tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

《 庭球南風録 》  日本の南端でジュニア育成に情熱を注ぐテニスコーチのブログ

Paris ・ Melbourne  「役割」とは

Paris

全仏オープン開幕しました!
第13シードで登場した我らが錦織圭選手は貫録の勝利で初戦突破!
その他の日本人選手は苦戦が続いています。。。。

今回の解説者を見ると坂本真一さん、土橋登志久さん、岩渕聡くんとすべて柳川高校テニス部OBで少々ビックリしました。
それぞれのポジションで「役割」に徹している同窓の活躍に元気をもらえますねぇ!!



Melbourne

メルボルンといっても全豪OPの事ではなく、「バレエ」ネタです。。。
中1の娘が奨学金を頂いたオーストラリアン・バレエ・スクール(ABS)での短期留学から戻ってきました。

ABSは、オーストラリア唯一の国立のバレエスクールで学校が入っているバレエセンターにはプロのバレエ団も同居していて学生達は常にプロダンサーの練習を直に見たり感じたり出来る環境のようです。
(これはアメリカのテニスアカデミーでも同様の事が言えます。)

しかもこのバレエセンターとプロダンサー達が公演する大きい劇場とは橋でつながっているとのこと。
何か夢があるというか、ロマンがあるというか大きな人間に育ちそうです。


前回のモナコとは違いアジアに近い大都市なので食事面でも助かったようです。

今回、バレエのレッスン以外にも栄養学の授業もあったようでダンサーとしての自覚を叩き込まれました。



その中でロシア出身の先生から相当厳しい言葉、叱咤激励があったそうです。以下は現地コーディネーターから送られてきた内容です。

I want to cry...(私は泣きたいです。)
私はこの1週間一生懸命教えられることを全て出し切って皆さんに指導をしてきました。なぜそれに応えてくれないのですか? なぜ同じ間違いを繰り返すのですか?
忍耐強くない人、根性のない人は、ダンサーには向いていません。何回言っても人から教えられたことを体に叩き込む努力を怠る性格や素直さのない人、また何回言っても知識を取り込めない人もこの厳しい世界で生き抜くことは難しいのです。
何を考えて今ここにいるのですか?
いつの間にかクラスにさえ出ていれば体が動くようになるとでも思っているのですか? レベルが上がれば、来年になれば出来るようになると思っているのですか?
世界には容姿にも恵まれ、なおかつ努力をして必死になってプロのダンサーになろうとしている人はたくさんいるんですよ。
よく考えて下さい。




通常「短期」の留学生はいわばお客様ですから楽しいレッスンをする(思い出作りをしてくれる)事が多いと思いますが、この指導者は違ったようです。(娘はラッキーです!)
本気になればなるほど厳しい指導になる・・・・・指導者の性格や方法論にもよりますが、これは万国共通かもしれませんね。


私は「指導者が厳しく接する」姿、そしてそれを「親や家族がそれをサポートする」姿、これが「役割分担」がうまくいっているケースだと思います。

しかし、その「役割分担」がうまく機能していないケースはテニス界でもよく見られます。。。

「親が厳しい事を言い過ぎる」ので「指導者が追い込みにくくなり、なぐさめ役になってしまう。。。。」
これでは「役割」が逆になってしまい、私からするとワーストだと思います。



私は指導者にしか出来ないこと、親にしか出来ないことを「役割分担」できるのが成功への近道だと考えます。

テニスコートではプロの指導者の私ですが、バレエの世界ではいくら詳しいと言っても所詮「素人」に過ぎません。
娘には、「親にしか出来ないことをしてあげなきゃなー」と常に思っています。







メルボルンと言えば私にとっては全豪オープンが開催される憧れの都市!!!しかも会場のメルボルン・パークはABSからも近所だったようです。

行ってみたいなー。もちろんテニスの指導者として!
(それは高望みというモノでしょうか・笑)
スポーツ全般 | 投稿者 arimura 12:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

グラスホッパ ・県中学生大会

週末にグラスホッパ鹿児島県予選県中学生大会が開催されました。

<グラスホッパ>

男子 シングルス  優勝    辻陽平
男子 シングルス  準優勝  堀口心夢
男子 シングルス  4位    帖佐拓真

女子 シングルス  優勝    元山未優

大本命の重圧の中、陽平と未優がアベック優勝を果たしました。おめでとう!!
二人には日本で唯一の天然芝コートを誇るグラスコート佐賀で開催される「全国大会」への出場権が与えらます。(陽平は二連覇!)
プログラムも充実している素晴らしい大会でしっかりと学んで帰ってきて欲しいですね!!





