見た中でも最高のパフォーマンスを披露し勝利を挙げましたが、翌日の決勝戦では目に見えない緊張感と琉球の風を味方にできなかったように感じました。(前日にピークがいってた?!)
でもこの「最終日の雰囲気」でプレーできたことは貴重ですし、夏の目標に向けて大きな経験になったと思います。

2年前のこの大会に出場した時に比べると二人は比較にならない位に成長していますが、試合に対する準備(身も心も)や自分たちに流れがない時間帯でのプレー、サーブやリターンの精度等はもっともっと向上できるはずです。(伸びシロが大きい!)

とはいえ、「元気にガハハと笑い・いつでもどこでもグーグー寝て・何でも豪快に食べる」ワイルド女子の普段と変わらないマイペースな姿勢(図太い)は本当に魅力だなぁと改めて感じさせられました。
この「ワイルド女子」と会場での練習や夕食を一緒した事は、年下の陽平や心夢にも「好影響?」を与えた!と思いたいですねぇ。。。(笑)



辻陽平は、シングルス初戦を完勝で飾りましたが2回戦では自滅のような内容で敗退。。。良い時のテニスだけを見ていると全国でも勝ち上がれるポテンシャルがある事は間違いありません。テニスはオープンスキルな種目なので一つの型に拘り過ぎずに頭もフォームも臨機応変さを持てるようになると自ずと結果はついてくると思います。

シングルスでは九州初登場の堀口心夢はシングルスで力は出し切れませんでしたが、陽平と組んだダブルスでは見事に勝利!今までは来夢の弟という目で見ることが多かったですが、最近はメキメキと実力をつけてきました。陽平と組んだダブルスでは、全国も夢でないのでいつもの前向きな姿勢で日々の練習を頑張るぞ!


既に九州マスターズも制したこともある元山未優は2回戦で今回のシングルス覇者に惜敗。。。技術的な課題もありますが、何よりもプレッシャーのかかった場面で冷静に時間をかけてプレーができるようになったときにに九州で勝ち上がり、全国の舞台でも活躍できるようになるでしょう!ここから夏までに例年必ず順番が変わりますので夏には笑って終われるように頑張るぞ!!


※皆で写真を撮るのをウッカリしてました。
どなたか御飯を食べに行ったりした時の写真とかって撮ってなかったですよねぇ。。。



写真は表彰式後の大渡・元山ペアと沖縄県テニス協会の新垣会長
琉球ガラス製のトロフィーはとても素敵です!

新垣会長は私の大学時代の同級生(ダブルスパートナー)のお父様。
10代の頃から我が子のように可愛がって下さる新垣会長から自分の教え子がトロフィーを渡されている光景を見て何とも言えない幸せな気持ちになりました。
新垣会長、有難うございました。また来年も表彰式に出れるようにジュニアと力を合わせて頑張りますねぇ!


今回も保護者の方々には、遠征の段取りから食事の手配等等、大変お世話になりました。有難うございました!
大学同窓の新垣博章芳澤亮君はいつものようにコートの手配等をしてくれました。来年も宜しくね!
運営をしてくださった九州協会・沖縄県協会の関係者の方々も本当にお疲れ様でした。今大会は、早期敗退者にも練習試合が組まれていて本戦で負けても多くの経験を積むことが出来る素晴らしい大会だと思います。

改めて色々な方々のサポートに支えられてることを感じました。本当に有難うございました。


会場や久茂地界隈でお会いした各県の指導者の方々とも意見交換など出来て非常に充実した時間になりました。
夏の九州ジュニア(宮崎)で再会できるのを楽しみにしております。



ATA関係 | 投稿者 arimura 14:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

沖縄より 速報!

「全国選抜ジュニア九州予選」U14女子ダブルスでATAの大渡菫・元山果南ペアが明日の「決勝戦」進出を果たしました!

ちばりよー
テニス | 投稿者 arimura 15:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

植田ジャパン 初戦突破!

デビスカップ・アジア・オセアニアゾーン1「日本 VS インドネシア」戦は日本チームの勝利で終わりました。

インドネシアはランキングこそ高くありませんが、エースのクリストファー・ルンカットはジュニア時代には全仏ダブルス優勝・全米ダブルス準優勝を果たしているなどあなどれないチームでしたが日本チームは5-0と圧勝!

今年からその日本チームを率いているのは、柳川の先輩でもある植田実さん(高校時代から「超」尊敬しています)。
植田さんが監督に就任されたこと、そして勝利を挙げられた事、自分の事のように嬉しく思っています!

Wilson Teamからは錦織圭は欠場したものの伊藤竜馬とルーキーの内山靖崇が出場し単複に渡っての大活躍!

次戦はホームでの韓国戦。
グランドスラム選手3人を擁する日本の優位は揺るぎませんが数々の歴史を残してきた日韓戦ですから目を離せませんね!

WOWOWの解説も土橋登志久さんと松岡修造さんとこちらも「柳川OB」で修造さんのコメントにも柳川ネタも出てきて、なんだか嬉しかったです(笑)


私は、明日からATAの5選手と一緒に「全国選抜ジュニア九州予選」が開催される沖縄に行ってきます!

ちばりよー!!!


テニス | 投稿者 arimura 01:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

県小学生大会  MUFGジュニア県予選

少しだけ寒さが和らいだ南国・鹿児島では「鹿児島県小学生テニス大会」と「MUFGジュニア テニストーナメント 鹿児島県大会」が開催されました。


<県小学生大会>

男子シングルス  優勝  辻陽平
男子シングルス  準優勝 堀口心夢
男子シングルス  4位  帖佐拓真

男子ダブルス   優勝  辻陽平・堀口心夢
男子ダブルス   3位  帖佐拓真

女子シングルス  優勝  元山未優
女子ダブルス   優勝  元山未優




子供達が良く頑張ってくれて「4種目中 4種目制覇」という「快挙」を成し遂げてくれました。
この「小5軍団」は特に日々の練習やランニングでも手を抜かずにしっかりと頑張っていたので結果もついてきたのかなぁと思います。

男子「優勝」の辻陽平は「大本命」の重圧の中、貫録を見せつけ「2冠 2連覇」達成!!
テニスに対する熱い思い、ショットの質も申し分ありませんので今年は全国の舞台で活躍出来るようにるように頑張って欲しいですねぇ!

男子単「準優勝」、複「優勝」の堀口心夢は、試合ごとに調子を上げ最後は心夢らしいプレーを披露してくれました。まだ良い時と悪い時の落差もありますが、それは伸びシロがある証拠!ごはんをいっぱい食べてよく寝て大きくなるぞぉ!!
男子シングルス4位の帖佐拓真は、ここ最近思い切りさを欠いたテニスをしている時もありましたが、今大会では吹っ切れたようなプレーを披露し、本来のステージに戻ってきました。左利きの利点を活かしたテニスを目指して頑張るぞぉ!

女子では昨年の九州マスターズU10覇者でもある元山未優が貫録の2冠達成!
彼女にはローカルではなく、もっと高いステージが似合いますのでそこを目指させたいと思います。日々の練習がきつい時もあるかもしれないけど頑張ろうな!!



<MUFGジュニア>


男子シングルス 優勝  岡村浩太(OB 鳳凰高)
女子シングルス 3位  大渡菫


チームOB岡村浩太が男子シングルスで優勝を果たし、初の「全国大会」行きの切符を手にしました。
浩太おめでとう!!
「全国」を早く経験する事は勿論大切ですが、苦節を乗り越えての「全国」はまた違った価値があると思います。
私とガチでぶつかり合った仲だけに離れていても心が通い合っているのを感じます。
これから全国選抜高校、MUFG全国大会と続きますのでこの結果に満足せずに日々精進して欲しいですね!

朝一の会場で一人で壁打ちをしていた浩太を見て、直ぐに練習相手を務めてくれた泰一も有難う!
浩太の試合は皆で応援していたし、ある意味「チームの勝利」だったと言えると思います。

女子で3位に入った大渡菫はまだ中学1年生。
ダブルスでは「全国」でも勝利を挙げていますが、今大会はシングルスでも素晴らしいプレーを披露しお姉さん選手達を撃破しました。今週末にある九州選抜ジュニア(沖縄)ではダブルス「第1シード」!プレッシャーもあるかもしれませんが、この勢いで頑張って欲しいですね!



今回の活躍は今週末、沖縄で開催される全国選抜ジュニア(14・12才以下)九州予選にトライする選手達にとっても励みになったと思います。金曜日からの沖縄遠征では頑張るぞー!!
ATA関係 | 投稿者 arimura 16:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウイルソン展示会 2013年AW

長年に渡りサポートをして頂いているWILSONテニス(アメアスポーツ・ジャパン)の
「Wilson Advisory Staff ミーティング」「2013 AUTUMN - WINTERアパレ ル&バドミントン新商品展示会」
に出席する為に福岡に行ってきました。

会場には2013年秋冬のアパレルから話題のシューズ、そしてバドミントンのギアまでが陳列されていました。

「コーチミーティング」も開催されてアドバイザリースタッフとしての役割から新製品の性能、錦織圭、伊藤竜馬両選手の最新情報まで大変貴重な話を聞くことが出来て勉強になりました。

こちらはウイルソンの創業100周年を記念して作られたスタジャン!
アメリカの老舗ブランド「TM ATHLETICS」社製の昔ながらの製法で作られた高品質の商品です。
値段は71400円(税込)!安いか高いかは皆様ご判断下さい(笑)







会場内では柳川の先輩で「高校日本代表コーチ」も務められる福永二朗さん(アメアスポーツ・ジャパン)や「同郷の旧友」中川コーチ、そしてその息子さんの中川直樹君とも再会を果たす事が出来ました。

現在16才の中川直樹君(写真左から2番目)は錦織圭選手同様、盛田ファンドの支援を受けフロリダのIMGアカデミーでトレーニングに励んでいます。
年末にメキシコで行われたITFジュニアグレードA大会では準優勝(海外のグレードA大会での決勝進出は2006年イタリア国際準優勝の錦織圭以来)、そして先の全豪オープンJrでも勝ち星を上げました。
鹿児島系2世」の活躍から目が離せませんね!!
チェストォーーーーー!!!!!



今回も企画から準備、運営までをして下さったアメアスポーツ・ジャパンの関係者の方々、いつも現場で大変お世話になっている矢野様、本当にお疲れ様でした。
大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。これからの指導に活かしたいと思います。
有難うございました!

テニス | 投稿者 arimura 10:27 | コメント(0)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2013年 2月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。