<県中学生大会>


男子 シングルス  3位     堀口来夢
男子 ダブルス    準優勝  堀口来夢

女子 シングルス   3位    御領原由貴
女子 ダブルス    優勝    大渡菫・元山果南
女子 ダブルス    準優勝  御領原由貴・深川智愛



中学生諸君は強行日程の中、よく頑張ったと思いますが、九州大会を勝ち上がっていくにはまだまだ力不足だと感じさせられました。
酷暑の中の本番に向けて「心技体」共にギアを上げていって欲しいなぁと思います。

今回の大会を見ていて私の教え子達だけではなく、県内すべての中学生選手達へ言いたいことがあります。

中学生諸君、
皆はもっと良い選手になれる! 
井の蛙になるな!!
皆でキバっどー!!!








テニスをする環境

小学生の頃から指導している時岡悠がキャプテンをしているということで県内屈指の進学校「鶴丸高校」に視察に行ってきました。(御子息が在学中の伊藤さんと御一緒させて頂きました!)

短い練習時間、しかもコート2面を男女テニス部と男女ソフトテニス部とで共用する環境ですが、キビキビと効率良く練習に取り組んでいました。
これは生徒達の理解力の高さと顧問の武富先生のご指導の賜物だと感じさせられました。

私は幸いにも日本一の部活動や日本リーグのチーム、アメリカのテニスアカデミーでテニスをする機会に恵まれました。
それだけに現在の環境とのギャップは大きいですが、「ジュニアが育たない、強化できない」等の理由にした事は一度もありません。
なぜならば、好環境のアメリカや関東・関西と比較して「無い物ねだり」をしても意味がありませんし、「建設的」でないからです。

地方では環境が良いところばかりではないので環境面に不満を感じることもあるかもしれません。
そんな時には
「一人で走る! 壁打ちをする! 筋トレをする! 誰もいない早朝のコートでサーブでも打つ!同じ相手に1ポイントも取らせないようにプレーする・・・・」
やれることから「継続して」行動をしていけば必ず「次」が見えてくるはずです。

今回練習を見学して熱い気持ちになったのは、教え子達(悠、彩奈、智)が「無い物ねだり」をせずに集中力の高い練習を演出していたからなのか・・・(久しぶりにデッキ―とも再会できたし)
それとも親友の誠っちゃんが20年以上前にここで日々ラケットを振っていたんだなーと感慨深い気持ちになったからなのか・・・(笑)

何はともあれ貴重な時間になりました。
有難うございました!!

ATA関係 | 投稿者 arimura 16:13 | コメント(4)| トラックバック(0)

アガシ ナイキと再契約  ・  九州小学生大会

尊敬するアンドレ・アガシ先輩が「ナイキ」とアパレル・シューズの「再」契約したそうです。
我々世代にとっては「NIKEといえばAgassi」というイメージだったのですが、2005年夏からは奥様の「元女王」シュテフィ・グラフ御用達のアディダスへまさかの電撃移籍!

(写真はAndre Agassi Facebook より)
2006年に引退してからは、恵まれない子供達の為の学校を設立・運営するなど慈善事業に情熱を注いでいるアンドレ先輩ですが、バスケットのマイケル・ジョーダン先輩同様に今でもスポーツ界で商品価値が高いということでしょうか。(私は完全に影響される派です・笑)

昨秋からはラケットもヘッドからバボラに変更したアンドレ先輩!
私も風貌だけではなく中身も目指さなくちゃ(笑)






九州小学生大会が大分で開催されました。
ATAからは4名の選手が出場!結果は以下の通りでした。

元山未優  女子複 ベスト4    単 ベスト16
辻陽平    男子単 ベスト16   複 出場
堀口心夢  男子単 2回戦進出  複 出場
帖佐拓真  男子複 2回戦進出  単 出場


ATAからアベック出場を果たした馬場早莉(早稲田大学1年)、宮路啓太(神戸大学医1年)以来の「全国小学」出場は叶いませんでしたが、今持っている力は出し切れた選手が多かったように思います。
14歳以下位までは土台作りの時期で「通過点」に過ぎませんので、選手全員が勝ち星を挙げてくれた事を前向きに捉えて日々の練習を頑張っていって欲しいですね!!

写真は、二年前の姉・果南に次いで「複四強入り」を果たした元山未優とパートナーの浅谷莉子ちゃん。
(あんまり姉だと思ってなさそうだけど・笑)

県勢で唯一最終日まで残りました。立派な結果だったと思います!

今週末のグラスホッパ予選、そして7月の九州ジュニアに向けて皆でキバっどー!!!
ATA関係 | 投稿者 arimura 11:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

錦織フェデラー破る!  ・  福岡国際女子

Madrid

朝から嬉しいニュースが飛び込んできました。
マスターズシリーズ マドリード大会(ツアー屈指のレベルの大会)で錦織圭(Wilson TEAM)が「元世界王者」のフェデラー(Wilson TEAM)に勝利!!錦織圭恐るべしですね!

現在でも世界2位のフェデラーに対して各メディアが「元」世界王者と報じられているのだけが何となく過去の人みたいな感じが」して残念ですが!

強風の中のタフな戦いだったようです。
錦織得意のハードコートではなくクレーだったことも価値がありますね!
レッドクレーでの快進撃はまだまだ続きそうです。

バモース!!







Fukuoka

福岡国際女子テニス(ITFチャレンジャー大会の中では一番格が上)が開催されています。

その大会の本戦に鹿屋体育大学久貝美瑠希吉元美咲の3年生ペアが出場しました。



久貝美瑠希は高校時代に「全日本ジュニアU18複 準優勝」を果たした優秀な選手です。私の高校の「後輩」の教え子でもあり、チーム沖縄(監督は私の大学時代のダブルスパートナー 新垣博章)の一員としてATAの練習に参加しこともあります。

吉元美咲は、ジュニア時代に「国体7位」、「全日本ジュニアU14複 ベスト4」に入った優秀なジュニアでした。こちらは指導者が高校の「先輩」!小さい頃から私の教え子のライバル選手でした。こちらも高校時代にATAの練習に参加したことがあります。

そんな親近感を持っていた二人が大学の後輩になってくれたので親近感は「さらに倍」と言った感じです(笑)


世界中を転戦しているプロ達と一緒に選手として華やかなレセプションに出席できたのも小さい頃からテニスを頑張ってきたご褒美かもしれませんねぇ!



初の国際大会は日米混合プロペア相手にセンターコートでプレーする幸運にも恵まれました。
結果は地力に勝るプロペアに善戦も及ばず敗れてしまいましたが、世界ランク100番台も出場する大会に学生時代に出場できた事は大きな経験になったと思います。

WCを下さった関係者の方々に感謝の気持ちを忘れずにこれからもテニスに精進して欲しいですね!!

高橋先生、美咲、美瑠希、お疲れ様でした!!
(先生、写真も有難うございます。)




YouTubeにも「2013 福岡国際女子」の大会オフィシャル映像がアップされています。
久貝・吉元ペアの記者会見&試合も見れますのでチェックしてみてください。
ATA関係 | 投稿者 arimura 14:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

全日本選手権 鹿児島予選

全日本テニス選手権の鹿児島県予選会を兼ねる「樋口杯」が開催されました。
ATAでは高校3年生の福永雛乃がシングルスベスト8入りを果たし、インハイ予選に弾みをつけました。
「母校」鹿屋体育大の選手達も頑張っていました。

女子シングルス   優勝   吉元美咲(鹿屋体育大学)
男子ダブルス     優勝   西田浩輝・岡村修平(鹿屋体育大学  ATA出身)
女子ダブルス    準優勝  粥川美・松元彩良(鹿屋体育大学)


鹿屋体育大学勢が2種目「優勝」、1種目「準優勝」という結果をおさめました。

男子ダブルスでは、浩輝と修平の「教え子同志ペア」がファイナルセット2-5から大逆転で優勝を果たすという嬉しい勝利を挙げてくれました!!
今回の結果は「本番」のインカレ予選に向けて勢いをつけてくれたのではないでしょうか?!

吉元美咲久貝美瑠希のペアは、明日から始まる「福岡国際女子オープン  本戦」に出場しますので頑張って欲しいですね!!(学生時代に国際大会の本戦でプレーできるなんて超羨ましいです。)



写真は最終日に会場で見つけたATA「OB軍団」。

左から

片谷祥吾(ATA → 柳川高 → 中央大 → 鹿児島銀行)
柴広樹  (ATA → 鹿屋体大)
岡村修平(ATA → 柳川高 → 鹿屋体大)
西田浩輝(ATA → 鳳凰高 → 鹿屋体大)


浩輝と修平のダブルス優勝は本当に嬉しかったです。
祥吾は肩を治して次回は後輩達に実力を見せてくれるでしょう!
広樹も続くぞー!!
ATA関係 | 投稿者 arimura 16:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

池田学園 合宿 IN 吹上

恒例となりました池田中学・高校テニス部の強化合宿(2泊3日)が開催されました。(私は仕事の都合で初日と最終日に参加)


会場の日置市吹上町のコートは屋外8面、屋内2面と充実の施設で宿泊先の食事と温泉も最高です!!

特に露天風呂は高台から東シナ海を見下ろす風景で本当に素晴らしいですよー!!(今年は入れなかったのですが・笑)



能勢先生率いる池田学園テニス部の指導をお手伝いをするようになって今年で7年目。
その間に「九州中学 団体優勝3回、個人優勝2回」、「全国中学 個人ベスト16、団体出場2回」、「九州高校総体 個人優勝」、「全国高校総体 個人ベスト16」、昨年も高校男子チームが「県総体団体3位」に入る等、優秀な戦績を収めています。

中高一貫の進学校で「テニスだけやっていれば良い!」というスタンスではなく実際に合宿中も夕食後3時間皆で机へ向かっていました!!
実業系高校出身(しかも寮生)の私には想像もできません(苦笑)


チームの結束は日を追うごとに強くなっていっていると感じました。
これから始まるインターハイ予選等の試合に向けて皆でキバっどー!!

このような素晴らしい合宿の企画運営をして下さった能勢先生、肥後先生、蓑田先生、本当にお疲れ様でした!


大喜写真有難う!!

ATA関係 | 投稿者 arimura 22:36 | コメント(0)| トラックバック(0)
arimura

柳川高校、鹿屋体育大学、同大学院卒。インカレ、全日本王座等に出場。日本リーグ(岩田屋)を経て、Van Der Meer Tennis academy(米国 サウスカロライナ州)で2年間コーチ修業。    .
 現在、鹿児島にてATA(アリムラTA)を主宰。全国クラスのジュニア育成に取り組んでいる。                .


USPTA    プロフェッショナルⅠ.
PTR     プロフェッショナル  .
日本体育協会公認   上級コーチ .
日本テニス学会 研究奨励賞受賞 .
Wilson   アドバイザリースタッフ .


☆テニスへの情熱とやる気があれば誰でもウェルカムです。お問い合わせは下記へ・・・                  .
juntaro.arimura@gmail.com
最近のコメント
ワイルドペアの九州制…
神園健 08/19 13:03
先日は新聞にも出てま…
no name 06/30 13:42
おやっとさあでごわす…
Fuzoku Miyake 06/29 10:07
鮫島昴!昨日まで…
大久保さん 06/15 09:10
誠っちゃん宮崎U…
arimura 06/11 13:17
<<  2013年 5月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。